2015/08/28 その他

20150828.enquete

株式会社ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、事前の調査で「ニュースキュレーションアプリの利用経験がある」と回答した20代~30代の男女440名に対し、『ニュースキュレーションアプリに関する実態調査』を実施、その結果を発表しました。



6割以上が「過去記事の閲覧」を希望

d7597-120-618420-1

その内容によると、「スマートニュース」や「グノシー」「Yahoo!ニュース」などのニュースキュレーションアプリ利用者の65.0%が「過去記事が読めないことや、ストックできない点が残念」と感じており、また「検索機能などがあれば、より記事を読みやすいと思う」と回答した方は67.7%という結果でした。多くの方が「自分が読みたい記事を、好きなタイミングで読みたい」と考えているようです。

さらに、通常の記事に混じって表示される広告についての質問に、78.6%が「広告とわかりやすくなったのはいいことだと思う」と一定の評価をする一方、67.5%の方が「よりノイズに見えて無視をしてしまう」と回答したとの事。

この他にも約半数が「新聞は読まなかったが、アプリになってニュースを目にするようになった」と回答し、59.4%が「それまで知らなかった新しいメディアを知ることができた」と答えています。ニュースキュレーションアプリの効果の大きさが分かりますね。

また約8割の方が「今後より魅力的なニュースキュレーションアプリが出れば試してみる」と回答しており、このジャンルもまだまだ開拓の余地がありそうです。

関連情報

20代~30代に聞いた!ニュースキュレーションアプリのここが惜しい!|PR TIMES
株式会社ジャストシステム
セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る