MENU

マッチングアプリで実際に会うまでの期間について。どんなタイミングがベスト!?

「マッチングアプリで出会ってから1週間、初対面はいつがいいのだろう?」 これは誰もが悩むところでしょうが、今回はその件について解説していきます。
目次

マッチングアプリで会うまでの期間は短い方がいい

マッチングアプリを始めたばかりの人は、女性と会うまでの期間に大いに迷むことでしょうが、結論からいうと「その期間は短いほうがいい」となります。 それというのも、マッチングアプリで会う女性には妄想が膨らみ、ドンドン美化する傾向にあり、時間をかけて、ようやく会ったものの・・・ 「想像と違った」 「メールのときと違って実際の会話ではあわない」 「電話のときと反応が違う」 などなど、現実のギャップに打ちのめされることもあるからです。 これはもちろん男性だけではなく、女性があなたを見てテンションを下げることもあります。 どれだけ時間をかけたとしても、実際に会った時のフィーリングがすべてなのです。 ですから、会うなら早めのほうがいいわけです。

機会損失に繋がる

一人に会うのに時間を使いすぎると、機会損失につながることも。 その人のみに目が奪われると他の女性とのやりとりがおろそかになりますが、もしだめだった場合二人目の人が別の人になびいてしまうこともないわけではありません。 しかし、会うまでに期間を短縮することで「より出会いの数」をアップして、別の女性との出会いの回転率を向上させることが出来るわけです。

タイミングを逃すことにもつながる

会うまでに期間に時間をかけすぎてしまうと、「実際に会うタイミングを逃してしまう」ことにもなりかねません。 マッチングアプリをしている女性は、アプリ内だけの出会いだけではないからです。 もしかしたら、リアルな合コンに誘われて他の男性とデートをして告白されるなんてこともあるでしょう、 あなたがモタモタしている間に、他のアプリ会員の押しに負けて初デートをして告白されることだってあります。

知れば知るほど不安になることも

メッセージを長くやりとりすることで、いらぬ解釈や不安につながることもあります。 文字情報は言葉と違って感情がないため、時にはきつく感じることもありますよね? 文書を打つのを省略するために、刺々しい表現になってしまって距離を置かれることもゼロではありません。 ですから、実際に会うときは、メールのやり取りでお互い盛り上がったその時がベストなのです。 無駄な会話をダラダラ続けるのは、リスクを生じることになりかねませんので、お薦めはしません。

会う期間でベストタイミングは?

ではマッチングアプリで出会った女性と会うまでのベストな期間はいつがよいのでしょう? 長引くのはNGですが、会うまでに期間は長い短いというよりも、タイミングが全てなのです。 要するに、会話の中でいかに会うタイミングを作っていくかが重要となります。

当日や翌日に出会うケース

当日や翌日に会える女性は真剣な交際を目的としていない場合がほとんどでしょう。 ですので、こちらはあなたの目的によって考え分けるようにして下さい。

1週間後に出会うケース

出会いまでに一番ベストな期間が「1週間前後」です。 お互いのことをある程度知ることも可能で、「会いたい熱」が一番燃え上がるタイミングでもあります。 もちろん会話の進め方や、誘い方にもよりますが「恋愛対象になりやすい女性」が多い印象です。 逆に1週間やりとりをしてみても「会う話にならない」女性は、思い切って除外しましょう。 これではダラダラしてしまい、機会損失に繋がりやすいためです。

1ヵ月後は?

特別な理由がないかぎりは、10日以上のやりとりを要する場合も見切りをつけましょう。 特別な理由とは、 ・サービス業で繁忙期の為 ・お互いの距離が離れている(引越しのタイミングで) などですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか? マッチングアプリに不慣れですと、「せっかくの出会いを大事にしたい」とか「いきなり誘って嫌われたくない」などの守りに入りがちでしょうけれども、それは考え方として根本的に間違っています。 お互いが出会うための場なのですから、どんどんいくべきなのです。 もちろんがっつきすぎると相手に引かれてしまいますので、その線引がじゅうようではあるものの、もたもたして得られるメリットは何一つとしてありません。 焦りすぎず、かといっておそすぎずに機を見るに敏で対応するようにしましょう。 その点を見極めることができればきっと数多くの出会いをこなすことができるはずです。 ]]>

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる