Android News

Android(アンドロイド)ニュース

NTTドコモ(以下、ドコモ)が今冬・来春モデルを発表しました。既に一部の機種は発売されていて、今後順次販売開始となる予定です。また、ソフトバンクも秋冬モデルを発表。やはり一部機種はすでに発売となっています。Googleの「Pixel 4」シリーズが発表され、販売開始となっています。



新製品

(1) ドコモ 2019冬-2020春モデル

ドコモの新製品ラインナップが発表されました。下記の通りです。

・Galaxy Note10+(サムスン電子):10月18日
・Xperia 5(ソニーモバイルコミュニケーションズ):11月1日
・Galaxy A20(サムスン電子):11月1日
・AQUOS sense3(シャープ):11月上旬
・らくらくホン F-01M(富士通):11月下旬
・AQUOS zero2(シャープ):今冬
・キッズケータイ SH-03M(シャープ):今冬
・ドコモ テレビターミナル02:来春

大抵は3キャリア中で最も機種のラインナップが多いドコモですが、今季に関してはauの方が多いです。ですが、ラインナップはなかなかいい顔ぶれです。

ハイエンド機種はGalaxy Note10+、Xperia 5、AQUOS zero2で、Galaxy A20、AQUOS sense3はミドルエンド機種、らくらくホンが1つ、キッズケータイとテレビターミナル02が1機種ずつとなっている。意外と良いラインナップではないかと思う。

Xperia 5は「Xperia 1」より若干小型化され、扱いやすくなっています。

(2) ソフトバンク 2019秋冬モデル

(Xperia 5)

ソフトバンクの秋冬モデルは5機種と少ないですが、やはり意外と悪くありません。ラインナップは下記の通りです。

・Pixel 4(Google):10月24日
・Pixel 4 XL(Google):10月24日
・Xperia 5(ソニーモバイル):10月25日
・LG G8X ThinQ(LGエレクトロニクス):12月上旬以降
・AQUOS sense3 plus(シャープ):12月上旬以降
・キッズフォン2(セイコーソリューションズ):12月上旬以降
・AQUOS zero2(シャープ):2020年1月下旬以降

Pixel 4シリーズについては後述しますが、通信キャリアの扱いはソフトバンクのみです。

(LG G8X ThinQ)

また、LG G8X ThinQは、ソフトバンクのみで販売される製品で、特殊な専用ケースを使うことで2画面折り畳みスマートフォンライクになります。というのも、フリップケースのフリップ裏にディスプレイが搭載されているからです。その画面を第二画面として活用できます。

(LG G8X ThinQ用のケースを繋げたところ)

Google

(1) Pixel 4、Pixel 4 XL

すでに日本でも発売されていますが、GoogleのPixel 4とPixel 4 XLが登場しました。SIMフリー版のほか、先ほど紹介したようにソフトバンク版が用意されています。

Pixel 4とPixel 4 XLが対応する通信方式は、LTEのバンド1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/21/25/26/28/38/39/40/41/42/66で、簡単にいえばドコモ、au、ソフトバンク、いずれの通信サービスも利用できますので、基本的に国内のどの通信サービスでも利用可能ということになります。

Pixel 4は5.7インチ、Pixel 4 XLは6.3インチのディスプレイを搭載します。基本的な部分は共通ですが、やはりディスプレイサイズの違いに伴うボディサイズの違い、バッテリー容量などが異なります。

あとがき

通信キャリアの新製品ラインナップが出揃いましたね。今シーズンに関してはやや独自製品が少なく、3キャリアで多くの機種が共通していて、寂しいといえば寂しいですが、厳選ラインナップでもありますので、実際に買う分には悪くありません。

今週もGAPSIS編集部がオクトバさんに出張してお伝えしました! 次回もお楽しみに!!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る