Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2016/07/16 Android(アンドロイド)特集記事, ニュース

newsui-tab-top

 
4000万ダウンロードを突破したソニーの人気ニュースアプリ『ニューススイート』。
その『ニューススイート』が、アップデートでタブレットにも対応しました。タブレット用に見やすいUIが適用されています。ニューススイートはXperiaにプリインストールされているAndroid向けニュースアプリで、世の中の最新ニュースをジャンルごとに読めることはもちろん、自分の趣味のニュースを集めてじっくり読むことができる、新感覚2 in 1アプリです。

今回は改めて『ニューススイート』の機能全般と合わせて、新規対応したタブレット版UIの紹介をしたいと思います。


ニューススイート 無料ニュース:(旧名Socialife)
価格:無料

ニュースがサクサク読みやすい

newsui-tab-01new

『ニューススイート』は、色々なジャンルのニュースが、とても読みやすいのが特徴です。
ニュースの各ジャンルがタブで横並びになり、左右スワイプでジャンルを切り替え可能になっています。
まるでTVチャンネルをザッピングするような感覚で、読みたいニュースを探せます。
 

newsui-tab-02

「総合」に始まり、「エンタメ」「スポーツ」「政治」「グルメ」「ビューティー」など、様々なジャンルのニュースタブが閲覧できます。
 
なお、今回新規対応したタブレット版のUIでは、このニュースタブも一覧性があって非常に読みやすくなっています。

newssuite-tab-04-2

各ニュースの見出しをタップすると、まずトップ画像と本文が表示され、興味のある内容なら「続きを読む」をタップして記事詳細を閲覧できます。サクサク快適、スルスルと読むことができます。
 

newsui-tab-20

なお、「続きを読む」の下には「こんな記事も読まれています」と、関連記事の紹介が出ます。
今選択しているニュースに関連がある記事がズラッと並ぶので、あなたが興味ありそうなニュースを探すのも楽々です。
 

通知を設定して好きなジャンルのニュースを見逃さない

newssuite-07

設定により、毎日決まった時間にニュースの通知をさせることができます
通知は自分の好きな時間を設定できます。さらに通知時間を追加できるほか、それぞれジャンルも違うものを指定できます。
「朝の通勤時間は総合、昼休みはビジネス、帰りはスポーツとエンタメ」など、自分の趣向やライフスタイルに合わせてカスタマイズできます。
 

「お気に入り」で自分好みのニュースを集める

newsui-tab-08

「お気に入り」では自分が興味あるニュースだけをまとめて追加できます
「お気に入り」タブをタップすると出てくる「+」タブから、自分の趣味や興味のある話題を登録して、それに関するニュースを集めることが出来ます。登録方法として、「簡単登録」「人気から登録」「カテゴリ/URL」「キーワード登録」の4項目があります。
それぞれ見ていきましょう。
 

『簡単登録』からサクッと登録

newsui-tab-09

簡単登録」には「人気のキーワードをおためし登録」があり、今話題のキーワードが並んでいます。
気になるものがあったら「+」をタップして登録してみましょう。そのキーワードについて書かれた記事が集まります
例えば「三代目J Soul Brothers」を登録すると、「三代目J Soul Brothers」に関する記事が集まるタブが増えます。
 

newsui-tab-10

さらに「簡単登録」には「人気のニュースメディアをまとめて登録」があります。
こちらはニュースパックになっていて、あるカテゴリの情報サイトがまとめて登録できるようになっています
例えば「ゲームパック」を登録すると、「4Gamer.net」と「電撃オンライン」の2サイトが一度に登録されます。
何を登録してよいか迷ってしまう時、興味のあるジャンルを選んで登録ができるニュースパック登録は、早くて簡単便利です。
また「人気から登録」では、人気のあるRSSがランキング形式で50位まで載っています。
とりあえずランキング上位のRSSを押さえておけば、話題に乗り遅れることはなさそうですね。
 

カテゴリ別に探すのも手

newsui-tab-11

「流行りのキーワードにはなっていないけど、〇〇についての記事が読みたい」そんな人には、「カテゴリ/URL」がおすすめ。
ここでは、カテゴリ別におすすめのRSSが載っています
カテゴリはけっこう細かく分かれていて、「スポーツ」を見てみると、野球・サッカーなど7つに分かれています。
さらにサッカーを見てみると、各チームのものを含めてなんと50個のRSSがありました。これだけあったら、読みたいRSSもきっとあるはず。
なお載っているRSSだけでなく、URLを直接入力して登録することも可能です。
 

キーワード登録でもっと自分好みに

newsui-tab-12

「簡単登録」や「人気から登録」も便利な機能ですが、もっとマニアックなニュースを集めたい!と思う人もいるでしょう。
集めたいニュースのキーワードが、「人気のキーワードおためし登録」には出てこない場合や、RSSで情報を集めるよりも、ピンポイントで【〇〇】についてのニュースだけ集めたい、なんていう場合です。
そんな時には「キーワード登録」を利用しましょう。
自分が登録したキーワードに関するニュースが自動で集まってくるのが、「キーワード登録」です。
「お気に入り」タブの「+」タブから「キーワード登録」をタップ。「好きなキーワードを入力しよう」の欄に、自分の好きな有名人や映画の名前、営業先の会社名や出身地など、自分の知りたい話題に関するキーワードを入力しましょう。
 

キーワード登録のコツ

newsui-tab-13

例えば、キーワードに「東京」を入れて「+」をタップすると、「東京」タブが形成され、「東京」のキーワードが入ったニュースが集まります。
この「東京」タブを見てみると、都知事に関するニュースから、「東京五輪」のニュース、「三菱東京UFJ銀行」に関するニュースまでと、かなり幅広いラインナップになっています。
「東京」が一言でも入っているニュースなら、全部拾い集めてくるのです。
 

newsui-tab-14

でも、「東京は東京でも、東京の野球に関するニュースが知りたいんだ!」という時には、キーワードを追加して、「東京 野球」で登録します。
そうすると「東京」と「野球」の両方のキーワードを含むニュースが集まります。都知事や銀行のニュースは消えるわけですね。
このように、キーワード登録は複数個のキーワードに対応しています。
ピンポイントで情報が知りたい場合には、関連するキーワードを複数登録しておくと、自分が知りたいニュースだけが集まってきます。
 

簡単便利な『ニューススイート』。スマホでもタブレットでも、サクサクとニュースチェックができちゃいます。一度使ったら手放せませんよ。
なおホーム画面において便利な、ウィジェットもありますので、ウィジェットでニュースを読むのも可能です。
自分好みにカスタマイズした『ニューススイート』で、充実したニュースライフを送りましょう。





ニューススイート 無料ニュース:(旧名Socialife)
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 ニューススイート 無料ニュース:(旧名Socialife)
価格 無料
対応OS端末により異なります
バージョン 端末により異なります
デベロッパー名 Sony Corporation
レビュー日 2016/06/16


関連記事



Android(アンドロイド)特集記事カテゴリの最新記事

【一足早い試遊レポート】期待の大作!今夏登場予定の新作RPG「ファイブキングダム-偽りの王国-」を徹底紹介!
コード・ブルー等のフジテレビ人気ドラマが『無料』で見れる!暇つぶしの救世主『FOD』
【オクトバインタビュー】健康を考慮した献立を提案してくれるアプリ『MENUS』を提供するDMM.comへ直撃インタビュー!
絶対零度が『無料』で見られる!フジテレビ人気ドラマを見逃したら『FOD』
【オクトバインタビュー】全く新しい位置情報ゲーム『テリトリーモンスターズ』開発者を直撃! 陣取りゲーム・戦略的パズル・モンスター育成が融合した新感覚のゲーム

ニュースカテゴリの最新記事

戦国炎舞 -KIZNA-:サムザップ最新作情報を「東京ゲームショウ2018」で発表
ブシロード:海外スマートフォンゲーム日本サービス発表! 『ロストディケイド』『九州三国志』2タイトルのティザーサイトをオープン
妖怪ウォッチ メダルウォーズ:ネットマーブル×レベルファイブ、妖怪ウォッチの新アプリタイトルがTGS2018出展&事前登録受付スタート!
D×2 真・女神転生 リベレーション:新AR機能「デビルスキャナ」の先行体験版を期間限定で実装! 東京ゲームショウ2018出展情報第3弾を公開!!
RSS登録機能が便利なニューススイート!FeedlyなどのRSSリーダーからも引き継ぎ可能に!


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る