2015/08/8 ゲーム攻略, モンギア攻略

入手できる時期が限られているメダル交換装備、プロディギウムセット。
★4だけにゲットするべきか迷っている方も多いのではないでしょうか?
そこでこの装備の価値をしっかりご説明いたします!

mongearmatome


モンスターギア
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


プロディギウムセットの各パーツについて

プロディギウムヘッド

mongia_21_01

ギアバースト:【闇の双腕】ギアアップを発生させる IV
ヘッドアビリティ:【頑強】双剣装備時に神獣類のギアを装備した数に応じてHPUP IV

ヘッドアビリティはごく一般的なものながら、優秀。
一方でギアバーストはイグニスレイと同じくギアアップ系。
地味ながらかなり使いやすいヘッドパーツと言えます。

プロディギウムメイル

mongia_21_02

ギアバースト:【ストレンジレイド】味方全員の攻撃速度をUPする IV
アビリティ:【免疫】凍結になる攻撃を受けた時、確率で無効化 IV

メイルのギアバーストもイグニスレイと同じく攻撃速度UP系。
ただしそこまで珍しいスキルではありません。

一方でアビリティの凍結免疫は、限定的ながらかなり有効な能力です。

プロディギウムアーム

mongia_21_03

ギアバースト:【異合砕き】自分のHPを使い、ダメージを与える IV
アビリティ:【一気阿成】バトル開始時、攻撃力がUP IV

アームのギアバーストは、自分のHPを減らして攻撃するという中々変わったスキル。
その分攻撃力も高く、割と優秀です!!

アビリティに関しては、一般的ながら扱いやすい攻撃力UP。

プロディギウムダガー

mongia_21_04

ギアバースト:闇属性のダメージを与えるIV
アビリティ:【乱刃】龍神系に乱舞を行った時、攻撃回数UP IV

ダガーはギアバーストやアビリティに関してはごく普通です。
ポイントは闇属性であるという部分で、タイラントダガーとほぼ同等の武器です。

実はすごい!プロディギウム

★5であれば超人気装備となっていたであろうプロディギウム。
しかし実際問題、★5のメダル装備を限界突破さでまくるのはかなり厳しいはず。
★5のノーマルと、★4の限界突破4回では、ステータスは★4の方が上。
アビリティやスキルに関しては、★5の方が上なので、結果同等と言っても良いくらい強いです。

◇オススメのパーツ集め方法

【頭と腕を限界突破させる(500枚)】
各パーツを限界突破させると50枚×5回×2パーツで500枚も必要になります。
非常に高コストですが、これでかなり強い闇属性の防具セットが7割型完成します。

余裕があればプラス250枚でダガーか鎧を限界突破させてもいいですが、タイラントダガーがゲット出来れば代わりになりますし、今後★5の闇ダガーが配信されるとも限りません。

鎧に関しては、闇属性の鎧という面と攻撃速度をアップさせられることは優秀ですが、氷結免疫は出来れば木装備で欲しい所。(今後、光属性のボスが氷結攻撃をしてくる可能性はありますが)

【腕を限界突破させる(250枚)】
1パーツだけを限界突破させるなら腕が良いでしょう。
攻撃的なギアバーストを持つ腕は、かなり活躍の場面が多いので助かります。
ただし、体力豊かな神獣類武具セットを持っているならの話で、これ一つだけ持っていても、体力に余裕がなければ、自分の首をしめてしまいます。

【頭と武器を限界突破させる(500枚)】
闇属性の双剣装備を即ゲットしたいなら、この形がオススメ。
ただし、タイラントセットと被るので、タイラントを持っているなら必要はなし。
類が違うので混合すると若干弱くなるため、タイラントで揃えるかプロディギウムで揃えるかの2択です。

プロディギウムセットの魅力は闇属性である事と、腕のスキルが割と強い事。
光クエスト用の装備が一向に揃わない場合は、かなり使いやすいギアセットと言えるでしょう。

今までの攻略記事などは以下のページでまとめています。こちらもぜひご覧ください。
【モンギア攻略まとめ】モンスターギアの攻略・イベント・最新情報、全プレイヤー必見のまとめ | オクトバ




モンスターギア
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 モンスターギア
価格 無料
対応OSAndroid 2.3 以上
バージョン 1.1.5
デベロッパー名 SEGA CORPORATION
レビュー日


関連記事




タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る