Croma:リアルも画像もお手軽簡単に色情報を取得・保存できるカラーパレットマネージャー

 

org.numixproject.croma_00

【アプリの特徴】

  • カメラで映した景色や保存した画像を元にカラーパレットを自動生成してくれる
  • 選択した色から作成したり、手動でも作成が可能
  • カラーパレットは保存・共有も可能

Croma - Palette Manager
価格:無料
開発:Numix Project Ltd.


カラーパレットを自動生成

『Croma』はカメラで映した景色や保存した画像を元にカラーパレットを自動生成してくれ、保存・共有もできるアプリです。
操作が簡単なので時と場所を選ばず、カラーコードも表示してくれるので利用しやすさも抜群。説明文は英語なので少々とっつきづらく感じるかもしれませんが、最低限の操作方法さえ覚えてしまえばあとは直感的に利用できます。

org.numixproject.croma_01

アプリを起動すると「タップしてパレットを追加しよう」というような意味の英語が表示されます。右上のオレンジ色の○を押すと、これまた英文で4項目表示されます。まだ帰らないでください、説明します。

画像やカメラから、選択した色から、手動でパレット作成が可能

英語で書かれた4項目のおおよその意味は以下の通り。

(1)画像からパレットを作る

org.numixproject.croma_02

端末に保存されている画像やカメラで映したものから自動でカラーパレットを作成してくれます。また、カメラで映した際に特定部分の色を複数カラーピックしてパレットを作成することも可能です。

(2)色からパレットを作る

org.numixproject.croma_03

表示されたカラーピッカーから色を生成すると、自動でカラーパレットを複数作成してくれます。

(3)手動で色を追加する

org.numixproject.croma_04

こちらはカラーピッカーで選択した色をひとつずつパレットに登録できる機能です。

(4)PRO版を解放する
無料版ではひとつのカラーパレットに登録できるのは4色までですが、有料のPRO版にするとその制限が解除されます。

カラーパレットの保存や共有も

すべてのカラーパレットは気に入ったものに名前をつけて保存することも可能。保存されたカラーパレットはトップページに一覧として表示されて、自分だけのカラーパレットリストができます。ちなみにパレット名は後で変更できます。

また、カラーパレットを共有すると各色のカラーコードと配色パターンが表示されるURLがテキスト情報として取得できます。

英語に悩まされるのは最初の2画面のみで、後は画面の表示に従って操作するだけ。デザイナーやデベロッパーはもちろん、色に関心のあるすべての人、ぜひ触ってみてください。




Croma - Palette Manager
価格:無料
開発:Numix Project Ltd.





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Croma - Palette Manager
対応OSAndroid 4.0 以上
バージョン1.6
提供元Numix Project Ltd.
レビュー日2015/08/18
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
Sati
物心ついた頃からの3D酔い持ちゲーム好き。アプリゲーのプレイは2014年11月デビュー。