Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

Android(アンドロイド)ニュース, LINE(ライン), コミュニケーション, ツール

LINE株式会社では、同社が保有する約506万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しています。

このたびLINEリサーチでは、2月5日と2月19日に実施した新型肺炎(新型コロナウイルス)に関する調査に引き続き、状況が変化する中で、現状心配なことや職場等での対応に関する3回目の調査(2020年3月2日実施)が実施され、その結果が発表されました。

※調査結果の詳細はLINEリサーチの公式ブログでご覧いただけます:
https://www.linebiz.com/jp/column/research/corona-virus3/

■今の状況に心配な点は、「流行の落ち着く時期」「ワクチンがない」。次いで「悪質なデマの出回り」が前回調査より大幅増

新型コロナウイルスの日本国内での感染で心配な点としては、「いつ流行が落ち着くのかわからない」「ワクチンや特効薬がまだない」、「悪質なフェイクニュース・デマが出回っている」が上位にあげられました。次いで、「マスクが手にはいらない」とマスク不足の心配は続いています。

前回2月19日に実施した調査と比較して、「悪質なフェイクニュース・デマが出回っている」の割合に注目です。前回13%から52%と大幅に上昇。トイレットペーパーが品薄になっている状況に見られるように、本来在庫が十分なはずのものが、デマ拡散により一部の買い占めが起きてしまい、店頭から不足するという事態が発生しています。

「マスクが手に入らない」も前回調査から20ポイント増。用意していたマスクがなくなってきた、ドラッグストア等で入荷目途が立っていないことから心配している状況が見受けられます。

■「イベントや集会の中止」約4割。前回調査後、企業の対応顕著。1都3県は「時差勤務」約3割と高い

会社員・公務員の方に、職場での対応や推奨されていることを聞いたところ、「イベントや集会の中止」が最も多い対応となりました。

前回調査した時点で14%だった「イベントや集会の中止」は3倍近く増え、政府の基本方針に対して、職場での素早い対応があったことがうかがえます。

また、「時差通勤」「在宅勤務・テレワーク」の対応も増え、前回調査からのわずか2週間弱の間に「時差通勤」については、5%から19%。「在宅勤務・テレワーク」は、5%から14%となっています。

「在宅勤務・テレワーク」等の対応が難しい業種でも「出社前の検温」など、様々な対応が増えていました。

続いて、居住地が東京、神奈川、埼玉、千葉の方の職場の対応状況を見てみると、「時差通勤の推奨」が32%。「在宅勤務・テレワークの許可/推奨」が24%という結果になっています。

電車通勤が多い1都3県では、満員電車によるリスク回避のために対応している職場が多い傾向がありました。

■業種別の職場対応は、「マスク着用」「検温」など福祉関連では高く、IT系は「テレワーク」5割強

福祉関連の業種では、「手指のアルコール消毒の常備」「マスクの着用の義務/推奨」「職場内の消毒/殺菌」「出社前の検温の義務/推奨」が他業種より高くなっています。福祉の現場では特に細心の注意を払って対応されていることがわかります。

IT・通信・インターネット関連では、他の業種に比べると「時差通勤の推奨」「在宅勤務/テレワークの許可/推奨」が高くなっています。

■通常営業をしていない企業へ好意的な意見多数。一方テレワークできない理由にはやむを得ないものと理解。特に福祉医療の方は加えて職務全うの意識

新型コロナウイルスの感染拡大防止の対策として、テレワークや時短営業、休業など通常営業をしないサービスや企業が増えてきていますが、そういった企業やサービスに対してどのように思うかを聴取しました。

「必要なことだと思うが、やりたくでもできない場合もあると思う」が約半数でていますが、次いで「従業員への配慮ができていると思う」「世の中の流れを反映していると思う」が高く上がっています。

こういった対応をやりたくてもできない職務や業種があることを理解する一方で、対応可能な企業に関しては、必要なこととして好評価な意見が大半を占めました。

なお、「在宅勤務/テレワーク」を行うことができない職種の中で、特に医療・福祉関連の人から、「日本国内での感染が起きているこのような時こそ勤務する必要がある、求められる仕事である」との意見がほかの業種よりも高く見られました。

日本全体で、みなそれぞれに職務を全うしようとしている姿がうかがえます。

■今後の新型コロナウイルスに対する今の気持ちは、「情報におどらされず冷静に」7割弱と高い結果に

日々、様々な情報が飛び交い、更新されている中、今後の新型コロナウイルスに対する気持ちについて聞きました。

「情報に踊らされず、みんな冷静に対応してほしい」が約7割と高い結果になっています。

続いて、「保健所だけでなく病院で検査をしてほしい」「保険適用で安く検査をしてほしい」など、検査に対する要望も高い結果となっています。

保険適用になることは政府からの発表もすでに出ており、今後の対応に期待が寄せられます。

【調査概要】

調査手法:LINEリサーチ(LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査)

調査対象:日本全国の15歳~69歳の男女

実施時期:①2020年2月5日実施 ②2020年2月19日実施 ③2020年3月2日実施

回答者数:①5,233名 ②5,024名 ③4,991名

※LINEユーザーの性年代構成比にあわせてウェイトバック

※各回フレッシュサンプルで実施





LINE
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 LINE
価格 無料
対応OS端末により異なります
バージョン 端末により異なります
デベロッパー名 LINE Corporation
レビュー日 2020/3/7


関連記事



Android(アンドロイド)ニュースカテゴリの最新記事

モンスターストライク:モンストで「こんなんもやります。春の増しモン祭り」を本日4月2日(木)より開催
LINE:新機能「ディスカバー」を本日よりLINEタイムラインで提供開始
ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル:スクフェスシリーズ7周年記念キャンペーン第六弾特待生勧誘の期間限定確率アップキャンペーン&カウントダウンログインボーナス開催のお知らせ
LINE:LINEの仮想通貨取引サービス「BITMAX」、「仮想通貨スタート応援!春のはじめておトク買っておトクキャンペーン」を開催
ゆるゲゲ:アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』最終回放送記念!初回超激レア確定が20%OFF&コラボキャラクターが出現する「超ゲゲゲ祭」を開催!

LINE(ライン)カテゴリの最新記事

LINE:新機能「ディスカバー」を本日よりLINEタイムラインで提供開始
LINE:LINEの仮想通貨取引サービス「BITMAX」、「仮想通貨スタート応援!春のはじめておトク買っておトクキャンペーン」を開催
LINE:LINEクリエイターズスタンプ『ソニック~使いやすいスタンプ~』が無料コミュニケーションアプリ「LINE」にて配信開始!
LINEリサーチ:高校生・新大学生が春からの新生活で頑張りたいことは勉強と恋愛・友だちづくり 新社会人はこれからの生活に備えて断捨離や貯金に意欲的
LINE ポコポコ:今年で45周年を迎える『リトルツインスターズ』とコラボレーションを記念した限定LINEスタンプを無料配信!

コミュニケーションカテゴリの最新記事

LINE:新機能「ディスカバー」を本日よりLINEタイムラインで提供開始
LINE:LINEの仮想通貨取引サービス「BITMAX」、「仮想通貨スタート応援!春のはじめておトク買っておトクキャンペーン」を開催
LINE:LINEクリエイターズスタンプ『ソニック~使いやすいスタンプ~』が無料コミュニケーションアプリ「LINE」にて配信開始!
LINEリサーチ:高校生・新大学生が春からの新生活で頑張りたいことは勉強と恋愛・友だちづくり 新社会人はこれからの生活に備えて断捨離や貯金に意欲的
LINE ポコポコ:今年で45周年を迎える『リトルツインスターズ』とコラボレーションを記念した限定LINEスタンプを無料配信!

ツールカテゴリの最新記事

LINE:新機能「ディスカバー」を本日よりLINEタイムラインで提供開始
LINE:LINEの仮想通貨取引サービス「BITMAX」、「仮想通貨スタート応援!春のはじめておトク買っておトクキャンペーン」を開催
LINE:LINEクリエイターズスタンプ『ソニック~使いやすいスタンプ~』が無料コミュニケーションアプリ「LINE」にて配信開始!
LINEリサーチ:高校生・新大学生が春からの新生活で頑張りたいことは勉強と恋愛・友だちづくり 新社会人はこれからの生活に備えて断捨離や貯金に意欲的
Simeji:人気YouTuberユニット「青春☆しゅわしゅわクラブ」の「青春☆しゅわしゅわきせかえキーボード」コラボを実施!


タグ: ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る