Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20150605-okawari-0

日本通信株式会社は、月額料金がデータ通信量に合わせて5段階でスライドしていく新しいSIM「b-mobileおかわりSIM 5段階定額」(愛称:おかわりSIM)を6月10日より発売すると発表しました。



データ通信量によって5段階で価格が変わる

20150605-okawari-1

「おかわりSIM」は、月のデータ通信使用量によって、5段階で自動的に料金が変わっていくSIMです。
1GB 500円から始まり、上限は5GB 1500円まで1GB 250円ずつ増えていきます。上限でも1500円なので使いすぎて青天井ということもありません。5GBに達すると、その後は最大200kbpsに制限されます。(Turbo Chargeを使って更に高速通信することは可能。)

20150605-okawari-2

料金と使用量は契約月ごとになるので、たくさん使った月はその分を支払い、あまり使わなかった月は最安500円で抑えることができます。月ごとに使う量がよく変わる人には便利ですね。

それぞれの段階で見ても業界最安値レベル

単に容量ごとの料金として見てもかなり安く設定されています。「全プラン業界最安値」を宣言し、「今後他社より1円でも高い場合はさらにお安いプラン料金のご提案」としているDMM mobileの現在の価格と比べてみましょう。

おかわりSIM DMM mobile
1GB 500円 660円
2GB 750円 770円
3GB 1000円 850円
4GB 1250円
5GB 1500円 1270円

2GBまでに収まっている間は日本通信のおかわりSIMのほうが安いですね。DMM mobileは先日も「ぷららモバイルLTE」の業界最安値に対抗し7GBプランにおいて価格改定を行いました。
DMM mobileが7GBプラン値下げで再び業界最安値に!ぷららの値下げに対抗 | オクトバ

日本通信のおかわりSIMは多段階定額なので多少ジャンルは変わりますが、これに対抗はあるのでしょうか。

安さだけで良し悪しを決めることはできませんが、5段階で変わる定額、しかも1GBからあるというのは利用者にとってありがたいですね。

「b-mobile おかわりSIM 5段階定額」は公式のb-Marketのほか、Amazonやヨドバシカメラ、イオン、その他b-mobile取扱店にて6月10日より発売開始されます。SIMサイズは標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの3種類、パッケージ料金は3,000円(税別)です。

別のデータ専用b-mobile SIMを使ってる場合の、「b-mobile おかわりSIM 5段階定額」へのサービス変更は現在は明らかになっていませんが、「後日案内予定」となっています。

関連情報

日本通信、おかわりSIMを新発売 - 500円から上限1,500円の5段階定額 -
b-mobile おかわりSIM 5段階定額 | b-mobile

DMM mobileが7GBプラン値下げで再び業界最安値に!ぷららの値下げに対抗 | オクトバ







関連記事




タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る