先週のニュースまとめ :プジョー308新モデルでSnapdragonプラットフォーム採用。はなまるうどんがポケGOに登場!【2021年11月6日 ~ 2021年11月12日】

 

米Qualcommグル-プのQualcomm Technologiesが手掛ける自動車向けプラットフォーム「Snapdragon Automotive Cockpit Platform」が仏プジョーの「308」の新モデルに搭載される「Peugeot i-Cockpit」に採用されます。また、サンコーからスマホ連動耳掃除機が発売となっています。シャープからはフェイスシールド、アイシールドが発売です。うどんチェーン店のはなまるうどんが「ポケモンGO」にポケストップやジムとして登場です。

新製品

(1) Snapdragon Automotive Cockpit Platform

IT業界の巨人たちが自動車市場に続々と様々な形で参入していますが、Snapdragon Automotive Cockpit Platformがプジョーのカーインフォテインメントシステムである「Peugeot i-Cockpit」のプラットフォームとして採用されました。そして搭載第一弾車種が308の新モデルとなります。

驚くような特徴こそありませんが、オーソドックスにハイパフォーマンス、省電力性能の高さ、AI性能の高さなどが特徴となってくるようです。もちろんスマホなどと同様、タッチ操作可能なディスプレイに高解像度の映像を表示し、非常にリッチな情報提供が可能な上、スマホ等のミラーリングなども可能といいます。

(2) スマホで視ながら耳かき掃除機

オーソドックスなアクセサリーはもちろんとして、面白グッズなども色々と展開するサンコーからスマホ連動耳かきが登場です。本製品は耳かきというよりも耳の掃除機で、カメラ、LED、吸引ノズル付きの耳かきが搭載されています。

カメラの映像はスマホとWi-Fiで繋ぐことでアプリで確認できます。LEDが耳穴を明るく照らしてくれるので、耳の状態を見ながら掃除できます。また、吸引ノズルがついているので、汚れを耳かきで正確にこそぎ落とせずとも、ある程度は吸い出してくれますし、こそぎ落とせた汚れももちろん吸引してくれます。
製品ページ

(3) シャープ、フェイスシールド、アイシールド

シャープからフェイスシールドとアイシールドが発売です。

シャープは新型コロナウイルスの脅威に晒され始めてからというもの、マスクを生産/供給するなど、本業とは異なる事業にも取り組んでいますが、新たにフェイスシールドとアイシールドも登場です。フェイスシールドは顔全体を飛沫等から守ります。アイシールドは目の周囲を覆います。

フィルム交換タイプなので、ある程度長期的に使える製品となっています。

アプリ

(1) はなまるうどんと「Pokémon GO」

はなまるうどんがポケモンGOにポケストップ、ジムとして登場しています。
もちろん、他のパートナーと同様、はなまるうどんでも様々なイベントなどが将来的に行われるようです。

あとがき

シャープは新型コロナウイルスに対する製品を様々に手掛け始めていますが、今回はフェイスシールドとアイシールドです。本業とは全く無関係でも人々の役に立つ製品を作ってくれるのはシャープに限らずありがたいことですね。

今週もGAPSIS編集部がオクトバさんに出張してお伝えしました! 次回もお楽しみに!!







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者