Android(>アンドロイド)ニュース

2015/05/12 Android(アンドロイド)ニュース

map-maker

Googleは「Google Maps」における改ざんやイタズラへの対応として、地図編集ツール「Map Maker」の地図編集機能を、5月12日より一時的に停止する事を発表しました。



編集機能を一時中止

建物名の改ざんや、ドロイド君の画像を使用したイタズラなど、先月頃から度々話題になっていた「Google Maps」のトラブルですが、Google Map Makerチームは「ここ数ヶ月でスパム攻撃がエスカレートしており、最近の事件は特に厄介」とし、この問題を解決するために「Map Maker」の地図編集機能を一時的に停止、よりインテリジェントな仕組みを考えると説明しています。また、問題の分析・修正には数日以上かかるようです。

日本国内でもいくつかの施設の名称が変更され、面白おかしく取り上げられていましたが、実際に利用する側からすれば迷惑この上ないイタズラです。Google Map Makerチームはしばらくこの対応に追われ、当面の間、編集内容の審査を手作業で行うようですね。非常に迷惑な話です。

関連情報

Map Maker|Google
Map Maker will be temporarily unavailable for editing starting May 12, 2015|Map Maker







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る