パパ活とギャラ飲みの違いを解説!内容・料金相場を比較

 

男性と飲み会や食事をすることで報酬がもらえる、「パパ活」と「ギャラ飲み」。

サービスに対してお金をもらうという意味では、どちらも定義は同じです。

しかし厳密にいうと、違う点がたくさんあります!

この記事ではパパ活とギャラ飲みの内容、料金相場などの違いを比較します。

パパ活とギャラ飲みの違い

パパ活とギャラ飲みの大きな違いは、飲み会以外の時間も一緒に過ごすか過ごさないかです。

報酬は少なめでも食事や飲み会だけでお金を稼ぎたい女性は、ギャラ飲みの方が合っています。

逆に1対1での食事やデートでお金を稼ぎたいと考えている女性は、パパ活のほうがおすすめです。

具体的に内容や利用者層、料金(報酬)相場の違いについて紹介していきます。

パパ活とギャラ飲みの内容の違い

ギャラ飲みは食事や飲み会がメインの内容に対し、パパ活は1対1の関係を望んでいます。

パパ活は体の関係を持ちたいと思う男性も多いため、よりお金を稼ぎたい女性はそちらを選んでいます。

パパ活の中でもごくたまに食事やデートだけでお手当がもらえるケースもありますが、経験を踏んで駆け引きがうまくならないとできません。

男性と女性の利用者はほぼ同じ

パパ活とギャラ飲みの利用者層はほぼ同じです。

男性は大体20代〜50代の富裕層の方で、経営者や医者、弁護士などが多いです。

女性は20代〜30代で、容姿が良い方が多いです。

職業はOLからアイドルやモデルの卵、学生など様々な女性が登録しています。

ギャラ飲みはお酒の席がメインなので、基本的に未成年は登録していません。

料金(報酬)相場の違い

パパ活とギャラ飲みにおける1時間あたりの料金(報酬)相場を表にしてみました。

 

結論からいうと、ギャラ飲みよりもパパ活の方がお金を稼げます。

内容 相場
ギャラ飲み 3000円〜2万円/h
顔合わせ・お茶(パパ活) 5,000円
食事・飲み(パパ活) 1万円〜3万円
デート(パパ活) 1万円〜5万円+プレゼントなど
体の関係(パパ活) 3万円〜/回

 

パパ活は1対1で関係を深め、求められるものが多いのでその分お金は稼げます。

しかし稼げる金額が多い分、リスクも高くなります。

ギャラ飲みとパパ活のどちらが自分に合っているかしっかり考えましょう。

パパ活の特徴

パパ活の特徴は以下の3つです!

1デートや体の関係を望める

2料金相場が高い

3定期的に合うことができる

特徴をひとつずつ詳しく説明します。

 

1デートや体の関係を望める

パパ活の最大の特徴として、デートや体の関係を望めるという点が挙げられます。

ギャラ飲みは基本的に飲み会だけの関係ですが、パパ活であれば個人間の交渉次第でそのような行為も可能です。

中には一緒に海外旅行へ行ったりするパパと女性もいます。

2料金相場が高い

パパ活は男性が支払う金額も、女性が受け取る報酬もギャラ飲みよりは少し高めです。

初回の顔合わせのみのお茶は5,000円〜1万円が相場ですが、その後は食事やデート代として1回1万円〜5万円の手当をもらうことができます。

2万円以上もらうことがきれば、ギャラ飲み1回の相場よりも高い報酬を稼げます。

その他、プレゼントや日用品を買ってもらっているパパ活女子もいます。

3定期的に合うことができる

パパ活には「都度」と「定期」があり、気に入った女性は交渉次第で定期的に会うことができます。

「定期」とは、基本的にはあらかじめ決めた月額料金を女性に支払い、月に何回かあってもらうという契約のことです。

定期契約でも、その都度手当を支払う場合もあります。

ギャラ飲みではスポットでの飲み会となりますが、1対1で関係を深めることができることがパパ活の特徴でもあります。

ギャラ飲みの特徴

ギャラ飲みの特徴は以下の3つです!

1運営会社が間に入るので安心

2個室や密室では開催されない

3キャバクラやクラブより気軽

特徴をひとつずつ詳しく説明します。

1運営会社が間に入るので安心

ギャラ飲みの最大の特徴は、男性と女性の間に運営会社が入るので安心という点です。

運営会社が入ることで、以下のようなリスクも防ぐことができます。

・報酬の未払い

・男性のストーカー化

パパ活のような個人間のやり取りだと、報酬が支払われないといったケースがあります。

しかしギャラ飲みは専用のアプリを通して報酬が支払われるので、未払いといったトラブルを防ぐことができます。

2個室や密室では開催されない

ギャラ飲み専用のアプリやサービスでは、開催場所を個室や密室にすることを禁止していることが多いです。

常にオープンスペースで飲み会が開催されるため、酔った男性にセクハラなど危ない行為をされることがありません。

個室や密室に誘われてもきっぱりと断ることができるので、女性にとって安心できます。

3キャバクラやクラブより気軽

ギャラ飲みに登録している女性は基本的に素人の方が多いので、キャバクラやクラブよりも気軽に飲むことができます。

接待などビジネスシーンで利用する場合も、そういったお店にいくより男性が支払うお金は安くなります。

女性にとっても指名を呼ぶために男性と連絡を取ったりする必要はなく、キャバクラやクラブよりも気軽に始めることができます。

 

パパ活とギャラ飲みのメリットをデメリット比較

パパ活とギャラ飲みのメリット、デメリットをそれぞれ紹介します。

まずはそれぞれのメリット、デメリットを表でまとめました。

 

業態 メリット デメリット
ギャラ飲み ・安全性が高い

・求められることが少ない

・個人的な連絡先は知られない

・時給は低め

・お酒を飲めることが前提

・金額次第で確定申告が必要

パパ活 ・よりお金が稼げる

・プレゼントなどが貰いやすい

・ランチやお茶だけのケースもある

・安全性が低い

・求められることが多い

・個人間で報酬の交渉が必要

・体の関係が多い

パパ活のメリットはギャラ飲みよりもお金が稼げることですが、体の関係やデートなど求められることが多い点がデメリットです。

ギャラ飲みの最大のメリットは安全性が高いことですが、パパ活と比較して稼げるお金が少ない点がデメリット。

両方を詳しく説明していきます。

パパ活のメリット・デメリット

パパ活のメリットは、ギャラ飲みと比べてお金をより多く稼げることです。

やり方によってはギャラ飲みよりも短い時間で、効率的にお金を稼ぐことができます。 

またデートをすることで、プレゼントを買ってもらえるなどのメリットもあります。 

中には、タワーマンションの家賃を払ってもらっているパパ活女子も存在します。 

しかしパパ活のデメリットは、お金が稼げる分個人間の関係性を深めることが必要で、時には体の関係も求められることです。

 

ギャラ飲みのメリット・デメリット

ギャラ飲みのメリットは、安全性が高く、報酬未払いなどのトラブルが起きにくいことです。

ギャラ飲みの場合、専用アプリやサービスは運営会社が男性と女性を徹底的に管理しているので、そういったトラブルが起こりにくいからです。

ギャラ飲みの会場も個室や密室が禁止されている事が多いので、身の安全が確保できるという点がメリットでしょう。

また運営の24時間サポートもあるので、もし何か起きたときでも安心です。

その分パパ活よりは稼げる報酬が少ないことがデメリットですが、飲み会の回数を重ねることが稼ぐコツです。

またギャラ飲みの報酬は口座振込のパターンが多いので、稼ぎすぎると確定申告が必要なことがデメリットとして挙げられます。

ただし安全性が高いのは専用アプリやサイトを通したギャラ飲みに限るので、個人業者が斡旋する飲み会は安全性などのメルっとは当てはまりません。

パパ活とギャラ飲みをうまく使い分けるには?

パパ活とギャラ飲みは、条件や報酬、拘束時間によってうまく使い分けましょう。

絶対に体の関係が嫌だという女性は、ギャラ飲みをメインで使うのがおすすめです。

また体調が悪くお酒が飲めない時や夜の時間が取れない時は、食事やお茶だけで手当がもらえるパパ活案件を探してみましょう。

パパ活をメインで考えている女性は、時間が空いてしまったけれど、予定が合うパパがいない時にギャラ飲みを使ってみるのが良いでしょう。

うまく行けばギャラ飲みで出会った男性が、パパになってくれることもあるかもしれません。

ギャラ飲みとパパ活の違いまとめ

パパ活とギャラ飲みの最大の違いは、飲み会以外の時間も一緒に過ごすか過ごさないかです。

ご飯や飲み会で稼ごうと考えている女性は、パパ活よりもギャラ飲みの方がおすすめです。

逆に1対1で深い関係を築き、長期的に稼いで行きたいと思っている女性にはパパ活をおすすめします。

どちらが向いているかは女性自身の性格やできることによるので、自分はどちらが向いているのかしっかり考えてギャラ飲みやパパ活を始めましょう!







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者