Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

Android(アンドロイド)特集記事, コミュニケーション, その他SNS

出会いの数を手軽に増やしたいならマッチングアプリもアリ!

マッチングアプリのwithって実際のところ出会えるのか?

今回は、他のマッチングアプリと比較したwithのメリット・デメリットと実際にwithを使って出会えるか解説します。

withのメリット① 性格診断イベントがある

性格を診断するグラフ「性格診断イベント」がウリですが、これは、相手との共通点を数字で表して、共通項が多い異性を見つけやすくなるという仕組みです。

「恋愛メンタリズム:100%一致イベント」と称して、自分と100%同じ選択をした人を見ることができるのが面白いですね。

パッと見ただけで相手の趣味や共通点が分かるようになっているのですが、心理テストを受けるような感じで登録するので、気軽に楽しみながらできるのもポイント。

同じフェイスブックを利用した「pairs(ペアーズ)」や「Omiai(オミアイ)」などのマッチングアプリと比較すると、メンタリストDaiGoさん監修だけあって心理学面からもアプローチしてマッチングしやすいという特徴があります。何だか親近感がわく作りになっています。

2人の共通点が分かるので、自分にふさわしい異性の存在が見つけやすくなります。

共通の話題がない人と話すのって疲れるときがあるので、最初から好みが合いそうな人を紹介してくれるのは嬉しいですよね。

事前に共通点を知った上で話をすると、きっかけがつかみやすくずっと連絡を取り合うことができますし、話が盛り上がること間違いなし。

リアルで出会ったときにも趣味の話などで会話がはずむので好都合です。2人の関係がより親密なものとなりやすいのですね。

withのメリット② 友達バレしない

友達にばれない恋愛・婚活マッチングアプリのwithは、フェイスブックと連動していますが、活動していることがフェイスブックの友達にバレません。

本名が表示されることはなく(イニシャル表記)、フェイスブックのウォール上に反映されることもありません。

フェイスブックの友達の検索結果やタイムラインに出ないことから、仕事関係やプライベートの友人にバレませんので、安心して活動できますね。

withのメリット③ サクラ対策が万全

交際が始まってもマッチングアプリをやめない男性に注意

マッチングサイトなどでは、やはりサクラの存在が気になりますが、ウィズは登録するためにフェイスブックのアカウントが必要で、同時に友達が10人以上いないとダメです。このため、サクラは入り込みにくい環境になっているのです。

24時間365日いつでも安心して使えるように、監視やサポート体制も整っています。

プロフィールや年齢確認画像は厳正にチェックされています。

悪質ユーザーは強制退会されますし、不審なプロフィールは非表示になり、ユーザーによる通報システムもあります。

withのメリット④ 運営会社が大手

株式会社イグニスは、新感覚スマホRPG「ぼくとドラゴン」などのスマートフォン向けアプリを手がけている急成長中の上場企業です。「だーぱん」という可愛らしいパンダが登場する便利系アプリでも有名ですね。

怪しい出会系アプリとは無縁な会社ですので、安心安全です。

withのメリット⑤ 男女の比率がちょうど良い

男女比率ウィズは会員の男女比が6:4でちょうど良いのもポイントです。

女性無料の場合、男性側はどうしてもお金を使いたくないので男性会員が極端に少ないことがあります。

それゆえ女性がすぐに退会してしまったり、サクラが多いケースもありますね。

取り敢えずアカウントだけ持っていて全く活動しない会員は少なく、本気で恋活・婚活している人が多いです。メッセージを送るとすぐに返事が返ってくる感じですね。

withのメリット⑥ 会員数が増加中

彼氏が婚活アプリを辞めないのはなぜ?5つの理由

会員数が増えるグラフウィズは厳正な監視システムを持っていますし、フェイスブックを利用しているのでサクラが侵入しにくいため安心して恋活や婚活をすることができます。

心理学や占いなどが好きな20代から30代の女性が多く活動しています。

女性会員は、2017年3月現在で79,178人います。

2016年以降かなりの勢いで会員数も増えてきていますし、男性の有料会員の割合が少ない今、男性にとってはかなり有利になっています。

他のマッチングサイトよりカップルになりやすいという評判も高く、真剣に異性と出会いたいと考えている人にはちょうど良いアプリといえますね。

withのメリット⑦ 心理学を応用している

ウィズは、出会いやマッチングに心理学や統計学を利用しています。メンタリストDaiGoさん監修という点が、他にはないマッチングの高さを実現しているのです。

質問形式で性格診断をして、自分と同じ価値観の異性にアプローチできるようになっているので、ムダがありませんよね。

異性会員との相性が○%と表示されるアプリは過去にもたくさんありましたが、いまいち信頼度にかけるというか、何を根拠にしているか分からないものもありましたが、ウィズなら、心理学を応用しているので2人の共通点の数字は確実性が高いでしょう。

でも、この数字ばかりに頼るのではなくて、自分で相手を見抜く目を養うのも大切なポイントですよ。

withのメリット⑧ 料金がちょっと割安

安い同じFacebookを利用した恋活・婚活アプリの「pairs」や「Omiai」と比較すると、ちょっと安い料金設定になっています。

withの有料会員と無料会員

withは、パソコンやスマホのブラウザでの決済とアプリでの決済で、料金が違うので注意する必要があります。

クレジットカードを持っているなら、パソコンやスマホのブラウザ決済が一番お得です。

アプリからでなくて、SafariやらChromeなどのブラウザからログインして料金の決済をするのです。

12ヶ月プランで一括21,600円(1,800円/月)となります。

これがAppleID決済になると、12ヶ月プランで一括24,800円(2,070円/月)となり、GooglePlay決済なら同プランが一括24,000円(2,000円/月)になります。

パソコンで決済しても、どの端末でもアプリで利用できるので、どうせならクレジットカードでブラウザ決済すると良いでしょう。

月額料金に加えて、プラチナプランというのも用意されています。

2,800円/月(AppleID、GooglePlay決済なら3,400円/月)で、毎月のいいね!数が30回から50回になったり、足あと閲覧制限が5人から無制限になるなど、恋活・婚活を有利に運ぶことができるようになります。

omiaiのプレミアムパック(月額3,980円)と比べると、やはり1,000円ほど安くなっていますから、ウィズの方がお得という結論です。







関連記事



Android(アンドロイド)特集記事カテゴリの最新記事

NEWS:【2019年】マッチングアプリ利用者の3人に2人は出会ってた – 利用実態調査 マッチングアプリなび
マッチングアプリの写真の撮り方にコツはあるの?
マッチングアプリで関係を良くする会話の仕方とメッセージづくりのコツ
Pairs(ペアーズ)でヤリモクと本気な人の見分け方【真面目さん必読!】
with(ウィズ)で無料でできること、有料でできること

コミュニケーションカテゴリの最新記事

LINEデリマ:3日間限定でピザやお寿司など人気チェーンのメニューが半額に! 今年最後の「半額フェス」が8月23日からスタート
LINE:トークルームごとにプロフィール設定を変更できる大型新機能『OpenChat』を提供開始
LINE:LINEが提供するプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」始動
LINE:2019年7月度のLINEスタンプ、LINE着せかえ、LINE絵文字における月間MVPが決定
LINEキャリア:エン・ジャパンの採用支援ツール「engage」と連携国内最大級の求人掲載数を目指し求人情報の無料掲載を9月よりスタート

その他SNSカテゴリの最新記事

NEWS:【2019年】マッチングアプリ利用者の3人に2人は出会ってた – 利用実態調査 マッチングアプリなび
Coke ON:1,500万ダウンロードを突破 ! 「ドリンク購入で全員もらえる1,500万スタンプ山分け!」Coke ONキャンペーンを開催
マッチングアプリの写真の撮り方にコツはあるの?
マッチングアプリで関係を良くする会話の仕方とメッセージづくりのコツ
Pairs(ペアーズ)でヤリモクと本気な人の見分け方【真面目さん必読!】


タグ: , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る