Android( class=アンドロイド)ニュース" width="640" height="30" />

2019/03/27 Android(アンドロイド)ニュース

NTTドコモ(以下、ドコモ)から8日にモバイルWi-Fiルーターの新製品「Wi-Fi STATION HW-01L」が登場です。HW-01Lは下り最大1,288Mbpsと、1Gbps超の最大速度対応が大きな魅力です。ASUS JAPANから「ZenFone Max(M2)」と「ZenFone Max Pro(M2)」が発表されました。また、コンテンツサービスではウォルト・ディズニー・ジャパンとドコモから「Disney DELUXE」が26日から提供開始となることが明らかにされています。



新製品

(1) ドコモ、Wi-Fi STATION HW-01L

ドコモからついに超速ルーターが登場です。8日に「Wi-Fi STATION HW-01L」が発売となっています。

ドコモが東名阪の一部エリアから提供を始めた下り最大1,288Mbpsのサービスに対応することがHW-01L最大の特徴ですが、上り側の最大131.3Mbpsにも対応している点も大きな特徴です。昨今はSNSでの動画ファイルのアップロード機会なども増えてきましたし、上り側の速度が速いことも魅力的ですよね。

モバイルルーターなので速度面以外で何か際立った特徴があるわけではありませんが、比較的バッテリー容量が大きいです。3,000mAhのバッテリーを積んでいます。その分、若干大きく重いです。130 x 66 x 13.8mmで、重さは150g台なので、そこそこです。

専用クレードルに乗せれば有線でクライアント機器をインターネットに繋ぐことも可能です。

(2) ASUS「ZenFone Max(M2)」と「ZenFone Max Pro(M2)」

(ZenFone Max(M2))

ASUSから「ZenFone Max」シリーズに新顔登場です。「ZenFone Max(M2)」(ZB633KL)と「ZenFone Max Pro(M2)」(ZB631KL)です。どちらも15日発売です。

両方とも6.3インチのディスプレイサイズは同じですが、解像度、CPU、ストレージ容量、バッテリー容量など様々な点でスペックが異なりますし、デザインも違います。価格はZenFone Max(M2)が26,500円、ZenFone Max Pro(M2)が35,500円です。この価格差分のスペック差がある、といった感じで捉えればいいと思います。

ZenFone Max(M2)のディスプレイ解像度は1,520 x 720ドット、ZenFone Max Pro(M2)は2,280 x 1,080ドットです。どちらも縦長なので縦方向のドット数が大きいですが、ベースはHDとフルHDということになります。そのため、前者は比較的エントリー向け、後者はミドルエンドといった感じです。CPU、ストレージ容量なども同様にPro版の方が良いです。

(ZenFone Max Pro(M2))

Maxシリーズならではの大容量バッテリーも特徴ですが、ZenFone Max(M2)が4,000mAhで、Pro版が5,000mAhです。このバッテリーを使って、外部機器を充電することもできます。

どちらかお得かとなると難しい判断ですが、Pro版の方がスマートフォンとして高性能なのは確かですね。ですが、ゲームをあまり遊ばない方の場合、ZenFone Max(M2)で十分かもしれません。長時間駆動できますし、ZenFone Maxシリーズは結構オススメです。

コンテンツサービス

(1) ディズニーの新サービス

(C)Disney.

ウォルト・ディズニー・ジャパンとドコモが26日より「Disney DELUXE」(ディズニーデラックス)と言う名のサービス提供を開始します。

ディズニーデラックスはドコモのユーザー専用サービスではなくオープンなサービス。月額700円で提供される。ディズニーには今や様々なIPがあるので、ディズニーデラックスは複数のサービスとアプリで構成される。

ディズニーの様々な動画を視聴できる「Disney THEATER」、そしてディズニー、ピクサーの公式コンテンツが使い放題のアプリ「Disney DX」、「スター・ウォーズ」のファン向けアプリ「STAR WARS DX」、マーベルファン向けアプリ「MARVEL DX」だ。

(C)Disney.

動画配信では他の定額制動画配信サービスでは未配信の作品の配信などもあるので要チェックだ!
Disney DELUXE公式サイト

通信サービス

(1) 「My au」アプリのリニューアル

ソフトバンクが実施中のキャンペーン「ギガ放題キャンペーン」は4月7日終了予定でしたが、9月末まで延長となることが明らかになっています。

このキャンペーンは「ウルトラギガモンスター+」の加入者向けのもので、通常なら指定サービスのみが使い放題のところ、どんなサービスでもデータ通信が使い放題になる、というものです。すなわち、現状では実質的に「データ通信が使い放題」というわけです。

キャンペーンが終了すると、指定サービスだけが使い放題、という状態に戻ります。現時点での指定サービスはYouTube、AbemaTV、hulu、LINE、Twitter、Facebookなどです。

あとがき

ディズニーから新しいコンテンツサービスが登場しました。過去に「Hulu」や「Netflix」などの定額制動画配信サービスで配信されたことのない作品も配信されるので、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルなどのファンには注目のサービスと言えます。定額制動画配信サービス市場はグローバルで見てもNetflix、Amazonプライムビデオ、Huluなど大手が強い状況でしたが、Appleが本格参戦を表明したり、他にも大手が続々と参入予定です。一度落ち着いたと思われた市場ですが、再び戦国時代に入るのでしょう。今後どうなるのか気になりますし、非常に多くの人気IPを抱えるディズニーの動きには注目です!

今週もGAPSIS編集部がオクトバさんに出張してお伝えしました! 次回もお楽しみに!!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る