トレバ:20名様にAmazonギフト券500円分プレゼント! ステキな景品情報をお届けするYouTubeチャンネル『トレバTV』開設記念キャンペーン開催!

 
トレバ
価格:無料
開発:サイバーステップ株式会社


近年、スマートフォンやパソコンにおける新しいサービスとして注目を集めているのが、オンラインクレーンゲーム。

サイバーステップ株式会社が開発・運営する「見て楽しい遊んで楽しい」オンラインクレーンゲーム『トレバ』は、2019年6月28日(金)より、ステキな景品情報をお届けする公式YouTubeチャンネル『トレバTV』を開設しました。

これを記念して抽選で、20名様にAmazonギフト券500円が当たる「YouTubeチャンネル『トレバTV』開設記念キャンペーン」が開催中です。

【YouTubeチャンネル『トレバTV』開設!】

ステキな景品を実際にさわって、使って、紹介するYouTubeチャンネル『トレバTV』が開設されました!

記念すべき第1回目の放送では、トレバでおなじみのキャラクター「トレタ」と一緒に、「ホットサンドメーカー」や、トレバオリジナルグッズなどをご紹介!

トレバの景品である「ホットサンドメーカー」を使って、本当に美味しい「ホットサンド」が作れるのか!?

かわいいオリジナルグッズの情報も満載ですので、ぜひチェックしてみてください!
トレバTV

【プレゼント企画あり】第1回!最後まで見るとお得な情報が…!?

今後も『トレバ』の様々なステキな景品やコンテンツを動画で紹介していく予定です。

乞うご期待!

【YouTubeチャンネル『トレバTV』開設記念キャンペーン開催!】

チャンネル開設を記念して抽選で、20名様にAmazonギフト券500円分が当たる「YouTubeチャンネル『トレバTV』開設記念キャンペーン」を開催中です!

対象期間中に『トレバTV』をチャンネル登録。

「公式Twitter」もしくは「公式Instagram」をフォローし、第1回の動画のコメント欄に「Twitter」もしくは「Instagram」のIDを記入すれば応募完了!

詳細はコチラから
https://www.toreba.net/info/topic/info_news/605301

【開催期間】

2019年6月28日(金) ~ 2019年7月5日(金)まで

【プレゼント内容】

Amazonギフト券500円分

【キャンペーン参加方法】

①トレバ公式YouTubeチャンネル『トレバTV』をチャンネル登録!

②トレバ公式Twitter(@cs_toreba)もしくはトレバ公式Instagram(@cs_torebagram) をフォロー!

③第1回の動画にTwitterもしくはInstagramのIDをコメントで記入し応募完了!

※このキャンペーンは日本国内限定となります。

※抽選の際にトレバ公式Twitterもしくはトレバ公式Instagramをフォローしている必要があります。

※当選者の発表はTwitterもしくはInstagramのDMでのご連絡をもって代えさせていただきます。

※集計時に非公開のアカウントはキャンペーン対象外となります。

オンラインクレーンゲーム『トレバ』

『トレバ』は、インターネットを通して遠隔操作を行い、いつでもどこでも本物のクレーンゲームが遊べるサービスです。

パソコン、スマートフォンアプリ、Amazon Fire TV、Nintendo Switch™でお楽しみ頂けます。

クレーンゲーム筐体には複数のカメラ視点が用意されており、様々な角度から操作を確認することが出来ます。

人気キャラクターのぬいぐるみやフィギュアなどの定番アイテムから、日用雑貨やユニークなおもちゃなど、豊富なラインナップを取り揃えております。

▽『トレバ』ダウンロードURL

Android版アプリ

iOS版アプリ

Amazon Fire TV版

Nintendo Switch版

Web版

▽「トレバ」運営チーム公式SNS
トレバ公式Twitter

トレバ公式Instagram

(C)2019 CyberStep, Inc. All Rights Reserved.

■ニュースソース
公式サイト




トレバ
価格:無料
開発:サイバーステップ株式会社



iPhone版はこちらからDL


おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名トレバ
対応OS端末により異なります
バージョン端末により異なります
提供元サイバーステップ株式会社
レビュー日2019/06/30
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者