auスマートパス対応アプリ

『NAVITIMEドライブサポーター for auスマートパス』安心の定番カーナビ!ポイントも貯まる!

 
NAVITIMEドライブサポーター for auスマートパス

【アプリの特徴】

  • 定番中の定番! 各種交通系アプリでお馴染みのナビタイムのカーナビアプリ!
  • 渋滞情報、オービス、事故多発地点・逆走注意地点などの案内のほか、駐車場やガソリン価格にも対応!
  • ドライブしてポイントが貯まり、応募・抽選でAmazonギフト券が当たるかも!

NAVITIMEドライブサポーター for auスマートパス


 

『NAVITIMEドライブサポーター for auスマートパス』の概要

『NAVITIMEドライブサポーター for auスマートパス』は、『NAVTIME』シリーズで乗換案内アプリや各交通手段向けアプリなどを手掛けるないタイムジャパンによるカーナビアプリです!

注目ポイントは、通常であれば月額400円の有料機能/サービスとほぼ同等のサービスを無料(追加課金なく)で利用できることです! 名称から分かるように『auスマートパス』向けアプリなのでauスマートパスの会費は掛かりますが、とてもお得です!

掲載画像にも書かれているように、見やすい地図、わかりやすいナビになるよう交差点イラストやレーン案内など、様々な工夫が凝らされていますし、駐車場の空き状況やガソリンスタンドにおけるガソリン価格なども表示できます。ただし、全ての駐車場やガソリンスタンドが対応しているわけではありません。

また、オービス情報に対応し、どこにオービスがあるかを案内してくれますし、事故多発地点や逆走注意地点などがある場合にも教えてくれます!

さらに、『ナビタイムマイレージ』機能でマイレージポイントが貯まります! このポイントを使って応募し、当選するとAmazonギフト券が貰えたりします!

下に掲載したのはGoogle Playで配信中の通常版の紹介動画ですが、参考になると思います。

 

細かい機能をチェック!

ナビタイムのドライブサポーターアプリはガラケー時代から携帯電話用のカーナビアプリとしては老舗で、当時から定番中の定番、有力アプリの一つでした。それは現在でも変わっておらず、未だにオススメしやすい選択肢の一つです。さすがに今では『Googleマップ』がかなり優秀になってきたので、Googleマップを使っている方も多いと思いますが、ドライブサポーターには日本の企業による老舗サービスとしての細やかな点があります!

まず、経由地の設定を複数できるので、複数個所を巡るルートをナビゲーションして欲しいときに便利です! とはいえ、それだけならGoogleマップでも可能ですが、便利なのは「細道回避」「スマートIC考慮」「ETC割引料金考慮」などの条件も設定できることです!

また、車載ナビと同様、推奨ルートのほか、高速道使用ルート、一般道ルート、距離を短くしたいルートなど、複数の条件別ルートを提示してくれます。この辺りもナビ専用アプリならではです。

そして、前述したように、駐車場、ガソリンスタンド表示において、料金や空き情報をチェックできるのも便利です!

こうした駐車場情報などはナビタイムの公式Webサイトでもチェックできますが、ドライブサポーターならアプリで手軽に調べられるので便利ですし、もちろんアイコンをタップすれば詳細情報もチェック可能です。

地図上に表示できるスポットは下記の通りです。これらのスポットは表示・非表示をユーザーが選んで設定できます。画面が煩雑になりすぎる場合には不要なスポットをオフにすればいいでしょう。

『EV充電スタンド』や『ドライブスルー』『オービス』『ネズミ捕り』などもカーナビアプリならではですね。

 

まとめ

『NAVITIMEドライブサポーター for auスマートパス』は本格的なカーナビアプリで、老舗ならではの細かな設定や機能でとても便利です!

車載ナビ、Googleマップナビなどとの併用もいいでしょうし、『auスマートパス』のユーザーはスマートフォンに入れておくと役立つと思います!

最優秀マッチングアプリ人気9選|編集部が徹底検証した厳選アプリ!



NAVITIMEドライブサポーター for auスマートパス





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名NAVITIMEドライブサポーター for auスマートパス
対応OSAndroid 4.1 以上
バージョン6.17.5
提供元株式会社ナビタイムジャパン
レビュー日2019/11/24
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者