Android( class=アンドロイド)ニュース" width="640" height="30" />

2015/09/10 Android(アンドロイド)ニュース

20150910_docomo_premium4g_00

NTTドコモは、「PREMIUM 4G」として展開している受信時最大225Mbpsの通信サービスについて、東名阪地域で国内最速となる受信時最大262.5Mbpsへ高速化を実施すると発表しました。
現時点での対応機種はiPhone 6s、iPhone 6s Plusの2機種で、両機種の発売予定日である2015年9月25日よりサービスを開始します。



LTE-Advanced キャリアアグリゲーション

受信時最大262.5Mbpsの通信サービスは、複数の周波数帯を束ねることで高速通信を可能とするキャリアアグリゲーションにおいて、新たな周波数の組み合わせ(1.7GHz-2GHz)を追加することで実現します。

複数の周波数帯の利用により、ある周波数帯の電波状況が悪化しても、別の電波状況のよい周波数帯で通信することで、安定した通信が可能です。

20150910_docomo_premium4g_01

最大262.5Mbpsの通信サービスの対応エリアは、1.7GHzを展開している1都2府15県(東京都、大阪府、京都府、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県、愛知県、岐阜県、三重県、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県、静岡県)です。提供エリアは近日公開予定です。

最大225Mbpsの通信サービスは、それ以外のエリアでも利用できます(対応機種が必要です)。対応エリアはこちらから確認できます。

LTE-Advancedのアドオンセル技術

広域エリアをカバーするマクロセル内に、特に通信が混雑するエリアをカバーするスモールセルを追加し(アドオン)、マクロセルとスモールセルの周波数帯を「キャリアアグリゲーション」技術により束ねて通信することで、大容量化、及び安定した通信を実現します。

20150910_docomo_premium4g_02

これにより、通信が混雑するエリアにおいても、大容量化により快適で安定した通信が可能で、スモールセル間を移動するときも、キャリアアグリゲーションしているマクロセルと通信を継続するため高速通信の維持が可能です。

関連情報

PREMIUM 4G(TM) ~LTEは次のステージへ~ | エリア | NTTドコモ
ドコモからのお知らせ : 国内最速受信時最大262.5Mbpsの通信サービスを東名阪で提供 | お知らせ | NTTドコモ







関連記事




タグ: , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る