Androidマーケット

ベーカリー業界が抱える課題に対して、IT技術を活用することで解決するフードテック(パンテック)カンパニーである株式会社sacri(本社:東京都北区 代表取締役CEO:大谷具史)は、2020年6月より実証実験を行っていた、街のパン屋さんの取り置きアプリ「sacri(サクリ)」を、2020年10月26日(月)に正式版としてローンチしました。

お気に入りのパンをサクッと取り置き、街のパン屋さんの取り置きアプリsacri(サクリ)

本サービスは、街のパン屋さんが常連のお客さまへダイレクトにパンの焼き上がりをプッシュ通知でお知らせし、お客さまがどこからでも簡単にそのパンを事前決済と取り置きができるアプリです。

働いている方やお店から遠いところに住まれている方、並ぶことが難しい方など、今まで来店できるタイミングにパンが売り切れていて残念な思いをされることが多かったパン好きの方にも、お気軽にお気に入りのパンをご購入いただけるようになります。

また、事前決済のためお店では受け取るだけのスムーズなフローなので、子連れの方やお時間が無い方もお買い物がスマートに済みます。


プッシュ通知でダイレクトに「焼き上がり」をお客さまへお知らせできます

実証実験では会員数3,000名を突破。

本サービスは、2020年6月下旬から数店舗に限定しiOSアプリのβ版による実証実験を行い、お店の方やお客さまからの声をもとに多くの機能改修を行いました。

その結果、会員数は3,000名を突破しご好評を頂いています。今回新たにAndroid版のリリースを行い、より多くのお客さまへsacriによる体験をお届けするため、関東圏のパン屋さん計15店舗のご出店を以てサービスの正式版のローンチをいたします。

sacriの特徴


アプリ上でどこからでも簡単に事前決済&取り置きが完結!

sacriなら、簡単操作でお店のパンの焼きたてがお客さまの手元までお知らせされます。

しかも、通知からそのままアプリ上でサクッと事前決済と取り置きができるので、お好きな時間にお店で受け取るだけ。

今まで生じていた「売りたい!」と「買いたい!」ニーズのズレを最適化します。


簡単な4ステップでお気に入りのパンがサクっと手に入ります

BOUL’ANGE(ブール アンジュ)やピーターパンなどの有名店が新たに出店

本ローンチ時には、新たにBOUL’ANGE(ブール アンジュ) 池袋東武店、ピーターパンJr. ペリエ千葉エキナカ店、POINT ET LIGNE(ポワン エ リーニュ)が新たに出店し、地域に根ざすパン屋さんから全国的に展開するパン屋さんまで、計15店舗のパン屋さんにご出店いただいております。

また、今後は月額基本無料キャンペーンを行い、全国を対象にご出店者さまを募集します。


BOUL’ANGEやピーターパンなどの人気店が新たに出店します

【新規ご出店者紹介】

BOUL’ANGE(ブール アンジュ)

本場フランスのパン作りをベースに世界中から厳選した小麦粉を使用し、シーズンごとに届く旬の素材を掛け合わせ、見た目にも美しく美味しいパンを提案する人気のブーランジェリー。北海道〜福岡にて11店舗を展開。

PEATERPAN(ピーターパン)

千葉県の美味しい焼きたてパンの店「ピーターパン」。おいしさはもちろん、目で見て楽しめる彩り豊かなパンを提供し、地元に根付くパン屋さんとして多くのファンを持つパン屋さん。千葉県内にて9店舗を展開。

POINT ET LIGNE(ポワン エ リーニュ)

丸の内からMADE IN TOKYOのパンのおいしさを発信する人気のパン屋さん。職人の手で素材本来の風味を最大限に引き出した、軽くてもなお芳醇な香り、味わいの唯一無二なパンを提供。東京都内にて2店舗を展開。

パン屋さん向け”月額基本利用料無料キャンペーン”開始!

1.「作って、攻める」マーケティングを全てのパン屋さんへ

今まで来店可能なタイミングと在庫のタイミングが合わずに諦めていた数多くの常連のお客さまに対して、プッシュ通知でダイレクトに「焼き上がり」をお知らせすることで、潜在的なニーズを掘り起こし来店を促します。

また、事前決済も済んでいるので他の予約サイトとは異なり、予約したにも関わらず来店しないノーショー問題も解決します。

本サービスをご利用いただくことで、今まで「作って、待つ」という守りが多かったパン屋さんのマーケティングを、簡単に「作って、攻める」形に変えていくサポートをいたします。

2. 新型コロナウィルス対策として

「店舗面積が小さく、パンを包装せず陳列販売する」ことが多いパン屋さんの店舗形態は、コロナ対策を行うためには大幅な形態変更が求められてしまいます。

本サービスをご利用頂くことで、パンを陳列しておく必要が無く、個包装の手間やコストも削減できます。

また、店頭では商品を受け取るだけなので、現金授受や大人数がお店に並ぶことも無くなるため、このような社会情勢に於いてもお客さまにも安心してご来店いただきパンをお楽しみいただけるようになります。

3. sacriで売れた分だけ、手数料10%のシンプルな料金プラン

正式リリース開始記念で2020年2月までの間、月額基本利用料無料キャンペーンを実施中です。手数料は本サービスを通してお客さまが購入されたパンの代金の10%のみのシンプルな料金プランです。(クレジットカード決済手数料込)さらに、お客さまへの告知ツール(チラシやPOPなど)もスタート時に無料でご提供させて頂きます。

サービス開始の背景

弊社代表の大谷は、自身の幼少期の体験をもとに“地域のお店はその地域の文化財である”という考えを持っており、前職の博報堂勤務時には社内ベンチャーを立ち上げ「街の個性的なお店をローカルの人起点で紹介するWEBメディア”Stock.Shop”」の運営を経験しました。

そこで数多くのパン屋さんに取材をする中で、パンが主食としてだけではなく、熱狂的ファンを持つ嗜好品としての側面を持つ稀有で魅力的な商材ということを肌で感じた一方、ベーカリー業界が抱える食品ロスや長時間労働などの根深い問題への課題意識を持ちました。

そんな中、今年に入り新型コロナウィルスの猛威によって「感染リスク」という新たな課題に直面しているパン屋さんに対して、ITを活用することでサポートし解決したいという思いに至り、本サービス提供を決めました。

構想段階から様々なお店の方のご協力と応援をいただき、一緒に作り上げてきたsacri。

街の個性あるお店に人生観を突き動かされてきた代表の大谷からお店の皆さまへの恩返しの思いも含め、地域のお店をサポートするための最善の形をこれからも模索し続けていきます。


パン屋さんと一緒に作り上げたサービス

コロナ禍の中でのサービスの正式ローンチを決めた、代表大谷の決意


sacri代表 大谷パブロ具史

私がこのサービスの着想を得たのは2019年8月頃でした。まさかその半年後に新型コロナウィルスという脅威が日本を襲うことなど、当然ながら1mmも予想もしていませんでした。

世の中の当たり前がガラっと変わったことはもちろん、パン屋さんを取り巻く環境もガラっと変わる様子を目の当たりにしました。

私の周りでも起業やサービス展開を諦める人が出てきました。でも、私はこんな時だからこそやるべきだと強く確信しました。

皆が困難に立ち向かっていくためには笑顔が必要です。

そんな皆が笑顔でいられるためには、日々の食卓を支え、彩る街のパン屋さんが笑顔でいなければならないと強く思っています。

私たちはこの1年、パン屋さんやお客さまの声に耳を澄ませ、サービスに幾度となく反映させて磨いてきたことでやっとこのスタートラインに立てました。

私たちsacriは黒子として、コロナ禍という未曾有の中での「変わらない、素敵な毎日」を応援していきます。

サービス名とロゴについての思い

sacri(サクリ)という名称は“サクッと取り置きする”という利便性と、“パンをかじった音”という擬音の2つのを掛けて名付けました。

また、ロゴは“パンを取り置く”という意味合いで、分かれた状態の食パンのシルエットを意識して作成しました。

このサービスを老若男女のお客さまに親しんでいただけるよう願っています。

株式会社sacriについて

「お店とお客さまを繋ぎ、豊かな毎日を創る。」をミッションとしており、お店を経営される方々が、よりゆとりのある経営を行えるようになることで、お客さまやその地域にとってのかけがえの無い存在として継続し、そこで暮らす方々に対して、より豊かな日常を創り出すためのお手伝いをしていきます。

▼お問い合わせはこちら
https://sacrisupport.zendesk.com/hc/ja/requests/new





sacri
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 sacri
価格 無料
対応OS端末により異なります
バージョン
デベロッパー名 株式会社sacri
レビュー日 2020/10/26


関連記事




タグ: ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る