Android( class=アンドロイド)ニュース" width="640" height="30" />

2015/09/30 Android(アンドロイド)ニュース

20150930_galaxy_active_neo_00

NTTドコモは9月30日、新製品発表会を行い、防水・防塵・耐衝撃に対応したサムスン製「Galaxy Active neo SC-01H」を11月上旬に発売すると発表しました。



Galaxy Active neoの主な特徴

「Galaxy Active neo SC-01H」は、水と衝撃、落下に強いタフネススマホです。

耐衝撃の強化ガラス、Corning Gorilla Glass4を搭載し、擦り傷はもちろん、万が一の落下時にも安心な耐衝撃性を備えています。日常生活での落下シーンを想定した様々なメーカー独自の落下耐久試験をクリア。米国国防総省の軍用規格(MIL-STD-810G)21項目準拠に加え、メーカー独自試験4項目の計25項目に準拠しています。

耐衝撃、防水、塩水耐久、防塵、防湿、耐日射、耐振動、耐氷結、温度耐久、低圧対応などに対応しています。

20150930_galaxy_active_neo_03
発表会ではNTTドコモドコモの加藤社長がわざと落下させるパフォーマンスも

手袋をしたままでも操作可能な高感度タッチパネルや、どんなシーンでも操作しやすいハードキーを搭載。また、アウトドアでも便利なストラップホールを採用しています。

会議中や家事の合間など、スマホを使わない時は簡単に省電力に移行できる「バッテリー温存モード」を搭載。側面に設置されたアクティブキーを長押しで移行できます。

20150930_galaxy_active_neo_01

アウトカメラは800万画素で、撮影した場所の温度や湿度、天気情報を確認できるタグ付け撮影モードに対応。ホーム画面2度押しでカメラ起動、側面アクティブキーで静止画撮影など、撮りたい一瞬を逃しません。

20150930_galaxy_active_neo_02

このほか、おサイフケータイ(FeliCa)、NFC、ワンセグ、VoLTEなどに対応しています。赤外線通信やフルセグ、生体認証、PREMIUM 4Gなどには対応していません。

本体カラーはCamo White、Solid Blackの2種類です。

Galaxy Noteの後継機種について

今回発表された冬春モデルでは、Galaxyシリーズは「Galaxy Active neo」のみでした。

発表会の質疑応答にて「GALAXY Note 3の発売から2年経つが、Galaxy Noteの後継機種は出ないのか?」という質問に対し、加藤社長は「Galaxy Noteは、大画面、ファブレットに分類されると思うが、今回は(同時に発表した)dtabに焦点をあてて開発した。時期を見て、タイミングを見ながら(ラインナップに)入れていきたい」と答え、現時点ではGalaxy Noteの最新モデルであるGalaxy Note 5を投入しないことを表明しました。

Galaxy Active neoの主な仕様
OS Android 5.1 Lollipop
CPU MSM 8916クアッドコア
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
ディスプレイ 4.5インチ WVGA(480×800)TFT
カメラ 背面:8MP 前面:2MP
バッテリー 2,200mAh
大きさ 約133 × 70 × 10.1 mm
質量 約154g

関連情報

報道発表資料 : 2015-2016冬春モデルの13機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
Galaxy Active neo SC-01H | 製品 | NTTドコモ







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る