Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

Android(アンドロイド)ニュース, LINE(ライン), コミュニケーション, ツール

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE」による、ライブ配信者からスターを生み出すプログラム「LIVER Support Program(ライバーサポートプログラム)」において、デジタル発のスターを生み出す、株式会社ホリプロデジタルエンターテインメント(本社:東京都目黒区、代表取締役:吉田 正通、以下 ホリプロデジタルエンターテインメント)と業務提携を締結しました。

概要

「LINE LIVE」は、LINEアカウントやTwitterアカウントがあれば誰でも簡単に配信が可能なライブ配信サービスです。

サービス開始以降、アーティストが新曲を披露したり、アイドルが新しい発表をしたりなど、リアルタイムでファンとコミュニケーションできる場として活用されています。

『雑誌や広告のモデルになれる』『俳優や声優として番組に出演できる』といった様々なオーディションなど多数のイベントを毎日開催しており、夢を叶えたい「ライバー(ライブ配信者)」と「ファン(視聴者)」が一緒になって夢を叶えることができる“応援プラットフォーム”として成長し続けています。

2020年1月9日に、ライバーからスターを生み出すプログラム「LIVER Support Program」を発表、LINE LIVE専門アドバイザーによるマネジメントや人材育成をはじめ、配信サポート、専用インセンティブプログラムなどあらゆる面から支援を行い、ライバーたちがライブ配信を通じて成長し、活躍できる環境を提供しています。

第一弾パートナーとして、多数の人気動画クリエイターが在籍する「UUUM」、第二弾パートナーとして、様々なジャンルで活躍するタレントのマネジメント・サポートを手がける「ツインプラネット」と業務提携しています。

※LIVER Support Program についてはこちらをご覧ください
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3044

そして、本プログラムの第三弾パートナーとして、ホリプロデジタルエンターテインメントと業務提携を締結することとなりました。

同社は、ホリプロが長年にわたり培ってきたマネジメント力を基礎に、タレント自身がプロデューサーとして活躍のフィールドをWEB上で拡大し、さらにリアルな世界でのサービスまで創出していけるよう、タレントのデザインをサポートしていることが特徴です。

プログラムに参加している一部のライバーのマネジメントを、LINEとホリプロデジタルエンターテインメントで共同で行い、ライブ配信のノウハウを共有するほか、ホリプロデジタルエンターテインメントによるレッスンの提供、各種SNSや芸能活動の全面サポートなどを無償で受けることができます。

近年、スマートフォンなどの動画コンテンツを視聴する若年層も多く、「テレビを主軸にスターを生み出す」だけでなく、様々な媒体を介してスターが生まれています。

今後は、ホリプロデジタルエンターテインメントによる芸能活動のサポートと合わせて、「LINE LIVE」を通してコアなファン作りをし、自己プロデュース力のあるスターを育てていきたいと考えています。

■ホリプロデジタルエンターテインメントによるサポート内容

・芸能活動の全面サポート

・無償にてレッスン提供

・各種SNSの専門的なサポート

・各種オーディションへのプッシュ

・クリエイティブチームとコンテンツ制作

■LIVER Support Program 所属の共同マネジメントライバー


コウヘイ

配信チャンネル https://live.line.me/channels/4475970

2019年12月より、LINE LIVEをスタートし、端正なルックスから人気が急上昇。LINE LIVEで開催された「Popteen専属メンズモデルオーディション~2020Spring~」でグランプリを獲得し、
これからの活躍に期待が高まるライバー。


みかんちょこ

配信チャンネル https://live.line.me/channels/3369184

2006年生まれ。大阪在住の現役中学生ライバー。LINE LIVEでは、歌、ダンス、ピアノの配信を中心に発信している。「LIVER AWARD2019」では2019年に活躍したトップライバーに最年少で選ばれ、今注目を浴びている。

【ホリプロデジタルエンターテインメント】

「スマホからスターを。」をテーマに、デジタル社会におけるタレント活動を包括的にビジネス化していくホリプロのデジタル特化型子会社として、デジタル発のタレントのデザイン、デジタルマーケティングエージェンシーとしての所属タレントを含めたホリプロアセットの活用、デジタルに最適化されたコンテンツ制作を展開している。

■所属タレント


景井ひな、きいた、小西詠斗、湯上響花

【LINE LIVE】

誰もが気軽にリアルタイムで動画配信を楽しめるライブ配信サービスです。

何気ない日常トークをはじめ、音楽や歌などのパフォーマンスや声だけによる配信など、時間や場所に捉われないリアルタイムなコミュニケーションを楽しむことができます。

また、毎日開催されているオーディションには、数多くのライバー(ライブ配信者)が参加しており、視聴者はコメントやハート、応援アイテムを送って応援するなど、夢を叶えたいライバーと応援者が一緒に盛り上がれる空間を提供しています。





LINE
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 LINE
価格 無料
対応OS端末により異なります
バージョン 端末により異なります
デベロッパー名 LINE Corporation
レビュー日 2020/5/8


関連記事



Android(アンドロイド)ニュースカテゴリの最新記事

ピッコマ:受賞作をお得に読むなら今!「ピッコマAWARD WEEK」スタート!
HUNTER×HUNTERバトルコレクション:「第5回 修業!天空闘技場 ~インネン×ト×シュウネン~」を開催!イベント限定報酬を獲得しよう!
アークザラッド R:期間限定イベント「激突!大武術会の巻」を開催!!「衣装付きガチャ~癒しの拳編~」実施!
Simeji:スマートフォン向けゲームアプリ「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-」×「初音ミク」との期間限定コラボ決定!
リネージュM:5月29日の1周年に先駆けてアデン大陸の軌跡が綴られた1周年記念特設サイトが本日OPEN!

LINE(ライン)カテゴリの最新記事

LINE:LINE Creators Market、2020年4月度の月間MVP「トップクリエイター部門」・「新人クリエイター部門」受賞者が決定!
LINEマンガ:“マンガ家応援プロジェクト”を本日より開始、総額777万円相当の制作活動応援アイテムを新規作品投稿者 全員に贈呈
LINEリサーチ:半数以上が中学生でスマホデビュー。学年別では「高校1年生」「中学1年生」など進学のタイミングが多い傾向
エヴァンゲリオン×LINEプロジェクト:始動!!『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作品を、LINE LIVEで無料開放
LINEリサーチ:トップは「ハーゲンダッツミニカップ」、30代までの男女には「雪見だいふく」も高い人気 「おやつ」や「暑いとき」だけでなく、「疲れたとき」にもアイスを食べる傾向

コミュニケーションカテゴリの最新記事

LINE:LINE Creators Market、2020年4月度の月間MVP「トップクリエイター部門」・「新人クリエイター部門」受賞者が決定!
LINEマンガ:“マンガ家応援プロジェクト”を本日より開始、総額777万円相当の制作活動応援アイテムを新規作品投稿者 全員に贈呈
LINEリサーチ:半数以上が中学生でスマホデビュー。学年別では「高校1年生」「中学1年生」など進学のタイミングが多い傾向
エヴァンゲリオン×LINEプロジェクト:始動!!『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作品を、LINE LIVEで無料開放
LINEリサーチ:トップは「ハーゲンダッツミニカップ」、30代までの男女には「雪見だいふく」も高い人気 「おやつ」や「暑いとき」だけでなく、「疲れたとき」にもアイスを食べる傾向

ツールカテゴリの最新記事

Simeji:スマートフォン向けゲームアプリ「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-」×「初音ミク」との期間限定コラボ決定!
LINE:LINE Creators Market、2020年4月度の月間MVP「トップクリエイター部門」・「新人クリエイター部門」受賞者が決定!
LINEマンガ:“マンガ家応援プロジェクト”を本日より開始、総額777万円相当の制作活動応援アイテムを新規作品投稿者 全員に贈呈
Simeji:10代の「新型コロナウィルスに関する意識調査」を実施
LINEリサーチ:半数以上が中学生でスマホデビュー。学年別では「高校1年生」「中学1年生」など進学のタイミングが多い傾向


タグ: ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る