Android(>アンドロイド)ニュース

2015/11/9 Android(アンドロイド)ニュース

ASUS JAPANは11月11日に新製品を発表することを明らかにし、Facebookでその新製品をプレゼントするキャンペーンを実施中だ。また、ソフトバンクがAndroidを搭載したモバイルプロジェクター「モバイルシアター」を11月13日に発売する。「モンスターストライク」でスマートフォンゲーム市場で大成功を収めたミクシィは第二弾ゲームとして「マーベル ツムツム」を発表した。



新製品

【(1) ASUS 新製品】
ASUS JAPANは11日に新製品の発表を行う。Facebookページ上でティザー画像を公開し、その新製品のプレゼントキャンペーンも開始した。キャンペーンは、Facebookページ上で、「あなたにとってのお気に入りもしくは、心の安らぐ禅の時間や瞬間」というテーマでコメントを残すこと。詳しくはASUSのFacebookページを見て欲しいが、難しいものではないので、欲しい方は応募しておこう。

octoba-245_asus
ティザー画像

発表される新製品は、ティザー画像が分かりやすいこともあり、おそらく「ASUS ZenWatch 2」なのだと推測される。ZenWatch 2は「ASUS ZenWatch」の後継機種で、グローバルでは発売済み。ディスプレイサイズ別に2モデルあるので、どちらが日本市場に投入されるのかは分からない。もしくは両方だろう。

Wi-Fiを搭載し、スマートフォンとBluetoothで連携しなくても単独でネットワークサービスを利用できることが大きな特徴。

octoba-245_zenwatch2a
参考画像:ZenWatch 2。左が1.63インチ、右が1.45インチのモデル

【 (2) モバイルシアター】

ソフトバンクは「SoftBank」ブランドの新製品として「モバイルシアター」を11月13日に発売する。今春発表になったモバイルシアターだが、発売は今冬となり、ようやくのお目見えだ。Androidを搭載したプロジェクターだが、多機能製品となっている。約5インチのディスプレイを搭載し、スマートフォンライクに扱えるほか、LTEに対応し、モバイルWi-Fiルーター代わりに使うこともできる。さらに、6,300mAhと大容量のバッテリーを積んでいるので、モバイルバッテリー代わりに使うこともできる。

octoba-245_mobilethea-1
モバイルシアター

プロジェクターとしては最大120インチ、最大150ルーメンの明るさでの投影が可能で、自分自身のAndroid画面を投影できるほか、HDMI入力端子経由でAV機器等の映像を映せるほか、Miracastを使って他のAndroid端末の映像を映すこともできる。

ボディサイズは約131×134×33.3mmで、重さは約579g。

新アプリ

【(1) マーベル ツムツム】
「LINE: ディズニーツムツム」に続く「ツムツム」ゲームが登場する。ミクシィのゲームスタジオ「XFLAG」が「モンスターストライク」に続くゲームアプリとして「マーベル ツムツム」を開発中だと発表した。リリース時期は来春の予定で、開発はXFLAGとウォルト・ディズニー・ジャパン、NHN PlayArtが共同で行っている。

octoba-245_marvel

©MARVEL

ディズニーツムツムはディズニーキャラクターの可愛らしいぬいぐるみ「TSUM TSUM」を使ったパズルゲームとして大ヒットしたが、今回のマーベル ツムツムはマーベルのヒーロー達がぬいぐるみになって登場する。

さらに、モンスターストライクの要素が導入され、協力プレイやバトル要素が楽しめるパズルゲームになっているようだ。

登場キャラクターはアベンジャーズシリーズでお馴染みのアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ブラック・ウィドウ、ハルク、ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーのロケットやガモーラ、マーベル最新作のアントマンなど。今後マーベル・シネマティック・ユニバースの世界に登場する、スパイダーマンも参加する見込み。

ソフトバンク

【(1) 大感謝祭】
ソフトバンクグループは「いい買物の日」に向けて「ソフトバンク大感謝祭」「ワイモバイル大感謝祭」を実施中だ。一番大きなキャンペーンは11月11日に行われる予定なので、忘れずにチェックしたい。様々な特典やお得な商品が用意されている。

Tポイントプレゼントや通信量プレゼント、料金割引など様々だ。詳しくは下記リンク先を参照してほしい。

いい買物の日に向けたキャンペーンについて(※PDF)

【(2) ソフトバンクのでんき】
ソフトバンクは来春の電力小売りの完全自由化に向けて、電力小売り事業の特設サイトをオープンした。現時点では「ソフトバンクのでんき」と書かれている電力サービスが来春から提供される予定で、KDDIに続き、ソフトバンクも特設サイトを開設し、情報公開を始めた。しかも、2016年1月には早速受付開始をする予定だという。

octoba-245_softbank-denki

KDDIもそうだが、ソフトバンクも固定通信サービス、モバイル通信サービス、電力サービスをセットで提供する予定で、セット利用による特典が用意される見込み。

【(3) ワイモバイル、Pocket WiFiの料金プランで通信速度制限条件を緩和】
ソフトバンクは「Y!mobile」の通信サービスで通信速度制限の条件を緩和した。「Pocket WiFiプラン2」において、直近3日間で約1GBを超えた場合、翌日に通信速度の制限を行ってきたが、その条件が約1GBから約3GBに緩和された。ちょうど「WiMAX 2+」と同じ上限だ。しかも、制限速度もYouTubeのHD画質の動画をストレスなく視聴できるレベル、ということでWiMAX 2+と同様、数Mbpsは出るものとみられる。

あとがき

ミクシィのXFLAGがマーベル ツムツムを発表しましたが、ミクシィは手堅いところを抑えてきましたね。ディズニー ツムツムほどのヒット作になるかどうかは分かりませんが、マーベルヒーローを起用し、協力プレイやバトル要素を盛り込むということで、もしかしたらかなり面白いパズルゲームになるのかも? という期待感もあります。
マーベルヒーローと言えばやはりバトルですからね。そしてアベンジャーズの協力プレイも気になるところです。映画でもキャプテン・アメリカのシールドとソーのムジョルニアの連携などがありますからね。リリースは来春ということでまだまだ先ですが、楽しみにしたいところです。

GAPSISがお伝えしました。次回もお楽しみに!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る