Android News

Android(アンドロイド)ニュース

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するフリマアプリの楽天「ラクマ」は、2020年7月14日(火)でサービス開始から8周年を迎えました。

楽天「ラクマ」では、8年間に起こったこれまでの出来事と、年度別・都道府県別の売れ筋ブランドから見る取引トレンドの変遷をまとめています。

また、ユーザーへの感謝の気持ちを込めて、抽選で8人に1人へ、購入金額の8%分がポイントバックされる特典が当たる「8日間限定!ラクマ8周年記念キャンペーン」を開催しています。

●楽天「ラクマ」、8年間の出来事をまとめた年表

2020年6月には2,500万ダウンロードを突破

楽天「ラクマ」は、2012年7月に日本初のフリマアプリ「フリル」として誕生し、主に女性ユーザーを中心に拡大してきました。

その後、2018年に男性ユーザーが多かった「旧ラクマ」とサービス統合し、現在の楽天「ラクマ」になっています。

2020年2月からは、山﨑 賢人さんをイメージキャラクターに起用したCMを公開し、さらに2020年6月には、アプリのダウンロード数が2,500万を突破しました。

●8年間の売れ筋ブランドランキング

2019年の人気ブランドTOP3は、1位「NIKE」、2位「Supreme」、3位「CHANEL」

※自社調べ。各年における楽天「ラクマ」で購入された商品の登録ブランドを基に、取引件数を算出。

2012年から2019年までの各年におけるブランドの取引データを基に、「8年間の売れ筋ブランドランキング」TOP3を振り返りました。

【2012年~】10代・20代女性に支持されるファッションブランドやファストファッションブランドが人気

2012年は1位「INGNI」、2位「LOWRYS FARM」、3位「dazzlin」となり、国内のレディースカジュアルブランドがランキングを占めていました。

その後、2015年から2017年までの3年間は、スペインのファストファッションブランド「ZARA」がTOP3に入り、2017年には「UNIQLO」が3位にランクインするなど、フリマアプリの取引でもファストファッションブランドが台頭しました。

【2018年~】メンズストリート系ブランドが人気に

2018年からは、 「NIKE」や「Supreme」などのメンズストリート系ブランドの取引が急増しました。

この背景には「フリル」と「旧ラクマ」のサービス統合により、男性ユーザーによる取引が増えたことに加え、ストリート系ファッションに対する世の中の注目が高まっていたことが影響していると考えられます。

2018年は1位「Supreme」、2位「NIKE」、2019年は逆転して1位「NIKE」、2位「Supreme」となりました。

楽天「ラクマ」の売れ筋ブランドランキングでは様々なファッションブランドがランクインしていますが、世の中のファッショントレンドの変化が楽天「ラクマ」における取り引きにも反映されていることが分かりました。

●都道府県別 売れ筋ブランドランキング

山口県では「UNIQLO」、「GU」、福島県では「BANDAI」が人気。地域ごとの違いが明らかに

※自社調べ。各年における楽天「ラクマ」で購入された商品の登録ブランドを基に、取引件数を算出。

出典: 2020年1月1日(水)~2020年6月15日(月)の取引データ

楽天「ラクマ」の購入取引数データを基に、2020上半期に都道府県別でどのようなブランドが売れているのか、「都道府県別 売れ筋ブランドランキング」TOP3としてまとめました。

全都道府県総合では1位「NIKE」、2位「UNIQLO」、3位「Supreme」が人気を集めるなか、いくつかの都道府県ではご当地ならではの人気ブランドがあることが分かりました。
【山口県】 1位「UNIQLO」、2位「GU」

山口県の売れ筋ブランドランキングを見ると、同県に本社を構えるファーストリテイリング社が提供する2つのブランド、「UNIQLO」(1位)、「GU」(2位)がランクインしました。山口県では地元企業のブランドの人気が高くなっています。

【福島県】 「機動戦士ガンダム」でおなじみの「BANDAI」が2位

福島県磐梯町の町名と「バンダイ」の同音がゆかりで、同町の「道の駅」には、株式会社バンダイが販売する「機動戦士ガンダム」等の商品が常設売場で販売されています。その影響からか、福井県の売れ筋ブランドランキングには「BANDAI」が2位に入りました。

【山梨県】「遊戯王」が1位、【長野県】プロテイン「MYPROTEIN」が2位になるなど、地域によって違う特徴が見られた

このほかにも、山梨県で「遊戯王」が1位、長野県で「MYPROTEIN」が2位、奈良県で「ジャニーズJr.」が2位、「防弾少年団(BTS)」が3位にランクインしており、都道府県ごとの特徴が見られました。

※自社調べ。各年における楽天「ラクマ」で購入された商品の登録ブランドを基に、取引件数を算出。

●ブランド別取引単価の伸び率ランキング

最も伸びたのは、取引単価が約35倍となった「Yohji Yamamoto」

※自社調べ。各年における楽天「ラクマ」で購入された各ブランドの総額を取引件数で割り、取引単価として算出。
出典: 2012年7月~12月、2020年1月~6月、その他の年は各年のデータを抽出

2012年から2020年のブランド別取引単価の推移を確認し、著しく成長したブランド TOP10をまとめました。TOP10のうち6ブランドが、国内発のブランドでした。

取引単価が最も上昇したのは「Yohji Yamamoto」で、2012年と2020年を比較すると、約35倍に上昇しています。2位の「HEAD PORTER(現:RAMIDUS)」(約22倍)、3位の「NEIGHBORHOOD」(約20倍)も同様に、男性ユーザーを中心として幅広い世代の人気を集めています。

4位はフランスのラグジュアリーブランド「Hermès」、5位はイタリアのラグジュアリーブランド「MISSONI」が入りました。

6位の「mimily」は渋谷109系ブランドで、10代、20代の女性ユーザーを中心に取り引きされています。7位はドイツのラグジュアリーブランド「ESCADA」、8位は栃木のアパレルブランド「GALFY」、9位は裏原系ブランド「galaxxxy」が入りました。

10位はランキングで唯一の玩具ブランドで、通称「PMA」と呼ばれるドイツのパウルズモデルアート社の「ミニチャンプス」でした(「ラクマ」では「PMA」がブランド名として登録されています)。

【「8日間限定!ラクマ8周年記念キャンペーン」開催概要】

キャンペーン名: 「8日間限定!ラクマ8周年記念」キャンペーン内容: エントリーのうえ、キャンペーン期間中に楽天「ラクマ」で購入された方の中から抽選で 8人に1人に、決済額の8%分の「楽天ポイント」をプレゼントします。加えて、Twitterでのキャンペーン情報のリツイート数に応じて、さらに8万円分の「楽天ポイント」を抽選にて山分けでプレゼントします。

キャンペーン期間: 2020年7月14日(火)10:00~7月21日(火)23:59

URL: https://fril.jp/cp/8th_anniversary

進呈方法: 「楽天ポイント」(期間限定ポイント)

※ご利用可能期間: 2021年2月25日(木)23:59 まで

進呈時期: 2020年8月末日頃

進呈上限: 最大888ポイント(購入金額11,100円の8%分に相当)

※Twitterリツイート数に応じた山分けによる進呈ポイントの上限は、キャンペーン終了時のリツイート数に応じて変動します。

キャンペーンルール:

・キャンペーンへの参加にはエントリーが必要です。

・抽選で8人に1人当選し、8%ポイントバックの対象となります。Twitterリツイートのポイント山分けは、8%ポイントバックに落選された方も抽選対象となります。エントリーされた方の中から再度抽選のうえ、当選された方が8万ポイント山分けの対象となります。

・キャンペーン期間内に購入手続き(購入申請も含む)と支払い手続きの両方が完了している取り引きの決済額合計がポイントバックの対象となります。

・楽天ポイント、楽天キャッシュ、クーポンご利用分を除いた、キャンペーン期間中の決済額合計がポイントバックの対象となります。

・進呈ポイント数の算出時、小数点第1位は切り捨てとなります。

・アプリ、ウェブのどちらからの購入も対象となります。

・本キャンペーンのポイント進呈は、1人1回限りとなります。詳細はキャンペーンページを確認してください。

(ご参考)リツイートで8万ポイント山分けのWチャンスについて

内容: 「ラクマ」公式Twitterアカウントのキャンペーンツイートのリツイート数に応じて、さらに8万円分の「楽天ポイント」を山分けでプレゼントします。8%ポイントバックの抽選に落選された方も、8万ポイント山分けWチャンスの抽選の対象に含まれます。

※ご自身によるリツイートの有無は、抽選結果に影響しません。 特典: 当選人数および進呈ポイントは、リツイートキャンペーン終了時のリツイート数に応じて変動します。

– 5,000リツイート達成: 800名様(1名あたり100ポイント進呈)

– 4,999リツイート達成: 80名様(1名あたり1,000ポイント進呈)

– 999リツイート達成: 8名様(1名あたり10,000ポイント進呈)

【フリマアプリの楽天「ラクマ」について】

楽天「ラクマ」は、日本初のフリマアプリ「フリル」と、楽天のフリマアプリ「(旧)ラクマ」が2018年2月に統合して生まれたサービスです。

不用になったものを、次に必要とする人へつなぐプラットフォームとして、新しい消費の価値を生み出すことを目指しています。

2018年6月には、新潟県新潟市に初の地方拠点を開設し、カスタマーサポートのさらなる強化に尽力しています。

販売手数料の安さなどを強みに、2020年6月末時点で2,500万ダウンロードを突破しました。

※記載されている会社名・製品名・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。







関連記事




タグ:

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る