その他

error1

8月15日、Microsoft運営のTechNet Blogsの日本セキュリティチーム(JSECTEAM)は、8月13日に配信されたWindowsの更新プログラムを適用したパソコンで、OSの異常終了や再起動に失敗するなどの問題が発生する事を発表しました。
サイトでは、問題が発生した場合の復旧方法などを公開しています。



Windows Updateに注意

今回の問題は、Windows Update配信直後から一部掲示板やSNSなどで多数報告されており、主な症状としては、青い画面にエラーメッセージが表示される所謂「ブルースクリーン」の発生や、PC起動時のフリーズ、最悪の場合PCが起動しなくなるなどの報告がされています。

これはTechNet Blogsによると、

以下のいずれかの更新プログラムをインストールした後、Stop 0x50 エラーが発生しコンピューターが異常終了する場合があります。また、このエラーは、再起動後にも発生し起動に失敗する場合があります。

2982791 [MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014 年 8 月 12 日)
2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows
2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2
2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012

との事です。

該当プログラムの確認とアンインストールは以下の手順で行います。(Windows 7の場合)

20140818001

左下のスタートボタンから「コントロールパネル」を選択

2014-08-18_11h15_08

「プログラムと機能」を選択

2014-08-18_11h15_36

左上の「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック

wid

更新プログラムの一覧が表示されるので、該当プログラムがインストールされているか確認しましょう。アンインストールしたい場合は右クリックのメニューもしくは上部の「アンインストール」から行えます。
現在特に問題が発生していない場合でも、2度目の再起動時にフリーズしたなどの報告もあるので、アンインストールしていた方が無難かもしれません。

また、TechNet Blogsでは既に問題が発生し、起動不能に陥った場合の復旧方法なども公開されているので、詳しくはそちらを参照してください。

関連情報

【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある|TechNet Blogs







関連記事




タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る