LINEマンガ:月間ランキング1位の人気音楽ユニット「YOASOBI」、大人気楽曲の原作小説がマンガとなって登場! 本日よりLINEマンガでどこよりも早く配信開始!

 
LINE
価格:無料
開発:LINE Corporation


​LINE Digital Frontier株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が運営する電子コミックサービス「LINEマンガ」において、大人気音楽ユニット「YOASOBI」の楽曲『あの夢をなぞって』の原作となった小説『夢の雫と星の花』(作・いしき蒼太)のマンガ版をLINEマンガにて独占先行配信を開始しました。

音楽ユニット「YOASOBI」公式サイト:https://www.yoasobi-music.jp/

概要

「YOASOBI」は、小説を音楽にするユニットとして2019年から活動を開始した、今もっとも注目されている音楽ユニットの1つです。

楽曲第1弾『夜に駆ける』は、YouTubeで公開1ヶ月にして100万回再生を突破し、LINE MUSICの月間ランキングでも1位*1を獲得するなど、絶大な人気を誇っています。

*1:2020年4月時点

そして、このたび、楽曲第2弾として公開された『あの夢をなぞって』の原作となった小説『夢の雫と星の花』のマンガ版がLINEマンガにて独占先行配信されました。

本作品は、自分の身の回りで起こる未来の出来事を予知できる能力を持った幼馴染みの高校生・双見楓と一宮亮の淡い恋愛模様を描いた物語で、作画は青春系・BL系ジャンルの創作を得意とするkanco氏が担当します。

 

配信形式は、毎日1話ずつ読み進められる「毎日無料」タブにて楽しめるほか、単行本でも配信中です。

※1話ずつの配信形式はLINEマンガ独占配信、単行本は2週間の先行配信となります。

マンガ『夢の雫と星の花』について

作者 :作画/kanco 原作/いしき蒼太

URL :https://lin.ee/ukKSy5i/pnjo/press

単行本:全3巻(7/25同時発売)※LINEマンガ2週間先行配信

内容 :『好きだよ――』主人公・双見楓は、2週間後に迫った花火大会の日に、想いを寄せる幼馴染・一宮亮から告白されるという予知夢を見る。

しかし、彼の前では素直になれずそっけない態度をとってしまい、なかなか距離は縮まらない。

しかも予知夢の通りにならなければ持っている予知能力も失われてしまう。

果たして夢のとおり、彼と一緒に花火大会へ行き、告白されるのか――話題の音楽ユニット“YOASOBI”の楽曲『あの夢をなぞって』原作小説、待望のコミカライズ!

YOASOBIについて

コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる、「小説を音楽にするユニット」 YOASOBI。

2019年11月に公開された楽曲第1弾『夜に駆ける』は公開1か月でYouTube 100万回再生を突破、2020年4月には1,000万回再生を達成。Billboard Japan Hot 100やオリコン週間合算シングルランキングで1位を獲得し、各種配信チャートでも1位を席巻するなど勢いを増しています。

2020年5月にリリースされた最新曲『ハルジオン』もLINE MUSICウィークリーチャートで1位を獲得するなど、今熱い注目を集めている音楽ユニットです。

LINEマンガについて

「LINE マンガ」は、アプリで気軽にマンガ作品が楽しめるスマートフォン向け電子コミックサービスです。

国内マンガア プリダウンロード数、月間アクティブユーザー数、平均利用時間で業界 1 位を記録する、国内 No.1 の電子コミックサービ スに成⻑しています。

また、本サービスでは約 43 万点の作品を配信し、その中でも「LINE マンガ編集部」が手がける作品 や、フルカラーの縦読み形式で楽しめる「LINE WEBTOON」など、LINE マンガでしか読めない 300 タイトル以上のオリ ジナル作品も幅広い支持を得ています。

※国内マンガアプリダウンロード数, アクティブユーザー数(2020 年 4 月時点)、平均利用時間(2019 年 4 月〜2020 年 4 月) /iOS & Google Play 合計/出典: App Annie




LINE
価格:無料
開発:LINE Corporation



iPhone版はこちらからDL


おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名LINE
対応OS端末により異なります
バージョン端末により異なります
提供元LINE Corporation
レビュー日2020/7/27
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者