Android(>アンドロイド)ニュース

2016/06/2 Android(アンドロイド)ニュース

20160602-mercstoria-news-top

Happy Elements株式会社は、ラインストラテジーRPG『メルクストーリア 癒術士と鈴のしらべ』において、日本語版のダウンロード数が450万を突破したことを発表しました。
これを記念して、2016年6月2日(木)より「450万ダウンロード突破記念キャンペーン」が開催されます。


メルクストーリア 癒術士と鈴のしらべ(ライン・ストラテジー)
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


450万DLキャンペーンログインボーナス

期間中、通常のログインボーナスに加えて下記のボーナスが追加でプレゼントされます。

1日目:ダイヤ×1、メダルロトリーチケット×4
2日目:ダイヤ×1、メダル 100 枚
3日目:ダイヤ×1、モンスターロトリーチケット×2
4日目:ダイヤ×1、メダル 100 枚
5日目:ダイヤ×1、メダルロトリーチケット×4
6日目:ダイヤ×1、メダル 100 枚
7日目:ダイヤ×1、モンスターロトリーチケット×2
8日目:ダイヤ×1、メダル 100 枚
9日目:ダイヤ×1、メダルロトリーチケット×4
10日目:ダイヤ×1、メダル 100 枚
11日目:ダイヤ×1、モンスターロトリーチケット×2

【開催期間】2016年6月2日(木) 0:00〜6月12日(日) 23:59

メダルロトリーユニット提供割合2倍キャンペーン

期間中、メダルロトリーから提供される★4ユニットと★3ユニットの提供割合が2倍になります。

★4ユニット提供割合:2.22%→4.44%
★3ユニット提供割合:4.25%→8.51%

※ユニット提供割合の増加分につき、他の提供アイテムの提供割合が低下します。

【開催期間】2016年6月2日(木) 0:00〜6月12日(日) 23:59予定

歴代イベント無料開放

期間限定で、全歴代イベントがメダル消費無料で開放されます。開催期間中にプレイができる歴代イベントは、下記の通りです。

・古の女王と石造りの墓守
・災厄の魔女と異才の劣等生
・幻惑の森と優しき戦神
・夜明けの王と囚われの花嫁
・碧翼の海賊と大海の雛鳥
・相剋の領主と夢寐の傾城
・夢添いの君と忘却の町
・憧焦の恋追人と恋愛狂想曲
・流星の王子さまとひとりぼっちのお姫さま
・おてんば妖精と春を食べる竜
・郷愁の灯と不揃いな歯車たち
・ありふれた調石師と孤高の烈刃
・駆け出しハンターと孤旅の賞金稼ぎ
・飛べない天使と万祈の聖翼
・紅き禍つ星と優焔の煌宗
・千竜を狩る獣と競奔の竜騎手たち
・奇跡の作り方と愛のロジック
・創世の種と根源の森樹

※開放期間中に進めたストーリについては後ほどストーリーページより確認可能です。
※クエストエリアの達成報酬はありませんが、シードのドロップなどはイベント時と同様となります。

【開催期間】2016年6月2日(木) 15:00〜6月13日(月) 14:59

カムバックユーザー応援キャンペーン

期間限定で、最終ログイン日から60日以上の期間が空いているユーザーを対象に、ゲームにログインすると通常のカムバックユーザー向けのプレゼント(300,000ゴルド)に加えて下記のアイテムが追加でプレゼントされます。

・メダル:300枚
・元気の水:20個
・勇気の水:20個
・トトの呼び鈴:10個

【開催期間】2016年6月2日(木) 15:00〜6月30日(木) 14:59

普段から『メルクストーリア』を良く遊んでいる方はもちろん、しばらく離れていた方もお得なアイテムがもらえるこの「450万ダウンロード突破記念キャンペーン」。特に、全歴代イベントが開放されるのは胸熱ですね!お得な機会を、ぜひお見逃しなく。

関連情報

「メルクストーリア」、累計450万ダウンロードを突破 記念キャンペーンを開催 |Happy Elements株式会社(PDF)
メルクストーリア – 癒術士と鈴のしらべ -(メルスト) |公式サイト





メルクストーリア 癒術士と鈴のしらべ(ライン・ストラテジー)
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 メルクストーリア 癒術士と鈴のしらべ(ライン・ストラテジー)
価格 無料
対応OSAndroid 2.3 以上
バージョン 1.3.6.1
デベロッパー名 Happy Elements K.K
レビュー日


関連記事




タグ: , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る