Android(>アンドロイド)ニュース

2018/11/11 Android(アンドロイド)ニュース

UQコミュニケーションズが「UQ mobile」と「UQ WiMAX」の新商品を発表しました。UQ mobileからは「OPPO R17 Neo」と「AQUOS sense2」の2機種、UQ WiMAXからは「Speed Wi-Fi NEXT WX05」と「WiMAX HOME 01」の2機種です。また、KDDIと楽天がモバイル通信サービスを含めた複数の事業領域で提携することを明らかにしました。楽天のモバイル通信サービスでは当面一部エリアを除き、auのインフラを使うことになります。そして、NTTドコモ(以下、ドコモ)が料金を値下げし、年間で4,000億円規模のユーザー還元を行うことを明らかにしました。



新製品

(1) UQ mobile

(OPPO R17 Neo)

UQ mobileから今冬モデルの新製品としてOPPO JAPANのR17 NeoとシャープのAQUOS sense2が発表されました。R17 Neoは日本市場ではUQ mobile専売モデルとなるため、UQ mobileでしか購入できません。一方のAQUOS sense2はドコモやauなど複数のキャリアが取り扱うため、UQ mobile以外での購入も可能ですが、機種そのものが優れているためUQ mobileのラインナップにとってもいい製品だと言えそうです。

価格はR17 Neoが38,988円、AQUOS sense2が36,396円です。

R17 Neoは6.4インチの高解像度ディスプレイを搭載するスマートフォンで、大型ディスプレイながらボディの重さが約156gと軽く、さらにはディスプレイ中に指紋認証センサーを搭載する「ディスプレイ指紋認証」機能を備えています。非常に便利なシステムです。また、ディスプレイパネルは有機ELで、明るくコントラストが高いという表示性能面での魅力もあります。

各社のハイエンドマシンでは標準化してきたカメラでのAIを活かした機能も搭載します。自動でシーンを認識し、適切と思われる設定で撮影できます。

(AQUOS sense2)

一方のAQUOS sense2は指紋認証センサーがホーム、戻る、履歴キーとして使える点が非常に便利な魅力です。IGZO液晶で、省電力性能に優れる上、表示性能も旧機種から改善されています。サイズは5.5インチです。

防水・防塵、おサイフケータイ対応など、日本市場での定番機能を搭載する。また、カメラでのAI活用もあります。

(2) UQ WiMAX

(Speed Wi-Fi NEXT WX05)

UQ WiMAXからはWiMAX 2+とau 4G LTEに対応するモバイルWi-Fiルーターの「Speed Wi-Fi NEXT WX05」とホームルーターの「WiMAX HOME 01」が登場します。どちらもNECプラットフォームズ製。近年のUQ WiMAXのラインナップはNECプラットフォームズとファーウェイ・ジャパン、2社による製品だが、今回はNECプラットフォームズの製品が2つ登場ということになります。

WX05はモバイルデータ通信性能に関しては特筆すべき点はなく、下り最大440Mbps、上り最大75Mbps(WiMAX 2+のみだと最大30Mbps)対応。しかし、「WiMAXハイパワー」対応なので、電波が届きにくいエリアには強いです。Wi-Fiに関しては、「ビームフォーミング」、そして専用クレードルが持つ「Wウイングアンテナ」によって、安定して速い通信が可能となっています。

ホームルーターのWiMAX HOME 01も下り最大440Mbps、上り最大75Mbps(WiMAX 2+のみでは最大30Mbps)に対応します。Wi-Fiに関しては同時接続可能台数は20台で、有線接続も合わせると最大22台の機器をWiMAX HOME 01経由でインターネットに繋げることができます。

WX05と同様、WiMAXハイパワー、Wi-Fiでのビームフォーミングにも対応します。

業界ニュース

(1) KDDIと楽天が提携

2019年10月をめどに携帯電話サービスの提供を開始予定の楽天だが、インフラ整備が間に合わないことは予想されていたことで、その対策に注目が集まっていたが、KDDIと提携することを明らかにしました。

具体的には、東京23区、大阪市、名古屋市のみ自前のインフラでスタートし、整備が完了した場所から自前のインフラでサービスを提供していくことになりますが、整備が完了していない場所に関してはauのインフラを使うことになります。それによってサービス提供開始時から全国エリアで楽天の通信サービスを使えることになります。auのインフラを使うローミング協定は2026年3月末までなので、2026年4月以降は全エリアで自前のインフラを使うことになります。

また、決済サービス、物流サービスの分野でも両社は提携します。決済サービスでは「楽天ペイ」のプラットフォームをKDDIが活用したり、物流サービスでは楽天市場で利用する「楽天スーパーロジスティクス」などのノウハウ/サービスをKDDIのショッピングモール「Wowma!」で活用します。

(2) ドコモが値下げ

ドコモが決算説明会の場で、2019年度の値下げを発表しました。年間で最大4,000億円規模のユーザー還元になるとしていますが、現在の料金プランよりも2から4割値下げする、とのことです。ユーザーごとに値下げ幅、すなわち還元度合いは異なりますので、詳しい内容を知りたいところですが、春まで待つ必要があります。

あとがき

通信各社の秋冬、来春モデルが一通り発表され、落ち着きましたね。今回はUQ mobileとUQ WiMAXの新製品も発表されました。格安スマホ/SIMサービスは数多いですが、UQ mobileはauのインフラも良く、一定以上の通信速度を比較的安定してキープしてくれるので、オススメサービスの一つです。

今週もGAPSIS編集部がオクトバさんに出張してお伝えしました! 次回もお楽しみに!!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る