MENU

Pairs(ペアーズ)でマッチングした相手からブロックされたときの確認の仕方

マッチングアプリで自分にぴったりの素敵な彼氏を見つけよう!

今回はPairs(ペアーズ)でブロックされたときの確認方法を解説します。 相手にブロックされたらどうなるか? その「確認の仕方が知りたい」「突然メッセージが消えた」と悩んでいる男性はぜひご一読を!
目次

Pairs(ペアーズ)のブロックとは

ブロックとは、その名の通り相手のことをブロックするための機能です。 TwitterやLINEのブロック機能をイメージすれば分かりやすいと思います。 ボタンひとつで嫌な相手や面倒な人を完全にシャットアウトすることができます。

ブロックされるとどうなる?

Pairs(ペアーズ)でブロックされると、相手の顔写真やプロフィールを見たり、お気に入りに追加することができなくなります。 また、既にマッチング中の相手にブロックされたときは、メッセージを送れない/見れない状態になります。 そして、一度ブロックされたら二度と解除されません。 ブロックした側は設定の”ブロックユーザーリスト”であなたのことを確認できますが、あとからブロック解除することはできません。 つまり、ブロックされた時点で終了です。

ブロックと非表示の違い

婚活アプリをやめない彼氏には「やめてほしい」と言ってみよう

Pairs(ペアーズ)には、非表示という機能も備わっています。 ブロックと非表示の違いは相手からの見え方や解除の可否です。 先ほど説明した通り、ブロックは解除できないので、嫌いな相手を完全にシャットアウトできる機能です。 一方で、非表示は相手からの見え方が変わりません。 非表示していることがバレないようにブロックできます。 また、設定の”非表示ユーザーリスト”からいつでも解除できます。 これがPairs(ペアーズ)における非表示とブロックの違いです。

Pairs(ペアーズ)でブロックされたときの確認方法

<婚活目的なら>Omiai・ゼクシィ縁結び

ブロックとは何かを簡単に理解したところで、Pairs(ペアーズ)でブロックされたときの確認方法を解説します。 まず、先ほどブロックされたらプロフィールが見れなくなると書きましたが、実はそのときに”退会済み”と表示されます。 つまり、マッチング中/やりとり中やお気に入りに退会者がいたら、その相手にブロックされている可能性が高いです。

ブロックと退会の見分け方

しかし、別の理由で退会しただけという可能性もあります。 とは言え、Pairs(ペアーズ)のブロックと退会の見分け方は廃止されてなくなったので、退会済みのユーザー=ブロックした相手と見なすことをおすすめします。 新しくアカウントを作ってブロックした相手を探すことは絶対におすすめしません。 もし発見できたとしても同じようにブロックされるだけで見分ける時間が無駄です。 ブロックは解除できないと気持ちを切り替えて、彼女探しを再開してください。

Pairs(ペアーズ)でブロックされないためには

ブロックされたときの確認方法を確認したところで、Pairs(ペアーズ)でブロックされないための対処法や注意点を解説します。 女性にブロックされた原因や理由はあなたにあるはずです。 失敗を引きづらないことが重要ですが改善する努力も必要です。

何度も足あとをつけない

足あとがしつこい男性はブロックされやすいです。 女性からするとストーカーの被害に遭っている気持ちです。 そのため、相手にプロフィールが見られる非表示ではなく、完全にシャットアウトできるブロックをされるのは自然だと思います。 もし、相手のプロフィールを見たいなら、足あとを残さないようにすることをおすすめします。 設定の”足あとを残す”をOFFにしてください。 そうではなく、何度も足あとを残していいねをもらいたいなら、時間の無駄なのでやめたほうがいいです。

最初のメッセージに気をつける

その人の印象のほとんどが第一印象で決まります。 Pairs(ペアーズ)だとマッチ後最初のメッセージです。 「マッチングしてすぐにブロックされることが多い」と悩んでいる男性は、挨拶の内容を見直すことをおすすめします。 とは言え、無駄に作り込む必要はありません。挨拶プラスアルファくらいで十分です。 むしろ、はじめての会話なのに距離感が近いことがブロックの原因かもしれません。

Pairs(ペアーズ)のブロックのまとめ

以上が、Pairs(ペアーズ)のブロックとは何かの解説でした。 ブロックされたか確認する方法は”退会済み”の表示を確かめることです。 ブロックされたら二度と会話できないので、足あとやメッセージに気をつけることをおすすめします。 ]]>

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる