Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20150911_Android Pay03

Googleは現地時間9月10日、Android端末で利用できるモバイル決済サービス「Android Pay」を米国内で開始したことを発表しました。



NFCを利用した「かざして決済」

20150911_Android Pay01

「Android Pay」はVisa・MasterCard・American Express・Discoverの主要クレジットカード会社に対応しており、Android 4.4以上の端末に搭載されたNFCを利用して決済が行えます。
決済時にクレジットカード番号やデビットカード番号が送信されることはなく、代わりに発行されたアカウントナンバーを使用します。これによりセキュアな決済が可能とのことです。

実際にこの機能を使用するには、今後数日間中にリリースされる「Android Pay」アプリが必要で、米携帯電話キャリアのAT&T、T-Mobile、Verizon Wirelessで今後販売されるNFC対応のAndroid端末にはプリインストールされます。
尚、従来の決済サービスである「Google Wallet」ユーザーは、アプリをアップデートする事で「Android Pay」に自動的に切り替わります。

20150911_Android Pay02

「Android Pay」は米国のサブウェイ・トイザらスなど、米国全体の100万箇所以上で利用可能とのことです。また実店舗だけでなく、対応したオンラインショップでも決済可能。

「Google Wallet」は対応店舗の少なさなどからあまり普及することはありませんでしたが、今回の「Android Pay」で巻き返す事ができるのでしょうか。「Apple pay」や「Samsung Pay」などの競合と、どのように差別化していくかがポイントになりそうです。
また今回の発表では「Google Wallet」の友人間での送金機能ついては触れられていませんが、以前Google+に投稿された内容には“この機能に焦点を当てアプリを再構築する”とあるので、「Android Pay」の機能として引き継がれるか、専用のアプリとしてリリースされるのかもしれません。

関連情報

Android Pay
Android Official Blog
Google Wallet|Google+







関連記事




タグ: ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る