Android(>アンドロイド)ニュース

2015/05/13 Android(アンドロイド)ニュース

App Annieは5月13日、iOSとAndroidアプリの利用状況を分析するレポート「2015年第1四半期アプリ利用状況レポート:日本を含む5大市場で比較するアプリ利用状況」を発表しました。モバイルの主要市場(米国、日本、韓国、イギリス、ドイツ等)におけるユーザーの行動(アプリの利用率、接触時間、接触頻度等)やアプリ利用状況を調査し分析した内容となっています。

レポートの中には各国でのアプリやゲーム利用のトップチャートも掲載されていますが、ここではその中から各国の利用状況を比較した興味深いものをいくつか抜粋してご紹介します。



「通信」および「ソーシャルネットワーク」カテゴリーが優勢、日本ではLINEが1位

20150513-appannie-1

日本を含むモバイル5大市場(米国、日本・韓国・イギリス・ドイツ)のすべてで、「通信」および「ソーシャルネットワーク」カテゴリーのアプリがAndroidスマートフォンセッション数の40%以上を占めました。

この中で、米国は『Facebook』が強く、その他の国はメッセージングアプリ(英国、ドイツは『WhatsApp』、日本は『LINE』、韓国は『KakaoTalk』)が強くなっています。

日本のユーザーあたりのゲームプレイのセッション時間は米国の4倍

20150513-appannie-2

ゲームアプリのセッション時間は、日本と韓国が他の国に比べ圧倒的に長くなっています。Androidユーザーでは、平均月間ゲームセッション数は米国の約3倍、利用時間は約4倍となっています。なお、iOS App StoreとGoogle Playにおける収益の90%以上がゲームアプリです。

また、スマートフォンとタブレットを比べると、ユーザーあたりのゲームアプリ月間利用時間は合うマートフォンがタブレットの2倍以上でしたが、ゲーム起動1回あたりの平均時間はタブレットがスマートフォンを25%上回っているのは興味深いです。

日本はモバイルデータ使用量で世界トップ

20150513-appannie-3

モバイルデータ使用量で見ても、日本と韓国が他の国に比べ多くなっています。上のグラフはiPhoneとiPadのものですが、Androidスマホに置けるユーザーあたりのモバイルデータ使用量は日本が米国よりも約35%多くなっています。
どの国でもデータ使用量が多いカテゴリは「メディア&動画」で、なかでもYouTubeが最も多いようです。

App Annieでは、より詳細なデータや解説を含んだレポート全文をダウンロードできます。内容に興味のある方は、ぜひ全文を読んでみてください。

関連情報

2015年第1四半期 アプリ利用状況レポート:日本を含む5大市場で比較するアプリ利用状況







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る