パパ活でおすすめな服装とは?女性・男性別の印象の良い服装

 

パパ活をする時、どのような服装で行けばよいか迷ったことはありませんか?

実は服装ひとつでパパ活が成功するか失敗するか決まると言っても過言ではないほど、服装選びは重要なポイントです。

パパが好む服装とはどのようなものなのでしょうか。

「パパ活がうまくいかない」「太パパをGETしたい」と思っている人は必見です!

パパ活で服装は重要?ドレスコードあり?

パパ活が成功するかどうかは、第一印象で8割決まると言われています。

パパに「一緒に歩きたい」と思わせる見た目が重要です。中でも服装は、自分次第でいくらでも魅力を引き上げられます。

パパとのデートは高級レストランなどの「ドレスコード」がある場へ行くことも多いです。

ドレスコードとは時間帯・場所・場面にふさわしいとされる服装を指しますが、きちんと服装選びをしないと浮いてしまい、一緒にいるパパに恥をかかせてしまいます。

TPOに合った服装を選びましょう。特にジーンズやTシャツ、スニーカーやペタンコサンダルなどのカジュアルすぎる服装は避けなければいけません。

パパ活で印象が良い服装の特徴と好まれる理由

パパ活をしている男性は、経済的に余裕がある30代以上の大人な男性が多いです。

あくまでプロではない素人の女性とデートをしたいので、ばっちり着飾るのではなく、清潔感がある大人っぽい服装が好まれます。

清楚で上品かつ女性らしい服装で、特にスカートやワンピースが好ましいです。靴はドレスコードも考え、ヒールがあるものにしましょう。

露出が多いのはNGですが、体のラインがわかるような服装もパパをドキッとさせられるのでおすすめします。

また、男性はチラ見せに弱いものです。3首(首・手首・足首)を見せるようにすると変ないやらしさがなく、さりげなくセクシーになれるので覚えておきましょう。

パパの好みのタイプとして多いのは、次のような女性です。

  • 清楚な一般人(プロっぽい感じはNG)
  • 応援したくなるような、女性らしく可愛らしい人
  • スタイルが良い人

迷った時は「女子アナ風」のコーディネートを参考にすると良いでしょう。

では、具体的にどのような服装が良いのか、季節ごとのおすすめを紹介します。

春:パステルカラーが映える【大人ガーリーコーデ】

出典:https://www.pinterest.jp/pin/675610381597972663/

春は気温が暖かく、たくさんの花が咲き誇る季節です。

そんな春にぴったりな色は「パステルカラー」。女性らしく可愛らしい、淡い色合いのワンピースが好印象です。

ただし、ガーリーすぎるフリフリのワンピースは避けましょう。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/387239267966175149/

淡い色合いの、花柄のスカートやワンピースもおすすめです。

トップスもピンクなどの春カラーで合わせましょう。

また、春はまだ肌寒いのでカーディガンを羽織ると良いです。ダボっとしたものではなく、すっきりとしたシンプルなデザインのカーディガンを選びましょう。

パパ活をする男性は可愛らしい女性に対して、「守ってあげたい」「応援してあげたい」という気持ちを抱きます。かっこいい女・できる女というようなキャリアウーマンにはあまり魅力を感じません。

春服は明るく淡い色合いで、可愛らしいデザインのものが多いので絶好のチャンスです。コーディネートによって、清楚で可愛らしい女性を演出しましょう。

夏:上品にまとめた【爽やかセクシーコーデ】

出典:https://www.pinterest.jp/pin/794955771696141379/

夏は露出が多くなる季節ですが、過度な露出はNGです。肌の露出が多いと、下品な印象や軽い女という印象になってしまいます。

胸元や背中が開きすぎた服は、夜のお仕事を想像させてしまうのでパパ活をする男性の好みには合いません。トップスをノースリーブや肩が出るものにするのであれば、上品なスカートを合わせるなどの工夫が必要です。

また、夏の店内は冷房が効いていることが多いので、カーディガンなどの羽織を用意しておきましょう。

白を基調とした爽やかな色が、涼しげで好印象です。シックなバーなどに行くのであれば、黒のシンプルなワンピースもおすすめです。

夏はサンダルやミュールを履きたくなりますが、ペタペタと音がなるものは避け、ヒールがある上品な靴を選びましょう。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/157907530669686497/

レース素材のスカートも、上品なのにセクシーでおすすめです。スリットが入っていればさらにセクシーな印象になります。

ただし、あまり丈が短いスリットスカートはいやらしく見えてしまうので、膝丈程度のものを選びましょう。

秋:シックで清楚な【フェミニンコーデ】

出典:https://www.pinterest.jp/pin/281052832983404961/

秋はシックな色合いのコーディネートがおすすめです。暗めの色を使いますが、地味になりすぎないように注意します。

「お嬢様風」を意識すると清楚で可愛らしい着こなしになります。

ただし、ボリュームがあるデザインやフリルたっぷりのデザインは避けましょう。

秋はまだ夏の暑さが残っているので、カーディガンなどの羽織の下はノースリーブや半袖でも大丈夫です。タイツを履いても構いませんが、厚地のものより少し透け感があるものを選んだほうが良いでしょう。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/80924124542235475/

色はボルドーを取り入れると、上品かつセクシーな大人っぽいコーディネートになります。

他にもマスタードやカーキなどの秋色を使うとシックな印象になりますが、カジュアルにもなりやすい色なので組み合わせに注意しましょう。

季節柄、靴はつま先が開いたデザインは避け、ヒールがあるパンプスを選ぶのがおすすめです。ショートでもロングでも、ブーツ類は避けたほうが良いでしょう。

秋は夏と比べて露出が少なくなる分、パパに気に入ってもらうためにはコーディネートのセンスが重要になってきます。清楚・清潔感・女性らしさを重視して、パパ好みの服装ができるよう心掛けましょう。

冬:モコモコは卒業!【あったかタイトコーデ】

出典:https://www.pinterest.jp/pin/1136384918444727210/

冬は寒いので厚着しがちですが、モコモコな服装はパパ活の男性には好まれません。ウール素材のチェスターコートなどで暖かく、スマートなシルエットにするのが理想的です。

コートの下はタイトスカートなどのピタっとした服装にしましょう。男性はお尻のラインが好きな人が多いので、コートを脱いだ時にタイトスカートでドキッとさせることができます。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/1136384918444727192/

タイトなニットを着ると体のラインが強調され、暖かいのにセクシーで魅力的です。コートを着ている時にアピールできない分、コートを脱いだ時のギャップが男性の心を鷲掴みにします。

白・黒などのモノトーンカラーを中心にコーディネートすると冬らしさが出ますが、暗い印象になったり可愛らしさが無くなったりしますよね。

そんな時は赤やピンクなどの明るくて女性らしい色を差し色に使うと、一気に華やかになります。服で明るい色を合わせるのが難しい人は、靴やバッグなどの小物なら簡単に取り入れることが可能です。

パパ活では自分の容姿(特徴)をアピールできる服装も大切

季節ごとにおすすめのコーディネートを紹介しましたが、絶対にこれでなければいけないというわけではありません。

パパに好まれるポイントを抑えつつ、自分の容姿で自信があるところをアピールできる服装なら、もっとパパに気に入ってもらえるでしょう。

アピールしたい部位ごとにおすすめの服装は次の通りです。

自信がある部位 おすすめの服装
顔に目がいくように、大きな柄が入っていないシンプルな服装
バストラインが映えるシャツやタイトなニット
くびれ・ボディライン くびれが強調されるタイトなニットワンピースやウエストの細さがわかるタイトスカート
お尻 薄手のピッタリとしたタイトスカート
スキニーパンツ(デニムはNG)やミニスカート

パパ活で印象が良い服のブランドは?

パパ活で着るのにおすすめのブランドを3つ紹介します。

そのほか、プチプラのブランドも紹介しますので参考にしてみて下さい。

①Apuweiser-rich(アプワイザー・リッシェ)

「フェミニン」を得意としたブランドで、20代〜40代と幅広い年齢層の人から支持されています。

ブランドコンセプトは

“トレンドを程よくおりこみ、シンプルでリッチなスタイル。

女性がより輝けるよう、時代に敏感な女性に向けてあらゆるシーンで活躍するワードローブを発信。”  

https://apuweiser-riche.jp/より引用

 

女性の可愛らしさを引き出してくれるデザインが多く、男性ウケ抜群なうえに女性から見ても「可愛い!」と褒められるほど優秀です。

可愛らしいデザインが好みでない人もご安心を。シックな色合いやシンプルなデザインの服も取り揃えられており、洗練された大人の女性らしさを演出できます。

また、シンプルなデザインの中にも、レース・リボン・ビジューなどの装飾から袖・襟元の形や全体のシルエットなど、細部に至るまでこだわりが感じられるブランドです。

JILL by JILLSTUART(ジル・バイ・ジルスチュアート)

「ガーリー・フェミニン」の代表といえるブランドで、甘めの可愛らしいファッションを好む10代〜20代の女性から人気が高いです。

甘めと言ってもブリブリな感じではなく、清楚で上品な可愛らしさがあります。

パパ活をする男性は可愛らしい女性が好みという人が多く、まさに「愛されモテファッション」としてぴったりではないでしょうか。

可愛すぎるかな、と思ったら落ち着いた感じの羽織や小物で締めれば甘くなりすぎず、抵抗なく着られますよ。

反対に、モノトーンなどのモードな着こなしに少し甘さをプラスしたい時は、このブランドのバッグや靴などのアイテムを取り入れると良いでしょう。

③FRAY I.D(フレイアイディー)

「エレガント」と「モード」を融合させた、大人の女性に似合う上品なデザインの服が取り揃えられています。

シンプルながらも遊び心のあるデザインが多く、おしゃれな女性たちから絶大な支持を集めているブランドです。価格は決して安価ではありませんが、使用している素材はどれも質が良く、価格以上の満足感が得られます。

パパ活をする男性は、いわゆる「プロ」の女性を求めていません。ハイブランドの洋服で固めるよりも、さりげなく「いいもの」を着ている女性はこなれ感があって魅力的です。

可愛らしさよりも大人の女性らしさを求めるパパとのデート用におすすめのブランドといえるでしょう。

【プチプラ編】

「服にあまりお金をかけたくないけれど、安っぽく見られたくない」という人に、おすすめのプチプラファッションサイトを3つ紹介します。

①KOBE LETTUCE(神戸レタス)

大人カジュアルからフェミニンまで、トレンドを押さえたおしゃれで可愛い服が揃っています。

ワンピースが2,000〜3,000円前後と安いですが、プチプラとは思えないほどクオリティが高いです。

②GRL(グレイル)

1万円以下で全身コーディネートできてしまうほどの安さが魅力的です。

デザインにもこだわりがあり、安っぽく見えません。

パパ活で着られるフェミニンなデザインも多く取り揃えられています。

③MISCH MASCH(ミッシュ・マッシュ)

①・②よりは高めですが、ワンピースが8,000円前後と買いやすい価格です。

パパ活専用のブランドかと思うほど、フェミニンな洋服が取り揃えられています。

コーディネート次第で、20代〜40代まで幅広い年齢層の女性が着られるのでおすすめです。

パパ活で服装を選ぶポイント

冒頭でもお伝えした通り、パパ活成功のカギは第一印象にあります。パパに気に入られるためには容姿はもちろんのこと、一緒にいて恥ずかしくない服装をすることが大切です。

ハイブランドばかりで着飾っても引いてしまいますし、カジュアルすぎたり安っぽく見えたりするのも避けなければなりません。具体的に気をつけるべきポイントを紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

デートの場所に服装を合わせる(高級店などは特に要チェック)

重要なのは「TPOに合った服装」をすることです。

特に高級レストランなどドレスコードがあるお店は、そぐわない服装で行くと入店できずパパに恥をかかせる事態となってしまいます。

意外と多いのが、秋冬シーズンにブーツを履いて行ってしまうこと。どんなに綺麗めなデザインでもハイブランド品でも、ブーツは「カジュアル」に分類されるため、ドレスコードに相応しくありません。

テーマパークや買い物デートの時の服装はややカジュアルにしても構いませんが、スニーカーを履くのは望ましくありません。歩きやすい低めのヒールなどにして、カジュアルになりすぎないよう品良くまとめましょう。

そのパパが好む系統に服装を合わせる

何度かパパと会ううちに好みの系統がわかってきたり、リクエストされたりすることがありますよね。

パパが好む系統の服装でデートに行くことによって、より気に入って継続してもらえるでしょう。

系統ごとのおすすめと、意外にやってしまいがちな間違った服装を紹介します。

好きな系統 おすすめ NG
エレガント ●落ち着いた色合いの、膝下丈のワンピースやスカート

●シルクやサテンなど光沢感のあるトップス

●シャツとパンツなど、キャリアウーマンを連想させるかっこいい服装

●キャバクラのようなドレス

フェミニン ●淡い色合いのワンピースやスカート

●ポイントでレースやリボンをあしらったデザインの服

●「ゆるふわ」のようなボリュームがある服

●羽織にデニムジャケットを使う

セクシー ●タイトなニットやワンピース

●スリット入りのタイトスカート

●露出が多すぎる服

●ショートパンツ

ガーリー ●ふわっとしたシルエットのワンピースやスカート

●ポイントでフリルやリボンをあしらったデザインの服

●ロリータファッションのようなフリフリしすぎの服

●子供っぽいデザインやシルエットの服

中にはラフな服装や露出たっぷりの服装、かっこいい系などが好きなパパもいます。

パパの好みを把握して、なおかつTPOに合わせた服装を意識しましょう。

自分がより魅力的になるような”似合う”服装を選ぶ

誰にでも、似合う服とそうでない服が存在します。

マニュアル通りの服装をしても、実は自分に似合っておらず浮いてしまっているかもしれません。長所・短所を活かしたコーディネートをすることが大切です。

例えば、背が低い人なら少し高めのヒールを履いたりスカートやワンピースで脚が出る丈のものを選んだりすれば、脚長効果で低身長をカバーできます。

脚やお尻の太さが気になる人は、ふわっとしたスカートやロングスカートなどで隠すことが可能です。自信がある部位を強調し、自信がない部位はうまく隠すことで不自然さがなくなり、「自分に似合う服装」ができます。

清潔感・品の良さがある服装を選ぶ

どの系統の服でも、清潔感と品の良さは必須です。

イメージとして白や水色、薄いピンクなどの服は清潔感があるように感じます。

どちらかというと全体的にふんわりしたシルエットよりも、Aラインのようなタイトな部分と広がりがある部分のメリハリあるシルエットのほうが品良く見えるでしょう。

また、どんなに素敵なデザインの服でも、シワや毛玉があったら貧相に見えますよね。デートで着る前にきちんとシワや毛玉を取り除くか、そもそもシワや毛玉がつきやすい服は選ばないほうが良いでしょう。

あまりゴテゴテと装飾や柄があるより、すっきりとしたデザインのほうが男性に好まれる傾向にあります。

自分が好きな服を着るのは楽しいですが、パパ活では経済的余裕がある大人の男性が多いため、パパの雰囲気に合わせたコーディネートが重要です。

高評価を得やすい新品の服装も選ぶ

新品のほうが着ている女性も気持ちいいですし、見た目にも「きちんと感」が出ます。何年も前に買った古いデザインの服や何度も着古した服というのは、意外にもわかってしまうものです。

新しい服を着て行くと男性は「デートのために用意してくれたんだな」と思ってくれます。逆に使い回しの服だと「適当に扱われている」と感じるのです。

デートの度に服を買うのはお金はかかりますが、パパ活を成功させたいなら自分の魅力を上げるためにも多少は努力をしましょう。

現在はプチプラでもパパ活に使えるような、高見えする服を揃えることもできます。

鞄や靴など全体で”服装”を選ぶ

服だけでなく、靴やバッグも重要なアイテムです。服装に合った小物でコーディネートしましょう。

例えば、パステルカラーのフェミニンな服装にはベージュやピンクなどの淡い色合いのアイテムを合わせると統一感が出ます。

反対に、シックな服装には光沢のある黒や白、ボルドーなどの落ち着いた色合いのアイテムがおすすめです。

また、使い古した靴やバッグは使わないようにしましょう。せっかく素敵な服装なのに「バッグの角が擦れている」「靴のつま先が汚れている」などは以ての外です。

服装・小物を素敵にコーディネートしたら、髪やメイクにもしっかり気を配りましょう。髪は艶が出るように日頃からケアし、メイクは濃すぎずナチュラルすぎず、品の良さを意識します。ノーメイクはNGです。

頭の先からつま先まで、全体を見た時にバランスの取れたコーディネートをしましょう。

パパ活で印象が悪い服装の特徴と避けられる理由

パパ活の男性のほとんどが、清楚で上品な服装が好みです。

また、既婚者や年がかなり離れた男性の場合はパパ活しているところをあまり見られたくない人が多く、目立つことを嫌います。

カジュアルすぎる服装、露出が多い派手な服装、個性的すぎる服装は印象が悪いです。

では、具体的にどのような服装がNGか見ていきましょう。

春:カジュアルすぎる服・フリフリの服

出典:https://www.pinterest.jp/pin/67554063147612683/

春は暖かいですし、ピクニックの季節ですよね。

しかし、ピクニックに行くようなカジュアルな服装でパパ活に行ってはいけません。

(例)

  • カジュアルシャツ、パンツスタイル
  • デニム素材のジャケットやジーンズ
  • パーカーやオーバーオール

出典:https://www.pinterest.jp/pin/739997782495502966/

また、春はお花畑に合いそうな可愛い服がたくさん販売されます。

確かにフリフリのワンピースやスカートは可愛らしいですが、フリルやリボンがたっぷりのロリータ系ファッションは子供っぽくてパパ活に相応しくありません。

(例)

  • ロリータ系のワンピースやスカート
  • 全身をピンクでまとめた服装
  • 姫系ファッション

夏:露出が多すぎる服・ギャルっぽい服

出典:https://www.pinterest.jp/pin/1196337392231641/

夏は暑いので薄着をしますし、開放的な気分になるため、肌の露出が増えます。セクシーな女性が好きな男性はもちろん多いですが、あまり露出が多いと夜のお仕事を連想させたり、体の関係を迫られたりしやすいです。

上品なセクシーさを出したいのなら、全体的に露出度が高い服を着るのではなくポイントとして1ヶ所に留めましょう。例えばスリットの入ったタイトスカートや控えめなオフショルダーなど、1コーディネートに1つだけセクシーなアイテムを使用します。

もしくは露出が少なくても、タイトなワンピースでボディラインを強調するだけでセクシーです。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/644577765402522943/

ギャル系ファッションは普通ならセクシーでおしゃれですが、パパ活には相応しくありません。

中にはギャル好きなパパもいますが一般的には清楚で品が良い女性が好まれますので、真逆のギャル系は相手にされないことが多いです。

コーディネートによっては下品に見えたり、軽い女だと思われてしまいます。デニムのアイテムもドレスコードがあるお店には入店できないので、使うことができません。

秋:全体的に地味・ライダースジャケット

出典:https://www.pinterest.jp/pin/303500462396177047/

秋だから、と暗めのカラーでまとめようとすると地味なコーディネートになってしまう可能性があります。

ブラックコーデやブラウンコーデなど、カラーが統一されたファッションは普段ならおしゃれですが、パパ活ではもっと華やかさが欲しいところです。

ポイントで差し色を入れたり、同じブラウンでも明るいブラウンにしたりなど工夫する必要があります。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/771311873654511135/

ライダースジャケットを使った甘辛MIXコーデはおしゃれですし女性からの人気は高いですが、「かっこいい女性」の印象が強いため、パパ活には向きません。

また、ライダースジャケットは「カジュアル」に分類されるので、ドレスコードに相応しくない場合があります。

もしレザーのアイテムを使いたいのであれば、スカートやバッグなどで取り入れましょう。その際、赤や黄色やキャメルなどの明るい色のものにすると重たくなりすぎず、差し色としても使えるのでおすすめです。

冬:厚着・派手なファーコート

出典:https://www.pinterest.jp/pin/385550418104276605/

冬は寒いので、つい防寒しがちです。しかし厚手のコートやマフラーなどでしっかり防寒してしまうと着ぶくれし、おしゃれ感がなくなってしまいます。

寒くても、ここは我慢。パパ活では防寒よりもおしゃれを優先しましょう。

とはいえ寒いと風邪を引いてしまうので、ウール素材のトレンチコートやチェスターコートなどを着れば暖かいですし、すっきりとして見えますよ。

ちなみに、ダウンコートはカジュアルなのでおすすめしません。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/334603447316159010/

ピンクやヒョウ柄などの派手なファーコートはゴージャスで素敵ですが、やはり夜のお仕事を想像させてしまうため、着ないほうが良いでしょう。

パパ活の男性はプロではなく一般人を求めているので、セレブ感やゴージャス感を出す必要はありません。

パパが側にいたいと思える服装かよく考えよう

おしゃれは大切ですが自分が着たい服ではなく、パパの好みを中心に考えましょう。相手や周りからどう見えるか、客観的に見てみることがポイントです。

ハイブランド品ばかりで着飾ると「とてもお金がかかりそうな女性」という印象を与えてしまいます。

反対に、安っぽい服や手入れされていない服ですと「適当に扱われている」と思わせてしまいますし、高級店に連れて行くのは恥ずかしいです。

パパのためにというスタンスでいれば、パパも「きちんと考えてくれているんだな」と感じ、きっと気に入ってもらえます。

まとめ|服装一つでパパ活での評価は変わる

「パパ活が成功するかどうかは第一印象で8割決まる」つまり見た目が重要ということです。

顔や体型を変えるのは難しいですが、服装は簡単に変えられますし、自分次第でいくらでも魅力を引き上げることができますよね。

パパの好みの女性になることで、お手当がアップしたり継続してもらえたりする確率もグッと上がります。

何度もお伝えしているとおり、清楚・上品・清潔感・女性らしさ・可愛らしさなどを意識し、パパが連れて歩きたいと思うような服装を心掛けましょう。







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者