Google Play、サポートするAPKファイルサイズを50MBから100MBに引き上げ 新しいロゴも併せて公開

 

2015-09-29_10h41_10

Googleは現地時間2015年9月28日、Google Playに登録できるAPKファイルサイズの上限を、従来の50MBから100MBに引き上げる事を開発者向けブログにて発表しました。また、Google Playの新しいロゴも併せて公開されています。

より高品質なアプリ開発が行えるように

これまでGoogle Playに登録できるAPKファイルサイズは50MBまでとなっていましたが、より高品質なアプリやゲーム開発を可能にする為、上限を100MBまで引き上げるとの事です。また100MBで足りない場合は、従来通り最大4GBまでの拡張ファイルを登録する事ができます。
これにより今後は100MBを超える場合に、「ファイルサイズが大きいです」という旨の警告が表示されるようになります。

Googleはファイルサイズが増加する事によって発生するリスク、例えば「モバイルデータ通信量の上限」や「ダウンロード時間」などに関する注意も促しており、これらを考慮した上での開発を奨めています。

20150929_googleplay_newlogo

また、同ブログの末尾には新しいGoogle Playのロゴが掲載されており、今後はこのロゴが使用されるものと思われます。

関連情報

Support for 100MB APKs on Google Play|Android Developer Blog(英文)







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hato-sabure
アニメ・音楽・イラスト系の記事を好んで書きます。ポータブルオーディオにハマり中。