Android News

Android(アンドロイド)ニュース, 格安SIM

平成28年熊本地震の被災地のユーザー向けにNTTドコモ(以下、ドコモ)、KDDI(au)、ソフトバンクの3社は4月末まで月間データ量の上限を撤廃することを明らかにした。必要に応じて5月以降も継続される可能性もあるかもしれないが、ひとまず4月末までは対象者は速度制限無しで高速データ通信を使うことができる。



新製品

(1) Mode1(MD-01P)

ピーアップはドコモ、au、ソフトバンクの通信方式に対応したSIMフリーのスマートフォン「Mode1」(MD-01P)の販売を開始した。価格は32,800円(税抜き)。

octoba-268_mdoe1-01

Mode1の最大の特徴は3社のネットワークに対応していること。そのため、使えるSIMカード/通信サービスの選択肢が多い。また、FMラジオ機能を搭載していることや、ノイズキャンセラー機能も特徴。それ以外ではオーソドックスなAndroid端末で、プリインストールアプリもできるだけ減らし、ユーザー自身でカスタマイズしやすい端末となっている。

(2) カシオ計算機EDIFICE EQB-600D

カシオ計算機は19日、高機能腕時計「EDIFICE」シリーズの新商品「EQB-600D」を発表した。発売日は5月14日の予定でメーカー希望小売価格は50,000円。

octoba-268_edifice

EQB-600Dの大きな特徴は、スマートフォンリンク機能で精度の高い新開発の時刻取得システム「Accurate Time System」を利用できること。スマートフォン向けアプリ「CASIO WATCH+」に実装され、タイムサーバーに接続し、現在位置における精度の高い時刻を取得することができる。

また、地球をイメージしたドーム型の立体インダイヤル「3D Global Dial」を採用した点も特徴の一つ。ワールドタイム機能を目で見て楽しむことができる。

(3) GigSky

フロンティアファクトリーは22日、世界90カ国以上のエリアで使うことができるSIMカード「GigSky」のLTE対応モデルを販売開始した。GigSkyはプリペイド式の通信サービスを利用できるSIMカードで、1枚のカードで複数の国と地域で利用できる手軽さと料金の安さが特徴だが、従来はLTEには非対応のモデルしかなかった。しかし、新たLTE対応モデルが登場したことで、より便利なSIMカード/通信サービスとなった。

octoba-268_gigsky

パッケージ代は2,980円で、100MB分のデータ通信ができるコースが1回分無料でついてくる。また、SIMカードには脱着可能なアダプタがついてくるので、nano、micro、miniと3サイズに対応可能となっている。

通信会社

(1) 携帯3社による一時的な月間データ量の上限撤廃措置

平成28年熊本地震の影響で被災した方を対象に、携帯3社は少なくとも4月末までの間、各ユーザーが契約している料金プランで定められた月間データ量の上限を撤廃した。何GB使っても速度制限が掛からない。また、すでに追加データ量を購入した方についても、追加データ量の料金を無料にする。

ソフトバンクについてはSoftBankブランドとY!mobileブランド、どちらも対象だ。

また、対象者は、平成28年熊本地震の影響によって災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所がある方。

(2) ユニバーサルサービス料の改定

ドコモ、KDDI、ソフトバンクは7月利用分以降のユニバーサルサービス料を改定すると発表した。現行の額は月額2円(税抜き)だが、7月利用分からは月額3円(税抜き)になる。税込みでは1.08円の値上げだ。

octoba-268_universal

ユニバーサルサービス料はユニバーサルサービスの維持に必要な費用を電話会社全体で負担する制度で、実際にはユーザーから徴収する。ユニバーサルサービスというのは、固定電話、公衆電話、緊急通報のことだ。

(3) U-mobileユーザー向けWi-Fiサービス「U-NEXT Wi-Fi」

MVNOサービス「U-mobile」を提供するU-NEXTは、U-mobileのユーザー向けに無料のWi-Fiサービス「U-NEXT Wi-Fi」を5月下旬以降に提供開始する予定だ。提供先ブランドで展開している「YAMADA SIM powered by U-mobile」のユーザーも利用できる。

octoba-268_unextwifi

現時点ではU-NEXT Wi-Fiの利用可能エリアやスポット数などは明らかにされていないが、一部の駅や空港、カフェなどで利用できる見込み。

あとがき

U-NEXTがU-mobileのユーザー向けにWi-Fiサービスを提供することを明らかにしましたが、今後、格安SIM/通信サービスにおいて、Wi-Fiサービスの有無や利用可能エリアも一つのポイントになってくるかもしれませんね。格安SIMサービスの場合、ドコモやau、ソフトバンクなどインフラ提供元のサービスほどの速度が出にくいですし、データ量を抑えたプランにしている方も多いと思います。となると、駅やカフェなどでWi-Fiを使えるというのは、かなりありがたい話です。本体のサービスの場合、Wi-Fiに繋げなくてもLTEで十分速いですが、格安SIMではそうではないので、Wi-Fiサービスの価値も高くなってきます。今後の各社の動きにも注目したいところです。

GAPSISがお伝えしました。次回もお楽しみに!

他のおすすめの格安SIM関連記事

【関連記事】ドコモから格安SIMへ乗り換え・MVNO時の8つの注意点

 

【関連記事】auから格安SIMへ乗り換え・MVNO時の7つの注意点

 

【関連記事】ソフトバンクから格安SIMへ乗り換え・MVNO時の7つの注意点

 

【関連記事】格安SIMでのLINE(ライン)の利用方法と引き継ぎ時の5つの注意点

 

【関連記事】格安SIMでiPhoneを運用するメリット・デメリットとは?

 

【関連記事】格安スマホ/SIMとは?誰でも簡単にわかる6つのポイント

 

【関連記事】データ通信専用の格安SIMで通話する2つの方法と注意点

 

【関連記事】格安SIMにおける通信速度とMVNOの比較

 

【関連記事】格安SIMの7つのメリット・デメリットと9つの注意点

 

【関連記事】格安SIM:格安SIMカードとは?初心者も安心の簡単選び方ガイド

 

【関連記事】格安SIM:LINEモバイルの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:NifMoの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:DMMモバイルの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:IIJmioの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:U-mobileの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:mineoの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:UQモバイルの評判と評価や他SIMとの比較


 









Android(アンドロイド)ニュースカテゴリの最新記事

シヴィライゼーションウォー:文明戦争:事前登録者数5万人突破!
Simeji:Twitterニュースと連動した機能「#Simejiニュース」を追加
Simeji:6人組動画配信エンタメユニット「すとぷり」が期間限定で登場
LINEチケット、会場で見たMCバトルの興奮を再度体験できる!“第16回高校生RAP選手権” の「バトル映像」付きチケット販売開始
先週のニュースまとめ
cheeroからUSB PD 60Wアダプタ登場!「おもいでケータイ再起動」イベント復活!【2019年6月8日 ~ 2019年6月14日】

格安SIMカテゴリの最新記事

格安SIM:『ドラゴン&コロニーズ』がMVNOサービス「LinksMate(リンクスメイト)」のカウントフリーオプション対象コンテンツとして2019年6月24日(月)より追加!
格安SIM:MVNOサービス「LinksMate」にて、サイバートラストの「iTrust 本人確認サービス」を採用した本人確認を開始
格安SIM:J
COM MOBILEで初の「Galaxy」スマートフォンが登場 「Galaxy A30」を6月7日より販売開始(金)より追加!
格安SIM:『妖怪三国志 国盗りウォーズ』がMVNOサービス「LinksMate(リンクスメイト)」のカウントフリーオプション対象コンテンツとして2019年5月24日(金)より追加!
格安SIM:【※取り扱いは延期となりました】DMM mobileより HUAWEI P30/P30 lite申込受付開始のお知らせ


タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

特集

トップヘ戻る