LINE:LINE Pay、イオン銀行と連携

 
LINE
価格:無料
開発:LINE Corporation


LINE Pay株式会社は、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開する“スマホのおサイフサービス”「LINE Pay」(https://line.me/pay)において、決済プラットフォームとしての利便性向上を目的に、株式会社イオン銀行と連携いたしことを発表しました。

提携概要

「LINE Pay」は、「LINE」を通じてユーザー間での送金や、提携サービス・店舗での決済を簡単・便利に行うことができるモバイル送金・決済サービスです。

モバイル時代の新たな決済インフラをめざし、2014年12月のサービス開始以降、ユーザーがより安心して簡単・便利に利用できる環境整備の一環として、外部企業との連携、ECサイト・アプリの加盟、「LINE Pay カード」の発行、スマートフォンだけで支払い可能なQR/バーコード決済加盟店拡大など、様々な取り組みを通じて事業を推進しています。

イオン銀行に口座を持っているユーザーは、「LINE Pay」のチャージ画面で利用の銀行を選択し、自身の口座を登録*1することができます。

初回登録以降は、アプリ内の操作のみで登録した口座から「LINE Pay」に直接チャージすることができます。

また、「LINE Pay」が連携する銀行は本連携により全69行となりました。

*1:「LINE Pay」の利用に際しての本人確認および口座振替登録は、口座番号などの必要情報を入力後、提携銀行のWEBページに連携し、口座振替受付サービス及びそのオプション機能を利用して行います。

【LINE Payと連携する銀行】

(全69行)
みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、横浜銀行、伊予銀行、滋賀銀行、百五銀行、親和銀行、福岡銀行、秋田銀行、十六銀行、熊本銀行、千葉銀行、北洋銀行、八十二銀行、ゆうちょ銀行、鳥取銀行、愛媛銀行、静岡銀行、百十四銀行、北陸銀行、北海道銀行、足利銀行、常陽銀行、東邦銀行、広島銀行、京葉銀行、武蔵野銀行、群馬銀行、香川銀行、北日本銀行、高知銀行、大光銀行、第三銀行、大東銀行、中京銀行、徳島銀行、栃木銀行、トマト銀行、荘内銀行、北都銀行、阿波銀行、七十七銀行、愛知銀行、福井銀行、じぶん銀行、京都銀行、ジャパンネット銀行、みちのく銀行、仙台銀行、三重銀行、四国銀行、楽天銀行、青森銀行、岩手銀行、東和銀行、千葉興業銀行、山形銀行、山梨中央銀行、筑波銀行、SBJ銀行、きらやか銀行、東北銀行、北越銀行、第四銀行、福島銀行、イオン銀行
※開始日・五十音順

■ニュースソース
公式サイト




LINE
価格:無料
開発:LINE Corporation



iPhone版はこちらからDL


おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名LINE
対応OS端末により異なります
バージョン端末により異なります
提供元LINE Corporation
レビュー日2018/10/30
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者