Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

Android(アンドロイド)ニュース, LINE(ライン), コミュニケーション, ツール

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下LINE)では、同社が保有する約506万人という国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しています。

LINEリサーチでは、高校1年生から3年生の女性を対象に、通っている学校が共学か女子校かで高校生活にどのような差があるのかを調査した結果を発表しました。

※調査結果の詳細はLINEリサーチの公式ブログでご覧いただけます:https://research-platform.line.me/archives/34914320.html

■男子がいてもいなくても楽しい!イマドキJKの生活事情

「教室で勉強以外にすることといえば何?」という質問をすると、共学・女子校ともに1番多かった答えは「おしゃべり」でした。

次いで多かったのは「寝る」、「おやつを食べる」というものでした。

ここまでは共学・女子校ともに答え・順位に変化はなし。ただ、異性の目がないせいか、「寝る」という回答の子は女子校の方が多い傾向がありました。

共学の学生に比べて女子校の学生から多く寄せられた回答のうち特徴的だったのは「着替える」という回答。共学では、「教室で着替えることなんて考えられない」と思うかもしれません。

一方、共学の学生の間で女子校よりも割合が多かったのは「恋バナをする」というものでした。

これは女子高に比べると、比率にして10ポイント以上多いという結果でした。男子が身近にいることで、「恋」に発展する機会が多いのかもしれません。

■恋愛事情は共学圧勝?67%が「共学JKの方がモテる」と回答

「共学と女子校の女子高生では、どっちが男子にモテると思う?」という質問もしてみました。

すると「圧倒的に共学の方がモテると思う!」という声が寄せられました。

では実際に「今、恋している人」というのは、どちらの方が多いのでしょうか?

■今、恋しているのはどっちが多い?共学vs女子校

「付き合っている人がいる」「付き合ってはいないけど、好きな人がいる」という、現在進行形で恋をしている女子高生が多かったのは、やはり共学でした。

「付き合っている人がいる」割合が共学のほうが多いところをみると、これは「共学の方がモテそう」と大半の女子高生たちが予想した通りの結果となりました。

では、恋していない女子校の女子高生は、高校生活に不満を感じているのでしょうか?

そこで女子校の学生に高校生活の満足度を聞いてみると、女子校特有のはっきりとした傾向が見られました。

■女子校には女子校の良さがある!学年が上がるにつれ満足度が上昇

「共学の方がモテそう」「実際に恋している人が多いのも共学」そんな予想・実態とも共学の女子高生の傾向がみえてきてはいますが、実は興味深いアンケート結果がありました。

それは、女子校に入学し、年次を重ねていくにつれて「女子校で良かった」と思う人が増えていくというものです。

具体的な満足度の数値をあげると

FJK(ファーストJK=1年生)の時は65.4%

SJK(セカンドJK=2年生)になると70.8%

LJK(ラストJK=3年生)には91.7%

となり、入学当初6割強だった満足度が、卒業を間近に控える頃には9割以上にまで上昇していました。

女同士で遊ぶことの楽しさからなのか、男子の目を気にしなくていいぶん思い切り好きなことをできるという自由度からなのか、さまざまな理由が重なっているのでしょうが、とにかく、卒業する頃には「女子校で良かった」と思う人がほとんどになっているという結果でした。

長く通うほど、女子校の魅力の虜になるのかもしれません。

【調査について】

LINEリサーチ(LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査)

調査対象:高校1年生~3年生 女性

実施時期:2020年3月27日~30日

有効回収数:909サンプル

【「LINEリサーチ」について】

「LINEリサーチ」は、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、スマートフォン時代のリサーチプラットフォームです。

約506万人のアクティブモニターのうち10〜29歳が53%を占め*、学生や若年向けの出現率の低い調査も実施可能です。

また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できます。LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、スマートフォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、効果的に調査を実施することが可能です。

* 2020年1月時点

「LINE リサーチ」公式サイト:https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/





LINE
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 LINE
価格 無料
対応OS端末により異なります
バージョン 端末により異なります
デベロッパー名 LINE Corporation
レビュー日 2020/4/15


関連記事



Android(アンドロイド)ニュースカテゴリの最新記事

ピッコマ:受賞作をお得に読むなら今!「ピッコマAWARD WEEK」スタート!
HUNTER×HUNTERバトルコレクション:「第5回 修業!天空闘技場 ~インネン×ト×シュウネン~」を開催!イベント限定報酬を獲得しよう!
アークザラッド R:期間限定イベント「激突!大武術会の巻」を開催!!「衣装付きガチャ~癒しの拳編~」実施!
Simeji:スマートフォン向けゲームアプリ「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-」×「初音ミク」との期間限定コラボ決定!
リネージュM:5月29日の1周年に先駆けてアデン大陸の軌跡が綴られた1周年記念特設サイトが本日OPEN!

LINE(ライン)カテゴリの最新記事

LINE:LINE Creators Market、2020年4月度の月間MVP「トップクリエイター部門」・「新人クリエイター部門」受賞者が決定!
LINEマンガ:“マンガ家応援プロジェクト”を本日より開始、総額777万円相当の制作活動応援アイテムを新規作品投稿者 全員に贈呈
LINEリサーチ:半数以上が中学生でスマホデビュー。学年別では「高校1年生」「中学1年生」など進学のタイミングが多い傾向
エヴァンゲリオン×LINEプロジェクト:始動!!『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作品を、LINE LIVEで無料開放
LINEリサーチ:トップは「ハーゲンダッツミニカップ」、30代までの男女には「雪見だいふく」も高い人気 「おやつ」や「暑いとき」だけでなく、「疲れたとき」にもアイスを食べる傾向

コミュニケーションカテゴリの最新記事

LINE:LINE Creators Market、2020年4月度の月間MVP「トップクリエイター部門」・「新人クリエイター部門」受賞者が決定!
LINEマンガ:“マンガ家応援プロジェクト”を本日より開始、総額777万円相当の制作活動応援アイテムを新規作品投稿者 全員に贈呈
LINEリサーチ:半数以上が中学生でスマホデビュー。学年別では「高校1年生」「中学1年生」など進学のタイミングが多い傾向
エヴァンゲリオン×LINEプロジェクト:始動!!『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作品を、LINE LIVEで無料開放
LINEリサーチ:トップは「ハーゲンダッツミニカップ」、30代までの男女には「雪見だいふく」も高い人気 「おやつ」や「暑いとき」だけでなく、「疲れたとき」にもアイスを食べる傾向

ツールカテゴリの最新記事

Simeji:スマートフォン向けゲームアプリ「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-」×「初音ミク」との期間限定コラボ決定!
LINE:LINE Creators Market、2020年4月度の月間MVP「トップクリエイター部門」・「新人クリエイター部門」受賞者が決定!
LINEマンガ:“マンガ家応援プロジェクト”を本日より開始、総額777万円相当の制作活動応援アイテムを新規作品投稿者 全員に贈呈
Simeji:10代の「新型コロナウィルスに関する意識調査」を実施
LINEリサーチ:半数以上が中学生でスマホデビュー。学年別では「高校1年生」「中学1年生」など進学のタイミングが多い傾向


タグ: ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る