Android(>アンドロイド)ニュース

2015/07/16 Android(アンドロイド)ニュース

WEB版のTwitterにて、連携アプリのアクセス日時を確認できるダッシュボード「Twitterデータ」が追加されました。乗っ取りなどを行う不正なアプリなどの対策、早期発見にも役立てられます。



連携アプリのアクセス日時を表示

20150716.twitter_1

「Twitterデータ」は、WEB版のTwitterから「設定」に移動し、画面左側一番下に追加されています。

20150716.twitter_2

選択後、パスワードの入力が必要になります。

20150716.twitter03

履歴画面では、Twitterにアクセスしている端末や、連携アプリのアクセス履歴を閲覧する事ができ、みにおぼえのなものや、怪しいアクセスのあるアプリの対策、早期発見が可能となります。
「IP位置」に関しては、Twitterにアクセスするために使ったIPアドレスのおおよその位置になるので、「Vine」などはアメリカ合衆国と表示されています。
もし怪しいものを見つけたら、「アプリ連携」から解除すると良いでしょう。

何が怪しくて、何がそうでないかはパッと見では分からないと思いますが、少なくとも身に覚えのないものや使った覚えのないアプリの履歴が合った場合は、注意した方がいいかもしれません。

関連情報

Twitterデータの利用|Twitter ヘルプセンター







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る