彼女は最後にそう言った:ループする世界で4年前の真実を探れ。ドット絵の感動アドベンチャーゲーム

 

夏休みを利用して帰省した主人公・シンタロー。誕生日にして町のお祭りである8月14日の夜、一通の手紙を受け取る。差出人は、4年前に死んだクラスメイト・ナナミ。さらに夜が明けてもなぜか8月14日の夜に戻ってしまう。ループする世界の中、シンタローは決意する。ナナミに一体何があったのか、知ることを。

kanojohasaigoni-01

【アプリの特徴】

  • ドット絵画面の感動アドベンチャーゲーム
  • 操作感はとにかく快適
  • クリア後にアナザーストーリーを楽しむこともできる

彼女は最後にそう言った
価格:無料
開発:SYUPRO-DX


町を調べ、人と話して真相を探れ

『彼女は最後にそう言った』はドット絵画面のアドベンチャーゲーム。町を歩き回り人と話しながら、4年前の真実を少しずつ解き明かしていきます。

kanojohasaigoni-02

操作は基本的に、目的の場所や人・物をタップするだけ。タップした場所に向かって主人公が自動・高速で移動し、タップした対象が人や物であればそのまま話しかけたり調べたりしてくれます。知り得た情報は「キオク」「ジンブツ」コマンドで確認可能です。

操作感はとにかく快適。やるべきことも明言してくれるので、ストーリーに集中しやすい雰囲気になっています。

素直な語り口のストーリーは優しくも懐かしい

kanojohasaigoni-03

多くの人物はナナミの死の痛みを引きずっていて、他にも町の開発などの問題から衝突することも。けれど、どの人物も驚くほど素直。その素直さは画面と相まってレトロゲームを思い出させる懐かしさがあり、ゲーム全体に優しさを灯らせている印象でした。すべて明らかになった時に知る「彼女の最後の言葉」は感動ものです。

アナザーストーリーとサブイベントでクリア後も楽しめる

kanojohasaigoni-04

『彼女は最後にそう言った』は、クリアしたらそれで終わりではありません。改めて「NEW GAME」からゲームを始めると、主人公の机の上のアイテムが追加されています。そのアイテムを調べると、ナナミの死を回避するための別ストーリーが展開。こちらでは新たな「彼女の最後の言葉」と共に異なる結末を迎えます。

またやりこみ要素として、サブイベントも充実。町の人から「おねがいごと」をされることがあり、応えると実績が解除できます。




彼女は最後にそう言った
価格:無料
開発:SYUPRO-DX



iPhone版はこちらからDL


おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名彼女は最後にそう言った
対応OSAndroid 3.0 以上
バージョン1.0.5
提供元SYUPRO-DX
レビュー日2016/04/27
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
Sati
物心ついた頃からの3D酔い持ちゲーム好き。アプリゲーのプレイは2014年11月デビュー。