目安にすべきパパ活相場|一回のお手当や月額料金など詳しく解説

 

パパ活をする上で気になるのは、「どのくらいのお手当がもらえるか」ではないでしょうか。

また、個人間のやりとりが中心のパパ活は、個人でのリスクヘッジが必要不可欠。余計なトラブルを発生させないためには、パパ活でもらえる金額(報酬)の相場を知ることが重要です。

そこで今回は、目安にするべきパパ活の相場について解説していきます。1回のお手当てや、月額料金などについても触れていきますので、ぜひご覧ください。

そもそもパパ活の金額(報酬)に相場はあるの?

パパ活のお手当に明確な決まりはなく、女性やパパがそれぞれ金額を決めています。そのため報酬金額は人によってさまざま。

それでも、パパ活の金額には一定の相場や目安があります。この金額は、「お茶」「食事や飲み会」「カラオケやドライブ」「ショッピング」「旅行」など、パパ活のサービス・内容によっても変わってきます。

お茶や食事に比べて、密室になるカラオケやドライブは金額が上がる傾向が!さらに、長時間一緒に過ごす旅行は、より金額相場が上がってきます。

サービスや内容によって相場は変わってくるとはいえ、相場〜相場以上のお手当をくれるパパもいれば、相場よりかなり低い金額のパパもいるでしょう。どうせなら相場〜相場以上のお手当をくれる男性と出会いたいですよね。

しかし、そもそもの相場を知っていなければ、お手当を沢山くれる方なのかどうか判断がつきません。

また、さまざまな方がパパ活やっているので、トラブルが生じる可能性も考えられますよね。金銭面のトラブルや、パパ活は個人同士でのやりとりが必要なため、各々でリスクヘッジする必要があります。

パパ活の相場を知ることは、危ない男性を避けるための選定基準になります。不必要なトラブルに巻き込まれないためにも、金額の相場は知っておきましょう。

パパ活の料金相場・比較

パパ活の相場は、5千円〜10万円ほど。どうして金額に開きがあるのかというと、パパ活の相場はサービスや内容によっても異なってくるからです。

それでは、顔合わせや食事、カラオケなど内容別に相場を見ていきましょう。

パパ活の料金相場:顔合わせ・お茶

顔合わせとは、パパ活サイトやSNSを通じて出会った男性と初めて会う場を指します。この初顔合わせ時にお金の交渉や今後について決める方が多くなっています。

基本的に顔合わせはカフェや喫茶店で行うケースが多く、拘束時間も短いため相場は5千円〜ほどです。

パパ活の料金相場:食事・飲み

食事を共にしてくれる女性を探している男性は多く、拘束時間も短いため、パパ活初心者におすすめです。

そんな食事や飲みの報酬相場は、1万円〜3万円程度。地域によっても若干の前後はありますが、このくらいが相場だと理解しておきましょう。

パパ活の料金相場:カラオケ・ドライブ

デートの定番、カラオケやドライブの報酬相場は、1万円〜3万円ほど。

定番デートでもあるため、このようなサービスを求める男性も多いですが、カラオケ・ドライブは「密室に二人きり」のため、当然リスクが生じます。

できるだけ何度か会って信頼できるパパと行くようにしましょう。また、出会って早々にカラオケやドライブなど、密室になる環境に誘ってくる男性には注意しましょう。

パパ活の料金相場:旅行

拘束時間が長い旅行はその分報酬も高額です。相場は、10万円〜30万円ほど。金額は高いですが、ずっと気を遣い続ける必要があるため精神的にかなりキツイことが予想されます。

こちらもカラオケやドライブ同様リスクが伴いますので、信頼できるパパとだけ行くようにしましょう。

パパ活の料金相場:月額契約

パパ活における月額契約とは一度にまとまった報酬をもらい、もらった金額を考慮して月に複数回会う機会を設けるものです。1回1回予定を決めて会う都度契約に比べて、金額の相場は高く、5万円〜40万円程度。会う回数や内容によって大きく開きがあります。

ちなみに、月に会う頻度は平均で2回〜だとか。金額が高い分、大人(肉体関係)ありのケースも多いです。

パパ活で月に大きく稼いだ金額の例

SNSではパパ活について投稿している女性がたくさんいますよね。その中から、大きく稼いだ金額の例を紹介していきます。

【例1】

こちらの女性は、1ヶ月で150万円ほど報酬があったそう。複数人パパを抱えているとはいえ、1ヶ月にこの金額は驚きですね。こちらの方は何もない月でも高額報酬をゲットできたようですが、パパ活界ではクリスマスやバレンタイン、誕生月などイベントがある月はお手当がアップする傾向にあるようです。

 

【例2】

月2回のショッピングデートで、毎回10万〜30万円分購入してもらうほか、お手当は約10万円もらっているそう。1回のショッピングあたり10万円だとしても最低30万円以上になっていることがわかります。

パパ活の相場は地域によって変動する?

パパ活の相場は地域によって若干変わってきます。東京都など、人口の多い都市部はお金を持っている男性が多く、その分お手当をたくさんくれるケースがあるからです。

とはいえ、地方でも札幌市や名古屋市、大阪市や福岡市をはじめとする政令指定都市は、ある程度の人口が見込めるため、お金を持っている男性も多いでしょう。政令指定都市以外のあまり人口がいない地域は、そもそもパパ活相手を募集している人が少ないため、相場は低くなりがちです。

パパ活を募集している人が少ない地方は、パパ活をする上でデメリットと考えてしまいますが、ある意味では大きなメリットになります。都市部はパパ活をしている女性の数も多いため、競争率がとても高いです。特に条件の良いパパとなると、パパ活に慣れた女性やルックスに自身のある女性がライバルになり得ます。

しかし、競争相手が少ない地方であれば自信がない方や初心者の方でも十分にチャンスがあります。

パパ活は、良い男性に出会えるかどうかがとても重要です。そのため、パパ活サイトやアプリを上手に活用して、良いパパを見つけられたら地方でも相場〜それ以上に稼げるでしょう。

それでも「地方在住だから、稼げるか不安…」「しっかり稼ぎたい」という方は、都市部まで出向いてパパ活をする出稼ぎスタイルを取り入れてみても良いでしょう。

パパ活の相場は年齢によって変動する?

パパ活に年齢制限はありませんが、相場は年齢によって多少変化していきます。ちなみに、パパ活をしている女性で最も多い年代は、18歳〜29歳。

パパ活サイトでは18歳未満のサイト・アプリ利用が禁止されているため、パパ活をしている女性は必然的に18歳以上となっています。

もちろん30代、40代の女性もパパ活をしている方はたくさんいます。しかし、男性側が求める条件に「若さ」が挙げる場合が多いため、相場が高いのは18歳〜29歳までの女性です。

30代以上の大人女性が稼げないというわけではありません。先述した通り、パパ活は明確な金額設定はなく、あくまで個人間で報酬額を決めていきます。そのため、男性側が「高い金額を払っても会いたい」と感じた場合は、相場以上のお手当が見込めるケースも。

若い女性を求める男性が多いのは事実ですが、30代、40代の女性ならではの魅力もあります。「若い女性だと年齢差がありすぎて会話が続かない」「周りの目が気になってしまう」といった不満を抱える男性も少なくありません。

このような理由から、経験豊富で落ち着きのある大人の女性を探している方もたくさんいます。相場は若い女性の方が高い傾向にありますが、諦めずに自分の魅力を高めていくことによって相場以上の報酬を得るチャンスが巡ってくるでしょう。

パパ活の相場は容姿や服装によって変動する?

パパ活の報酬相場は、容姿や服装によって変動するのでしょうか?

答えは「YES」です。

「お金をたくさん払ってでも、美人と食事したい!」と考えるお金持ちの男性はたくさんいます。芸能人レベルの顔・スタイルを持っている女性や、ミスコン経験者など、いわゆる「美人」の方は、相場をはるかに超えた報酬をゲットできるでしょう。

ですが、容姿に自信がない方は全く稼げない、というわけではありません。女性に「美しさ」を求める男性は多いですが、同じくらい「癒し」を求めている方が多いからです。

女性は愛嬌という言葉があるように、コミュニケーション能力が高く気遣いができる女性はとても需要があります。パパ活をするなら、男性に「お金を払ってでも会いたい」と思ってもらうことが重要です。容姿に自信がないなら、パパとのコミュニケーションを重視し、「癒し」と「愛嬌」スキルを高めましょう。

また、服装も重要なポイントです。

パパの好みにもよりますが、多くの男性はいわゆる「キレイ目」なファッションを好む傾向にあります。特に初顔合わせの場合は、ワンピースやスカートなど女性らしいファッションがおすすめ。何度か会う関係性なら、パパ好みの服装を聞いて、着ていくと良いかもしれません。

どんなファッションでも、清潔感のある服装を心がけましょう。さらに、メイクも派手すぎない色味がベスト。「濃いメイクは苦手」という男性も多いので、パパ活をするときは、万人受けするナチュラルメイクを目指すと良いでしょう。

どんな女性が高い金額を獲得しているの?

どんな女性が高い金額を獲得しているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

容姿が整っている女性

やはり、容姿が整っている女性は報酬額が高い傾向にあります。「たくさん支払っても美人と食事したい」と考える男性は多いのです。

愛嬌がある女性

愛嬌があって、一緒にいて癒されるような雰囲気の女性もパパ人気が高いです。最低限の容姿や清潔感は求められますが、「超美人」ではなくても、相場以上に稼いでいる女性はたくさんいます。

複数のパパと関係を築いている女性

パパの人数が増えれば、その分報酬額は高くなります。パパ活をしている女性は、複数人の男性とパパ活をしている方がほとんど。短時間で高額支払いをしてくれるパパがいれば、報酬額はグッと上がるでしょう。

月契約を結んでいる女性 

1回ずつお手当がある都度契約に比べて、月に何度か会う取り決めをする月額契約は報酬額が高い傾向にあります。月あたりにパパと会う回数は平均2回ほど。相場は5万円〜40万円と大きな開きがありますが、交渉次第では報酬額をアップできます。

リピーターが多い女性 

リピーターが多い女性は、パパ人気が高く報酬額も高くなります。パパと関係を築いていく中で、「また会いたい」と思ってもらうことが大切です。容姿や服装、会話などに気を使い、「会いたい」「お金を払いたい」と思われるように心がけると良いでしょう。

パパ活で相場を上げるコツ

稼いでいる女性の特徴を知った上で、パパ活で相場を上げるコツについて見ていきましょう。

「お金を払ってでも会いたい」と思われるよう、良い印象を与える

相場以上の報酬を得るには、「相場より高い支払いになっても会いたい」と思われる必要があります。容姿や服装、話術や愛嬌など自信がある部分を伸ばしましょう。パパに良い印象を持ってもらうことが重要です。

リピーターを増やす

1度や2度で終わってしまう関係よりも、長く続いた方が報酬は増えやすい傾向にあります。パパに繰り返し会いたいと思ってもらえるような努力が必要でしょう。リピーターが増えると「安定的な収入が見込める」といったメリットもあります。

報酬以外の手当てをもらう

報酬以外の手当をもらうのもおすすめ。例えば「ショッピングデートで化粧品や服を買ってもらう」などが当てはまります。現金ではないものの、自分ではなかなか買えないブランド品が手に入るチャンスです。また、タクシー代や飲食代なども報酬以外の手当てになります。

パパを増やし、デートをはしごする

単純にパパの数が増えると、報酬額も増加します。効率よく稼ぎたいなら、同じ日に短時間デートを複数セッティングして、ハシゴすると良いでしょう。お茶や食事だけの短時間デートがメイン(報酬は平均)のパパ、旅行や泊まりなど長時間デートがメインのパパ(報酬は平均以上)など、パパの層を厚くするのもおすすめです。

月額契約を結ぶ

月額契約を結ぶのも、相場を上げる近道です。会う頻度や内容によって金額はさまざまですが、交渉次第で報酬額を上げていくことが可能です。

相場を大幅に超えるパパ活(特にSNS募集)に注意!

パパ活の相場についてお伝えしてきましたが、特にSNSで募集している「相場を大幅に超えた案件」は注意が必要です。

SNSでは、安全性が保証できない勧誘なども多く存在しています。報酬が高いからと応募してしまうと、デート以上の関係を求められる可能性も否定できません。それどころか、ネズミ講やネットビジネスなどの勧誘をされるケースも考えられます。

パパ活専用サイトやアプリは、そもそもパパ活相手を募集している方が利用しているため、ある程度の安全性は担保されています。

さらにSNSでは「匿名性が高く簡単に嘘をつける」「顔がわからない」などの不安要素も。SNSを利用しているのはパパ活相手を求めている方だけではないため、アカウントが凍結されたり、未成年犯罪被害を防ぐため警察が動いたり…といったケースもあります。

TwitterをはじめとするSNSでパパ活を募集している方や、パパ活について呟いている方はたくさんいます。うまく活用すると情報収集や良い相手と巡り会える便利なSNSですが、トラブルや危険を回避するためにも怪しいと思ったら近付かないようにしましょう。

そのようなリスクヘッジを行うため、特にSNS上では「相場より高すぎる(もしくは安すぎる)案件に応募しない」ことが重要です。

自分の身を守るためにも、パパ活における相場を理解しておく必要があるのです。

まとめ

パパ活の料金相場や、報酬を上げるコツについて解説しました。

定めがなく報酬額にバラつきがあるパパ活ですが、目安や相場は存在しています。良いパパに巡り会うためにも、さまざまなリスクやトラブルを回避するためにも、パパ活の相場を理解しておく必要があります。

効率良く稼ぐためには、「相場より高い金額を払っても会いたい」と思ってもらうことが重要です。パパ活への理解を深め、相場より高額な報酬を手に入れていきましょう。

以上、パパ活の相場についての解説でした。







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者