Android(>アンドロイド)ニュース

2015/05/18 Android(アンドロイド)ニュース

株式会社ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、全国の15歳から69歳の男女1,100名を対象に、『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年4月度)』を実施し、スマートフォンでの文字入力方法の他、様々なスマートフォンの利用状況を発表しました。



使用率が最も低いのは30代

main1

この発表によると、スマートフォンでの文字入力方法は「フリック入力」が全体の45.7%を占め、年齢別では10代が63.0%となっています。また最も「フリック入力」の使用率が低いのは意外にも30代で、39.6%にとどまっています。

30代が「フリック入力」を使用しない理由として最も多かったのは、 「フリック入力は知っているが、 フリック入力以外の方法で行っており、 興味はない」の23.0%で、学生時代に普及した従来型携帯電話(フィーチャーフォン)の影響が考えられます。

この他にも、「GWの旅行の予約」「英会話学習」でのスマートフォン使用率、「クローズドSNS」の認知度など興味深いアンケートも行われています。

筆者の周りでも「2タッチ入力」や「QWERTY入力」を使用している人は多く、納得できる結果だと思いました。またこれとは逆に「QWERTY入力ができない10代が多い」との話も聞いた事があります。こういった所にも世代による違いが生まれるのは面白いですね。

関連情報

スマホの文字入力は「フリック入力」、10代では3人中2人|PR TIMES







関連記事




タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る