2015/05/6 ゲーム攻略

implosion.koryaku

前回はステージ1~3 EASYのバッジの獲り方を紹介しましたが、今回はその続きのステージ4~6 EASYをご紹介です。
ここでのポイントはステージ4でしょうか。筆者は気づくのに少し時間がかかりました。

今話題のSFアクション「インプロージョン」を攻略!バッジの獲り方、教えます! : ステージ1~3 EASY|オクトバ


インプロージョン
価格:無料(フルバージョン 1,200円)

AppStore_Badge_JP_135x40


ステージ4 EASY
難易度☆☆☆

Screenshot_2015-04-30-14-02-02

ステージ4のバッジ獲得条件は隠し部屋に進入するです。隠し部屋という響きがいかにもゲームっぽくて良いですね。

Screenshot_2015-04-30-14-04-17

このステージはわんさか湧いてくる敵を全て倒せばクリアになるのですが、問題の隠し部屋はステージ奥にある鍵の掛かったゲートの先にあります。ここは、すんなりと通れる人とそうでない人に別れると思いますが、その違いは装備しているARKにあります。

Screenshot_2015-04-30-14-09-00

このゲートはハッカーレベルが1以上ないと開かないので、ハッカーレベルが満たない場合はARKの装備を変更する必要があります。

Screenshot_2015-04-30-14-11-36

ハッカーレベルを1以上にして、出現する全ての敵を倒した後にゲートに近づけば開きます。装備の変更は盲点で、筆者はこれに気付くまで3回程挑戦してしまいました。

Screenshot_2015-04-30-14-11-55

ちなみに隠し部屋には、レアなARKなどが入ったコンテナがあります。アイテム取得後、ボスクラス含めた複数の敵が出現するので注意してください。

ステージ5 EASY
難易度☆☆☆

ステージ5条件はステージ1と同様のすべてのコンテナを破壊です。

Screenshot_2015-04-30-14-14-09

このステージは横スクロールになっていて、いつもと勝手が違うの注意が必要です。

Screenshot_2015-04-30-14-15-57

基本的にコンテナは進行方向上にあるので、さほど難しくはありませんが、序盤で画面手前側の窪んだ所に配置してある2つを見逃しやすいかと思います。敵との戦闘に夢中になって、辺りを見回すのを忘れないように心掛けましょう。

ステージ6 EASY
難易度☆☆☆☆

ステージ5の条件は敵を逃さずにクリアです。このステージのクリア条件は、敵10体以上をボーダーラインより先に侵入させないなので、なかなか厳しい獲得条件になっています。

Screenshot_2015-04-30-14-27-01

ここでのポイントは、敵の侵攻を妨げる2箇所の壁です。一部の敵はこれを破壊しようとするので、その敵を優先的に倒しましょう。

Screenshot_2015-04-30-14-26-06

こんな感じにどちらか一方でも破壊されると敵の侵攻ルートが短縮され、防ぎきるのが難しくなります。

2015-04-30_15h53_37

また、プレーヤーの周りに表示される赤い矢印にも注意を払ってください。これは敵のいる方向を示すもので、敵と戦っている時でも他の敵の出現を察知する事ができます。
これに注意しておけば、「自分より手前に出現した敵に、いつの間にか防衛ラインを越えられてしまう」というミスもなくなると思います。

Screenshot_2015-04-28-11-11-43

前回と合わせてこれで計6つのバッジが獲得できたと思います。「バッジ報酬」からARKを獲得できるので、好きなものを選んでください。ただし、獲得できるのは3つの中から1つだけです。自分のステータスを補強できるものを選択すると良いのではないでしょうか。

ここまでで無料で遊べるステージ1~6の「EASY」は終了です。「HARD」については、機会があれば紹介したいと思います。もしかすると、ステージ7以降の獲得法も紹介するかも?





インプロージョン
価格:無料(フルバージョン 1,200円)

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 インプロージョン
価格 無料(フルバージョン 1,200円)
対応OSAndroid 1.6 以上
バージョン 1.0.6
デベロッパー名 Rayark Inc.
レビュー日


関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る