Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

Android(アンドロイド)ニュース, LINE(ライン), コミュニケーション, ツール

誤爆。

メールをはじめとするネットを介したコミュニケーションツールの使用で、だれもが経験していることかと思われますが、同時に「消すことはできないのか・・・」という脱力感にも苛まされることでしょう。

最近では普及率の高さからLINEがその代表格でしょう。

なかには取り返しのつかないやらかしをしてしまった人もいるかと思いますが、ご安心ください!

なんと! LINEにおいて送信したメッセージを取り消しできる機能が実装されます!

それでは早速その新サービスと同時に展開されるキャンペーンについて説明いたしましょう!

「送信取消」機能について

「LINE」は、2017年12月以降に送信したメッセージを時間限定で取り消しできる「送信取消」機能を実装することを発表しました。

また、その実装に先駆けて、LINEを誤送信した体験談をユーザーから募集する『#LINE誤爆BlackFRIDAY』キャンペーンもスタート!

LINEを使用しているのであれば誰もが経験したことがある「誤爆」に関する思いの丈をこの機会にぶちまけてみてはいかがでしょう?

「送信取消」機能について

「送信取消」機能とは、その名の通りに送信取消の対象となるメッセージを24時間以内であれば取り消すことができるという機能。

そして、この「送信取消」機能の実装を前に、11月16日(木)から11月24日(金)の期間、『#LINE誤爆BlackFRIDAY』キャンペーンを開催します。

『#LINE誤爆BlackFRIDAY』キャンペーンについて

『#LINE誤爆BlackFRIDAY』キャンペーンは、LINEを誤送信した体験談(黒歴史)をユーザーから募集し、LINEの黒歴史のトップである『Bestof#LINE誤爆』をみんなで決定するオンライン上のお祭りです。

リツイート投票日程は、ブラックフライデー当日である11月24日(金)で、ブラックフライデーの開催時間と「送信取消」機能のメッセージ取消時間にちなみ、24時間限定とします。

間違ってしまったLINEを消すことができない時代の幕が降りる前に、LINEにまつわる黒歴史を共有し、これまでの甘くほろ苦い誤送信の思い出を懐かしみつつ、みんなで笑って苦い思い出を精算しましょう!

なお、秀逸なエピソードを投稿した方には、なにが入っているかお楽しみの特製ブラックボックスやLINEポイント(1万円相当)がプレゼントされます。

また、リツイート投票に参加した方にもLINEギフトコード(1,000円分)のプレゼントのチャンスがありますので、奮って参加しましょう!

■『#LINE誤爆BlackFRIDAY』キャンペーン概要

【実施場所】キャンペーンサイト:
https://campaign.line.me/bf/

Twitter:
https://twitter.com/LINEjp_official

【実施期間】
2017年11月16日(木)~11月24日(金)

【実施概要】
(1)LINETimelineとTwitterで、LINEでの苦い思い出をキャプチャーもしくはテキストにハッシュタグ「#LINE誤爆」をつけた投稿を募集する。

(2)募集作品の中から、LINE選考委員会に選ばれた優秀作品20作品が、11月24日(金)10時30分にキャンペーンサイト内の黒歴史の殿堂「BLACKSHOWROOM」に掲載される。

(3)11月24日(金)10時30分~11月25日(土)10時29分の期間、LINEの公式Twitterアカウント(@LINEjp_official)がつぶやく優秀作品20作品のツイートに対し、24時間限定リツイート投票を募る。

【プレゼント】
・「Bestof#LINE誤爆」に選ばれた方(1名)には、特製サプライズ ブラックボックスをプレゼント。

・優秀作品に選ばれた方(20名)には、LINEポイント1万ポイントを進呈。

・リツイートで投票してくれた方の中から抽選で選ばれた方(100名)には、LINEギフトコード1,000円分をプレゼント。

【BLACKSHOWROOM展示内容】
BLACKSHOWROOMには、『#LINE誤爆BlackFRIDAY』キャンペーン開始時、黒歴史の実例を掲載しています。ぜひ、ご注目ください。

【参考資料】
LINEは、「送信取消」機能実装と『LINEBlackFRIDAY』キャンペーン開催を発表するにあたり、LINEの誤爆に関する動向を把握するため、インターネット調査を実施。

その結果は以下の通りです。

【調査概要】
調査方法:LINE公式アカウント「LINEチーム」ResearchPlatformを利用した、スマートフォンによるモバイルアンケート

調査対象:LINEユーザー男女

最終有効回答数:8,577サンプル調査期間:2017年11月10日~12日

「LINEで誤ってメッセージを送信した経験」について聞いたところ、LINEで誤送信した経験がある方は約85%もいる結果となりました。

「LINEでどのように誤ってメッセージを送信しましたか?」という問に対しては、「誤字脱字があるメッセージを送ってしまった」の回答がトップとなりました。

また、「LINEでメッセージを送信したことに気づいた際、どのような行動をとりますか?」の問に対しては「すぐ謝る」と回答した方が57%と過半数を超え、続いて「間違ったことに呆然とする」の回答が15%の結果となりました。

なお、「その他」を選択した方の中には、「正しいメッセージを送りなおす」「スタンプを打ってごまかす」「自分で突っ込んでギャグにする」「とりあえず笑う」「とりあえず自分の方だけメッセージを消す」という回答も見られました。

なかなか興味深いデータですね(笑)

あなたには思い当たることがありましたか?

■ニュースソース
公式サイト





LINE
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 LINE
価格 無料
対応OS端末により異なります
バージョン 端末により異なります
デベロッパー名 LINE Corporation
レビュー日 2017/11/16


関連記事



Android(アンドロイド)ニュースカテゴリの最新記事

MixChannel:コラボ企画第二弾! 「オールナイトニッポン0~NEXT IDOL GRANDPRIX SP~」9月28日(土) 深夜3時~4時30分 生放送
トロとパズル~どこでもいっしょ~:10月1日(火)サービス開始決定!AppStoreでの予約注文も本日9月20日(金)からスタート
モンスターストライク:「モンスト6周年カウントダウン」9月は無料の30連以上ガチャ開催!限定キャラ1体確定!
ドラゴンクエストウォーク:500万ダウンロード突破! 2019年9月19日より初代『ドラゴンクエスト』コラボイベント・ロト装備ふくびき開始
トレバ:トレバでしか手に入らない! ハロウィンにピッタリの新景品

LINE(ライン)カテゴリの最新記事

LINE NEWS:放送局との動画連携「Replay Cast」を提供開始フジテレビとタッグを組み、9月14日(土)開幕の「ワールドカップバレー」の見どころをリアルタイム配信
LINE:LINE Pay支払い限定でオトクに映画鑑賞できる 「LINE Payシネマデイ」スタート!
クロスクロニクル:9,696円のギフトコードが総勢96名に当たるキャンペーンをスタート!事前登録件数も5万件を突破!
LINE:外務省協力のもと、小学生から高校生までの児童・生徒を対象に「SDGs LINEスタンプコンテスト」を開催
LINE:「LINE:ドラえもんパーク」がドラえもんの誕生日を記念して、本日より配信開始!

コミュニケーションカテゴリの最新記事

LINE NEWS:放送局との動画連携「Replay Cast」を提供開始フジテレビとタッグを組み、9月14日(土)開幕の「ワールドカップバレー」の見どころをリアルタイム配信
LINE:LINE Pay支払い限定でオトクに映画鑑賞できる 「LINE Payシネマデイ」スタート!
クロスクロニクル:9,696円のギフトコードが総勢96名に当たるキャンペーンをスタート!事前登録件数も5万件を突破!
LINE:外務省協力のもと、小学生から高校生までの児童・生徒を対象に「SDGs LINEスタンプコンテスト」を開催
LINE:「LINE:ドラえもんパーク」がドラえもんの誕生日を記念して、本日より配信開始!

ツールカテゴリの最新記事

LINE NEWS:放送局との動画連携「Replay Cast」を提供開始フジテレビとタッグを組み、9月14日(土)開幕の「ワールドカップバレー」の見どころをリアルタイム配信
LINE:LINE Pay支払い限定でオトクに映画鑑賞できる 「LINE Payシネマデイ」スタート!
クロスクロニクル:9,696円のギフトコードが総勢96名に当たるキャンペーンをスタート!事前登録件数も5万件を突破!
Simeji:SNSを制す者は、時代を制す?Simejiランキングが10代女子3,000人に調査! 「好き!憧れる!!モデルTOP10」
LINE:外務省協力のもと、小学生から高校生までの児童・生徒を対象に「SDGs LINEスタンプコンテスト」を開催


タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る