パパ活には専用アプリ・サイトが必須!サービスの特徴比較・選び方を解説

 

パパ活ってどこで行うのだろう、とSNSをチェックしていると公然とツイッター上でパパ活募集とツイートしている女性がいます。

『え!?身バレとか怖くないの』と感じたあなたは普通の感覚を持った良識のある女性です。

でも、パパ活って実際どんなところで始めればいいのか分かりづらいですよね。

そこで今回の記事では、パパ活には専用アプリとサイトが必須な利用を解説しつつ、サービスを比較していきます。

パパ活をするには専用アプリ・サイトが重要

パパ活をする女性にとって専用アプリやサイトはとても重要です。

なぜなら、パパ活をする女性は顔で稼いでいると世の中の様々な人から偏見の目で見られてしまうからです。

残念ながら、多くの一般人の方にとってパパ活は理解される職業ではありません。

基本的に太パパとのコネクションをずっと保ち続けるためには、顔だけでなく性格やマナーなど様々な面で一般女性よりも高いクラスにいなければなりません。

パパ活は容姿はもちろんのこと、あなたがどれだけ高嶺の花であり続けられるのかを試される業種であると考えておきましょう。

ただ、繰り返しになりますが、ドラマになったとはいえパパ活界隈には様々な偏見の目がもたれています。

そんな中であなたの身を守るためには、SNS上の活動ではなく専用のアプリとサイトが重要になってきますよ。

特に、パパにとっても身バレは非常に危険で、街中のナンパや専用のアプリやサイトに頼っている現状があります。

パパ活アプリ・サイトのサービス概要(特徴)

では続いてパパ活アプリやサービスの概要について解説していきます。

ここで解説する概要は以下の通りです。

  1. 男性には身分証や年収証明が必要なこと
  2. 会員登録料が必要で変な男性がいないこと
  3. 個人情報のセキュリティが整っていること
  4. 会員数が非常に多いこと
  5. 検索条件であなたの条件に合うパパが見つかること

どれをとっても有用なメリットしかないので是非目を通して見て下さい。

①男性の登録に身分証・年収証明が必要

男性が本気でパパ活をする場合には、身分証や年収証明が必要となってきます。

なぜなら男性がパパ活する場合、平均以上の年収が確保されていないと余裕のあるお手当を支給できないからです。

パパ活とお手当は切っても切れない仲であり、女性の時間を拘束する以上お礼の意味を込めてお手当てを渡さなければなりません。

女性側からしたら、相手の男性がきちんと支払い能力があるかどうかを確認したいですよね。

そこでアプリやサイト側では、年収証明を提出できるパパを優遇しているのです。

基本的に安心して会っていいと判断できる年収層は以下の通りです。

年齢層 20代前半〜30代前半 30代後半〜40代 50代以上
年収層 500万円以上 600万円以上 700万円以上

年齢が上がれば年収も上がってくるのは当然で、年齢層に合わせてどれだけ稼げているかで人間性や安全性も変わってきます。

②会員登録料・利用料が必要(一部女性は無料)

パパ活アプリ・サイトの中には会員登録料や利用料が必要なところが多いです。

一部のアプリやサイトでは女性登録が無料なところもありますが、ハイスペックのパパを見つけるのであれば、ある程度の出費はやむを得ません。

なぜなら、ハイスペックなパパほど出会いに対する出費に糸目をつけず、高額な登録費用も簡単に捻出できるからです。

もしあなたが、普通のパパではなく、よりハイスペックで人間としても完成されているパパを見つけたいのであれば男性の利用料にも着目してください。

基本的にホームページ上やアプリ上で確認することができますよ。

実はこの利用料金というのは、パパがどれだけチャンスに対して投資できるのかを判断する基準ともなります。

例えば1万円を毎月出費しなければならないとなると、低レベルな男性は除外されるからです。

③セキュリティが整っている

パパ活アプリ・サイトは冒頭でもお話ししたように、世間的にあまり受け入れられないからこそ、個人情報の保護は完璧です。

まず運営から個人情報が漏れてしまうと、その情報によって運営会社の存在が危ぶまれてしまいます。

そのため、個人情報保護に関しては全社全力を挙げて取り組んでいますよ。

また、パディー67のシークレットモードのように利用すると自分の存在を知らせないままマッチングすることも可能です。

パパ活アプリでは顔バレのリスクは当然あるため、どうしても存在を隠したい方は各社のシークレットモードを利用するようにしてください。

④会員数が多い

意外に思われるかもしれませんが、パパ活アプリやサイトに登録する方は非常に多いです。

ペイターズが会員数を100万人(2020年12月8日情報)と発表しているからです。

パパ活というドラマにもなったほどですから、一定以上の支持を世間から受けていると考えて良いでしょう。

出会い系アプリやマッチングアプリでの低レベルな出会いに疲れた方が利用している印象が強いですね。

ちなみに筆者もそのうちの一人です。

20代後半で年収が500万円を超えており、仕事の合間のふとした瞬間に利用しています。

寂しさを紛らわせるためには、仕事上の難しい話にも一定のアドバイスや理解できる女性が必要なんですね。

そこで、利用するサービスの大半はパパ活アプリだけになっています。

⑤検索条件で条件に合うパパを絞れる

女性側にとって会員数が多いとより多くのパパと出会えるチャンスですが、条件の良いパパを見つけるのも一苦労です。

そこで、より自分にあったパパを見つけたいなら必ず検索を利用しましょう。

検索条件を絞り込むことで、候補にあがるパパはマッチングの可能性が非常に高まります。

例えば、若いパパと一緒に楽しみたいなら年収条件を下げると出会いやすいですよ。

また太パパを探したいのであれば、子供の有無などは要チェック項目です。

各パパ活アプリ・サイトによって検索条件は異なってくるので、複数のアプリ・サイトに登録して確認するといいでしょう。

意外と複数アプリ・サイトに登録しているパパも存在しているので、一つに固執する必要はありません。

【特徴比較】パパ活アプリ・サイトを6つ紹介!

ここまででパパ活アプリ・サイトがどれだけ優れているのかついて分かりましたね。

女性がパパ活をするのであればアプリやサイトを利用しない手はありません。

そこで、この項目ではパパ活をするにあたって利用すべきアプリ・サイトを6つ紹介していきます。

一つ一つが特徴を持ったパパ活アプリなので、ぜひ参考にしてみてください。

SugarDaddy(シュガーダディ)

特徴 女性料金 男性会員数 対応エリア 年齢層 運営会社
女性比率が7割の激戦アプリ 完全無料 非公開

※オーナーや会社役員が多い

全国

出張機能あり

40代以降 シナプスコンサルティング株式会社

シュガーダディは会員の全体数が20万人を超えているパパ活アプリです。

女性比率が7割となっているため、パパ候補はおよそ6万人となりますね。

やはり東京の登録者数の方が多いですが、地方でもパパを見つけることができるラインです。

信頼して会えるパパのバッジとして、年収証明を提出したプラチナパパがいます。

通常会員だとゴールド止まりなので、より安全性を高めたいのであればプラチナパパとの出会いに限定しておきましょう。

また、パパのスケジュール機能があり、予定が一目で分かるようになっているので、たまたま空いた日に新規のパパを見つけて遊ぶという使い方もできますよ。

お互いの予定日と地域が一致した場合マッチングが成立するため、出会うためのやり取りを短縮できるのが大きな特徴。

すぐに会えるため、メッセージやいいねなどの駆け引きが面倒な方におすすめです。

出張機能付きで、地方の女性であっても東京や大阪といった都市圏のパパとコネクションができるので必携のアプリと言えるでしょう。

SugarDaddy(シュガーダディ)では年齢確認・監視・セキュリティなどの安全性も徹底しており、24時間365日の監視体制や身分証明の提出によりトラブルのリスクを大幅に減らしております。

SugarDaddy(シュガーダディ)の登録はこちら

paddy67(パディロクナナ)

特徴 女性料金 男性会員数 対応エリア 年齢層 運営会社
ハイステパパが多いアプリ 完全無料 25万人 全国 20代〜30代 株式会社オスリー

パディーロクナナは公式ではパパ活目的の出会いを斡旋するマッチングアプリではないとされていますが、男性料金はパパ活アプリ相当になっています。

そのため、ほとんどの男性がパパ活目的で利用しているので、積極的に交渉を行っていきましょう。

筆者自身、29歳の頃に初めて使い始めたのがこのアプリで、若い層が非常に多いです。

若い層が多い分太パパを見つけるのには苦労しますが、謙虚パパとゆるくつながっていきたいならパディーロクナナがおすすめです。

アンドロイドだとユーザーインターフェース面で少し不都合が起こりやすい点には十分注意して下さい。

あなたの大事な商材である顔写真の比率がおかしくなってしまった場合にはサポートへの連絡が必須です。

また、パパ活を行う上で心配な「周りにバレる」心配も独自のシークレットモードを使えば知り合いにバレることもありません。

LINEのようなメッセージ画面なので、パパ活のやり取りに見えないのも嬉しいポイントです。

パパ活初心者の方におすすめのアプリと言えます。

paddy67(パディロクナナ)の登録はこちら

paters(ペイターズ)

特徴 女性料金 男性会員数 対応エリア 年齢層 運営会社
100万人が登録しているパパ活アプリ 無料 40万人 全国 30代から 株式会社Paters

ペイターズは100万人が登録している最大級のパパ活アプリです。

パパ候補となり得る、男性会員数は40万人とその他のアプリを大きく引き離していることが分かりますね。

年齢層も30代と比較的若く、パパ活初心者にとっては扱いやすいアプリの一つと言えます。

ただ、一点注意しなければならないのは、会員数が多いのはその分玉石混交ということです。

良パパもいればパパ活なれしておらずケチなパパも存在してしまい、あなたの時給を大きくさげてしまう要因にもなってしまうのです。

ちなみにペイターズはこの要因を排除するためにセンチュリオン会員機能を付与しています。

センチュリオン会員は月額会費4万円を支払える余裕のあるパパのため、かなりの確率で太パパになってくれますよ。

女性会員で自分に自信があれば、積極的に狙っていきたいパパ層です。

また、ユーザーのすべての投稿時に審査があるため怪しい業者や勧誘を防いでくれるのも安心です。

安全にパパ活を行いたいなら『paters(ペイターズ)』がおすすめです。

もちろん、パパ活としての安全面も抜群で「インターネット異性紹介事業」の届出を行なって受理されており、各都道府県の警察および行政機関とも連携を図っているので安全に使用することができます。

paters(ペイターズ)の登録はこちら

Love&(ラブアン)

特徴 女性料金 男性会員数 対応エリア 年齢層 運営会社
いいね回数がかなり絞られたパパ活アプリ

オンライン顔合わせもあり!

完全無料 非公開 全国

地方でも登録者多数

非公開 株式会社Blueborn

ラブアンはオンライン顔合わせを実装している珍しいパパ活アプリです。

オンライン顔合わせは、初回の顔合わせをオンライン上で完結させるサービスで、60分程で3000円分のアマギフがプレゼントされます。

初回顔合わせのお手当の相場とマッチしており、場所を選ばないため使い勝手の良いサービスとして脚光を浴びています。

また、検索から「いいね」送ってマッチングする従来の機能の他にもラブアンは大きな特徴があります。

それは、女性側はプロフィールに動画を設定することができることです。

女性はより幅広くアピールすることができます。

男性側もより好みの女性を見つけやすくなるので、見た目にこだわりたいという方におすすめです。

運営元は渋谷で開発を行うIT企業で、HPを確認したところラブアンのスタイリッシュさとマッチする今をときめく企業でした。

IT企業がバックボーンとしてあるので、これからの発展により期待できるアプリと言えますね。

Love&(ラブアン)の登録はこちら

DROSY(ドロシー)

特徴 女性料金 男性会員数 対応エリア 年齢層 運営会社
2020年10月発最新のパパ活アプリ 完全無料 非公開

男性1に対して女性9

全国

ただし、偏りありのため注意!

非公開 ジュリアンクルー株式会社

ドロシーは2020年10月にローンチされた、比較的新しいパパ活アプリです。

運営元はPVや動画作成を主に担っている会社で、そのスタイリッシュさがいかんなく発揮されています。

ただ、HPが非常に重く会員登録までに結構な時間がかかってしまうのが玉にキズ。

フットワークの軽さもある程度必要なパパ活での使用は少しためらいがでるかもしれません。

ちなみに、最新のアプリということもあって、男性会員数は全体の1割程度となっています。

女性比率がぐんと高いので、競争はかなり激しいですが勝ち抜けば、数少ない男性を一気に囲い込める可能性もあります。

登録がフリーアドレスでOK、名前も匿名なため登録に必要な個人情報も最小限で済むのがポイントですが、年収証明などがないため女性側は良質なパパを見極めなければいけないので注意が必要です。

容姿に自信があれば利用を検討してみましょう。

DROSY(ドロシー)の登録はこちら

ユニバース倶楽部

特徴 女性料金 男性会員数 対応エリア 年齢層 運営会社
交際クラブが元のパパ活アプリ 登録費無料

※ただし面接あり

3,576人

2021年3月

全国 40代以降 カジュアルダイニンググループ

ユニバース倶楽部はパパ活の中でもデート倶楽部活動に属するパパ活アプリです。

年齢層的には40代以降の大人しめなパパが多く、男性会員の数もその他のアプリと比べて少なめ。

ユニバース倶楽部では4つのクラスに分かれており、金額によってマッチングできる女性のクラスが異なります。

本当に出会いがあるのか思うかもしれませんが、実はこの男性会員全員が有料会員なんです。

無料会員という括りはなく、全員が出会いを求めて年会費を支払っているんですね。

その年会費も、ユニバース倶楽部では4つのクラスに分かれており、金額によってマッチングできる女性のクラスが異なります。

年会費を高く払っている人ほど良質な女性を見つけたいという意思が強いので、そういったパパに気に入られたら今後のお付き合いに期待が持てます。

初回デートにはセッティング料金もかかることから、ケチパパは少なく良質なパパとの出会いを見込めます。

ただし、品質にこだわるからこそ、面接も意外と厳しいとの評判です。

その点でも信頼して登録できる運営元と言えますね。

ユニバース倶楽部の登録はこちら

SNS上で探すパパ活との大きな違いは?

SNS上、特にTwitterやInstagramでパパ活をしている女性を多く見かけます。

サイトを通さないパパ活はかなり危険です。

SNS上では資産証明などが提出されておらず、相手パパがどんな人か『会ってみなければ』分からないからですね。

確かに完全匿名で自分の顔を出さず、雰囲気だけの写真でパパを集めているインフルエンザも存在します。

しかしながら、相手男性の選別に時間が割かれ、いいと思って出会った男性がお手当てをくれずに帰ってしまったという事態も多々発生しています。

なぜこのような事態が起こってしまうのかと言うと、男性側にも匿名の力が働いているからです。

匿名であれば、資産も捏造可能ですし、パパ活初心者を狙って無料で楽しもうという男性が発生してしまうのです。

何か気に入らないことがあれば、SNSを晒したり、写真を撮って脅したりとトラブルに発展するケースも少なくありません。

また、捨てアカウントの場合、無理やり大人の付き合いを強要してそのままお手当を払わずに帰ってしまったという声も聞きます。

悪質な場合は、行為後にシャワーを浴びている間に支払ったお手当をバッグから抜き取ったり、財布からお金を抜き取ったりすることも…。

しらばっくれてそのまま帰ってしまい、気付いた頃にはアカウント削除…なんてこともあります。

そうなってくると、女性側は泣き寝入りせざるを得なくなります。

一方でパパ活アプリやサイトでは、登録してメッセージを送る段階で料金が発生しており、そもそも入会の段階でかなりのハードルが上がっているんですね。

上記のようなハードルがあるからこそ、女性が安心してパパ活に精を出せるのです。

もっとも、パパ活アプリやサイト上でも詐欺被害に遭う可能性は否めませんが、怪しいと思う男性は思い切って通報してくださいね。

パパ活アプリの賢い選び方(女性の場合)

さて女性にとってのパパ活の賢い選び方とはどのようなものがあるのでしょうか。

最後の項目では、パパ活アプリを目的に沿ってどのように選んでいけばいいのか、実践的な内容をお伝えしていきます。

太パパでゆったりパパ活したい

太パパを抱えて生活のゆとりを増やしたい女性は、ユニバース倶楽部やシュガーダディなどのハイスペック男性が集まっているパパ活アプリを利用してください。

なぜなら、ハイスペック男性は秘密が共有できる特定の相手と長い付き合いをしたいと考えているからです。

そのためには、多少のお金の出費はいといません。

具体的には、愛人契約で月20万から30万といった金額もありえますよ。

ただし、ハイスペック男性とは秘密を共有した付き合いとなることが多く、自由奔放に遊びまわれるとは限らない点には注意して下さいね。

もちろん月極で20万、30万円と言う金額が提示されるということは体の関係も当然あります。

クリスマスやバレンタイン、年末年始など特別な日を一緒に過ごしたいという男性も少なくないため、当然プライベートの予定を犠牲にする必要もあります。

彼氏に隠れてコッソリパパ活をしている方はかなりのハードルとなるでしょう。

また、旅行など長時間拘束された状態でのお誘いにも乗る必要があります。

大人の関係はもちろん、長時間接待するので当然いつもよりも負荷がかかります。

高額なお手当に惹かれて承諾する前に、本当に自分でできるのかを考えてからにしましょうね。

紳士パパと食事を楽しみたい

紳士なパパと食事を楽しみたいならパディー67などの比較的若く高年収男性が集まるパパ活アプリを利用してください。

現在の若い世代は、謙虚なことが多く高年収男性であればあるほど、女性に対して高圧的に出てくることはあまりありません。

逆にバブルを経験しているパパだと、女性蔑視の風潮が強く紳士的なパパと出会える可能性は低くなってしまいます。

中にはムッとすることを平気で言ってくる男性も少なくありません。

自分や周りの女性を軽視してくると感じることもあるかもしれません。

自分は笑って対応できないと感じたら若い世代の男性を狙いましょう。

そのため、出来る限り苦労を経験している30代中盤あたりからのパパを狙って食事を楽しんでいきましょう。

若いパパとたくさん楽しみたい

比較的若い層のパパとお手当は少なくても楽しく遊びたいと考えているのであれば、ペイターズなどの比較的マッチングアプリに近い形態をとるパパ活アプリを利用しましょう。

20代前半から後半にかけて年収が500万円台を超えていると、若い世代でもパパ活に興味を持ち始めます。

そういったところから関係性を深めていき、将来の太パパになるように育てていくという楽しみ方もありますよ。

中には、パパ活から真剣なおつきあいに発展したという話も聞きます。

完全にお金目当てでなく、素敵な出会いを探したいという女性は若いパパとデート感覚で楽しむのも悪くないかもしれません。

もし、身体ありで考えているのであれば、自分と歳が近いほうが抵抗がないという女性も多いです。

今後も末長く付き合う人を探すのであれば若いパパを探すのも手です。

まとめ

今回の記事では、パパ活専用アプリとサイトを使う意味や、実際のおすすめアプリを紹介してきました。

SNS上でも確かにパパ活はできます。

でも、実際の所、安全第一かつ良パパを見つける!に特化するなら専用アプリを利用するのが一番ですね。

ただ、ご紹介してきたように専用アプリやサイトには様々な特徴が存在しているのも事実。

各社様々なサービスを展開し、年齢層や会員数に大きな違いが存在していまいしたね。

この記事を読んで、どのアプリが最もあなたにあっているのか、その指針になれば幸いです。







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者