先週のニュースまとめ :Ankerからソーラーチャージャーや会議用スピーカーフォンなどが登場!【2021年8月28日 ~ 2021年9月3日】

 

アンカー・ジャパン(以下、Anker)から様々な製品がリリースされました。「防災の日」に合わせて太陽光発電パネル製品「Anker PowerSolar 3-Port 100W」が、最大12人までの会議に対応する会議用スピーカーフォン「Anker PowerConf S500」が発売となっています。また、グーグルの日本拠点の開設から20周年となっています。イオンがスマートフォン向けのトータルアプリ「iAEON」をリリースしました。イオングループ各社はそれぞれ個別にアプリ展開してきましたが、トータルアプリの登場で、今後は様々な連携も期待されます。

新製品

(1) Anker PowerSolar 3-Port 100W

(LAVIE T8シリーズ)

Ankerから太陽光発電パネルを搭載した製品「Anker PowerSolar 3-Port 100W」がリリースされました。価格は29,800円です。

製品名が特徴を示していますが、最大100Wのソーラーパネル製品で、同社のポータブル電源「Anker PowerHouse II 400」や「Anker PowerHouse II 800」への充電に対応しているほか、ポータブル電源を介さずに直接出力できるUSB Type-C端子とUSB Type-A端子も搭載しています。USB Type-Cでは最大15W、USB Type-Aでは最大12W出力です。

(こちらはAnker PowerHouse II 800)

USB出力からはスマホ、せいぜいタブレット程度しか充電できないと思いますが、ポータブル電源不要でひとまずスマホを直接充電できるのも便利です。もちろん、最大限活用したい場合にはAnker PowerHouse IIも併用し、できればポータブル電源を充電する使い方の方が効率的でしょう。

この手の製品は他にも選択肢がありますが、大手のAnkerからリリースされたというのが嬉しいですね。

(2) Anker PowerConf S500

Ankerから会議用のスピーカーフォンもリリースされています。「Anker PowerConf S500」です。価格は24,980円。

Anker PowerConf S500は、最大12人までの会議に対応するスピーカーフォンで、オンライン会議サービス「Zoom」の「Zoom Rooms」の認証を取得しています。パソコンとの接続はBluetoothの他、USB接続も可能です。バッテリーを内蔵しているので、最大16時間程度であれば、給電しない状態での使用も可能です。

Google

(1) グーグル日本拠点設立20周年

今やインターネット = グーグルみたいな感じもあるGoogleですが、日本拠点設立から今年で20周年と迎えたということです。そもそもGoogleにとっての海外拠点第一弾が日本オフィスだったということで、まずは検索サービスの日本向けサービスから始まり、今やGoogleマップ、Gmail、YouTube、Androidなど、多岐にわたるサービスを日本でも展開。日本市場向けサービスの拠点となっています。

アプリ

(1) イオンのiAEON

イオングループ各社はこれまで個別にアプリやサービスを展開してきましたが、ようやく、というか、この度トータルアプリう「iAEON」がリリースされました。将来的にはiAEONがイオングループ各社のポータルアプリとなるものと期待されます。

すでに「WAON POINT」「モバイルWAON」「AEON Pay」に対応し、iAEONで使えます。また、お気に入りの店舗、要するに普段利用している店舗を登録することで、手軽にキャンペーン情報などを知ることもできます。

あとがき

グーグルの日本拠点の設立から20周年なんですね……。何だか自分も歳を取る訳だな、と思い知らされますが、いずれにしても、今や我々の生活には無くてはならないサービスを数多く手掛けているだけに、今後も安心して便利に使えるサービスを色々と期待したいですね!

今週もGAPSIS編集部がオクトバさんに出張してお伝えしました! 次回もお楽しみに!!







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者