パパ活とは?意味や料金相場、利用方法と体験談を紹介

 

最近、「パパ活」というワードをよく耳にするようになりましたよね。パパ活とは、一体どういったものなのでしょうか。

この記事では、パパ活はどのような活動をしてどのくらい稼げるのかを紹介します。

また、パパ活の始め方や注意点なども体験談を交えてお伝えしますので、パパ活が気なっている人はぜひ読んでみて下さいね。

パパ活とは「年上男性とデートし、見返りに金銭的な援助を受ける活動」

パパ活とは一般的には「経済的に余裕がある男性と食事へ行くなどのデートをして、一緒に過ごす時間を提供する見返りに金銭を受け取る」といった活動を指します。

以前は一部の人達しか活動しておらずあまり知られていませんでしたが、インターネットテレビで「パパ活」というドラマを放送したことで急激に知名度が上がりました。

加えて、新型コロナウイルスの影響で失業・就職難に遭い、生活費を得るためにパパ活を利用する女性も増加しています。

体の関係をもって金銭を受け取っている人も多く、世間的には援助交際や売春と同じイメージを抱かれがちです。

しかし、あくまでもパパ活は「時間を共有したことへの対価」を得る活動です。仕組みとリスクをしっかり理解して利用すれば、ネガティブに考える必要はまったくありません。

パパ活の目的は”金銭的な援助”

パパ活でお金を稼いでいる女性は、高級ブランド品を始めエステや海外旅行など、贅沢や豪遊をしているイメージをもたれることが多いのではないでしょうか。

しかし実際は想像より切実で、生活費や奨学金の返済などに充てるという人が意外と多いです。

先にも記述した通り、失業や就職難によって収入がなくなったり、女性の平均年収が男性と比べて低いために生活費を得る手段としてパパ活を利用する女性が増えています。

そのほか、「生活水準を上げたい」「夢を叶えたい」などの目標に対して、普通に働くより手っ取り早く稼げるという理由もあるようです。いずれにせよ、女性側の目的は「金銭的な援助」になります。

一方、男性がパパ活を利用する目的としては「気に入った女性と出会えて、デートができるから」に尽きるでしょう。

普段は出会う機会のない若くて綺麗な女性とデートができるのですから、高い金額を支払ってでもパパ活を利用したいと考えている男性が増えています。

利用者層は若い女性・裕福な男性

パパ活を利用する女性の多くは10代〜20代の若い女性です。割合は少ないものの、30代以上の女性もパパ活を利用しています。女子大生を始め、普通のOLからキャバクラで働く女性など様々です。

中にはパパ活を本業としている女性もいますが、ほとんどの場合、本業や学業の傍らで副業としてパパ活を利用している女性のほうが多いと言われています。

本業や学業を頑張っている女性を応援したいと思う男性も多く、そういった女性のほうが好まれる傾向にあるようです。

男性側については30代〜50代くらいの利用が大半を占めています。経済的に余裕がないとパパ活を継続していくのが厳しいため、収入が安定してくる30代以上の男性が多い傾向です。

職業は会社経営者や役員、投資家、弁護士、医師、芸能人など様々ですが、やはり高収入であることが求められます。

ただし最近はパパ活の流行に伴い、割と安い金額でパパ活をする女性が増えたため、男性側もごく平均的な収入の普通のサラリーマンが急増中です。

パパ活には専用のサービス(アプリ・サイト)がある

以前は会員制の高級デートクラブなどで出会うのが主流で、パパ活は敷居が高いものと考えられていました。現在はパパ活専用のアプリやサイトのサービスが充実しており、気軽に利用できるようになってきています。

パパ活専用アプリやサイトの一番のメリットは、手軽であることです。

また、男性は有料で登録するのに対し女性は無料で利用できるサービスがほとんどですので、お金をかけたくない女性に向いています。

パパ活専用のアプリやサイトというと出会い系サイトのようですが、出会い系サイトとは別物です。そもそも登録している人は始めからパパ活を目的としているため相手を探しやすく、余計な手間がかかりません。

ただし、中にはタダで体の関係をもとうとしたり、出会い系気分で使用している人もいる場合があるので注意が必要です。利用するサービスや相手の見極めは慎重にしなくてはなりません。

利用規約などをよく確認して、安心して利用できるサービスを見つけましょう。

パパ活の具体的な内容・流れ

パパ活をしてみたいけれど、実際にどうしたらよいかわからない人は多いはずです。

「始め方は?」「どんなことすればいいの?」「どうやってお金を貰うの?」

そんなパパ活初心者さんのために、パパ活の始め方や具体的な流れを説明します。

①パパ活専用サービスに登録する

パパ活専用のアプリやサイトがあるので、まずは登録することから始めます。

パパ活専用サービス以外では、高級デートクラブやキャバクラでパパを見つけるという手段もありますが、初心者には難易度が高いのでおすすめしません。

また、SNSでもパパ活の募集がありますが手軽すぎる分、詐欺や犯罪なども多く危険ですので辞めておいたほうがようでしょう。

②検索・アピール・メッセージのやり取り

登録が終わったら、早速検索してみましょう。希望条件を絞って検索すると、好みの男性が見つけやすいです。

気になる相手を見つけたら「いいね」などでアピールをします。

マッチングするとメッセージのやり取りができるようになるので、簡単な自己紹介から始めていきましょう。

メッセージのやり取りを重ね、いざ会おうという流れになった時は「会う時の条件をはっきりさせておく」ことが重要です。遠慮して曖昧なまま会ってしまうと、希望の金額と違ったり食事だけのつもりがホテルに誘われたりと、トラブルに繋がりかねません。

メッセージの段階で条件に合わないなら、無理に会わなくても問題ありません。

③顔合わせ

条件が合って実際に会うことが決まったら、最初は「顔合わせ」をします。

基本的な顔合わせは、1時間程度お茶(食事の場合は2〜3時間)をしながら自己紹介と条件のすり合わせをすることが多いです。

実際に会ってみてどうか、今後どういう条件で会うかなど、次回以降の相談や交渉をする機会といってもよいでしょう。

会う場所は人目につくカフェやレストランなどにして、個室は避けたほうが安全です。

④条件交渉・次回のデートの約束

交渉をして希望の条件に合うのなら、次回のデート日を決めましょう。条件に合わない場合はダラダラ続けていても意味がないので、丁重にお断りします。

そういった話し合いが終わると、大抵はお手当を貰って解散となります。(お手当=報酬)

場合によっては、顔合わせの日は無報酬もしくは交通費のみの時もありますので、会う前のメッセージの段階でしっかり確認しておきましょう。

⑤パパの種類は?

パパの種類は大きく分けて2パターンです。

【パパの種類】

  1. 「都度パパ」・・・会った日に、その都度お手当を貰う
  2. 「固定パパ」・・・いわゆる月極で、月に決まったお手当を貰って定期的に会う

顔合わせが終わって、いきなり固定パパになることはあまりありません。何回か会って信頼関係を築くと、都度パパが固定パパに変わる場合があります。

月極契約を結ぶのですから気に入られていますし、都度よりお手当が良くなることがほとんどです。

パパ活で安定して収入を得たいなら常に丁寧なデートを心掛けて、固定パパ獲得を目指しましょう。

パパ活の料金|相場は○○万円?

ところで、パパ活は稼げると聞きますが、実際どのくらい貰えるのでしょうか。

一般的なパパ活の場合、都度か固定か、体の関係がアリかナシかで変わってきます。

【パパ活のお手当の平均相場】

都度・食事やデートのみ(体の関係なし) 1回 5千円〜1万円
都度・体の関係あり 1回 3万円〜5万円
固定・食事やデートのみ(体の関係なし) 月極 5万円〜15万円
固定・体の関係あり 月極 20万円〜50万円

中にはお手当を毎回弾んでくれる「太パパ」と呼ばれる男性も存在します。

そういったパパを獲得できれば、月に何十万、さらには100万円以上の高額収入も有り得るのです。

キャバクラとの料金比較

高収入な女性の職業としてキャバクラが挙げられますが、パパ活とキャバクラではどちらのほうが稼げるのでしょうか。

【パパ活とキャバクラの平均相場比較】

1回2時間として パパ活

(体の関係なし)

パパ活

(体の関係あり)

キャバクラ
男性が支払う

1回あたりの金額

5千円〜1万円

+デート代

3万円〜5万円

+デート・ホテル代

2万円〜3万円

+指名料・注文品

時給 2.5千円〜5千円※1 1.5万円〜2.5万円※1 3千円〜5千円
月収 5万円〜10万円 20万円〜50万円 30万円〜250万円※2

※1 パパ活のお手当は日当のため、あくまで時給換算

※2 インセンティブを含む

パパ活の活動頻度や内容、キャバクラのインセンティブによっても変わってくるので一概にはいえませんが、時給だけで考えるとパパ活のほうが高いです。

男性が支払った金額がそのまま貰えるパパ活に対して、キャバクラは給料という形で受け取りますので、時給+インセンティブとなります。

ノルマやシフトに縛られたくないのならパパ活、最低保証があって安心・安全に働くのならキャバクラといったところでしょうか。

ギャラ飲みとの料金比較

では、最近よく耳にするようになったギャラ飲みとの比較はどうでしょう。

【パパ活とギャラ飲みの平均相場比較】

1回2時間として パパ活

(体の関係なし)

パパ活

(体の関係あり)

ギャラ飲み

(専用サービスを利用)

男性が支払う

1回あたりの金額

5千円〜1万円

+デート代

3万円〜5万円

+デート・ホテル代

1万円〜3万円

+飲み代

時給 2.5千円〜5千円※1 1.5万円〜2.5万円※1 3千円〜5千円
月収 5万円〜10万円 20万円〜50万円 5万円〜10万円

※1 パパ活のお手当は日当のため、あくまで時給換算

体の関係なしのパパ活とギャラ飲みでは、女性の収入が大体同じくらいです。

ただし、ギャラ飲みサイトを通しているため仲介料がかかるので、男性側が支払う金額はギャラ飲みのほうが高くなります。

体の関係ありの場合、やはりそれだけの対価を渡しているわけですから、金額が高くなるのは当然でしょう。

パパ活には危ない一面も!注意点やリスクについて

男性とデートをして高収入を得られるパパ活ですが、高収入にリスクはつきもの。

きちんとした会社が運営しているパパ活専用アプリやサイトを利用していても、「絶対に、確実に安全」ということはありません。パパ活で考えられるリスクをしっかり理解して、可能な限り危険を回避することが大切です。

パパ活のリスク

パパ活で実際にあったトラブルを元に、リスクを説明します。

【パパ活でのトラブル】

  • お金を貰えなかった・約束の金額より少なかった
  • 体の関係なしの約束だったのに強要された
  • シャワーを浴びている間に財布を盗まれ逃げられた
  • 相手の男性が既婚者で、奥さんから慰謝料を請求された
  • 盗撮・ストーカー被害に遭った
  • 個人情報の流出

監視の目がなく個人間のやり取りになってしまうため、上記のようなトラブルが起こり得ます。

中でも金銭トラブルは非常に多く、また、パパ活という特殊な活動であるため、家族や友人に相談しづらいのも事実です。

パパ活をする上での注意点

パパ活をするのであれば、まずは身の安全を第一に考えることです。特に体の関係があるパパ活をする場合、確かにデートだけより稼げますがその分リスクがついてくると肝に銘じなければなりません。

また、SNSを介したパパ活はいくらでも素性を偽ることができるため、トラブルや犯罪に発展する可能性もあります。少しでもトラブルを回避するために、きちんとした運営会社が提供するパパ活専用サービスを利用しましょう。

パパ活体験談

パパ活をしている女性たちは、実際にどのような体験をしているのでしょうか。

良い体験をした人もいれば、悪い体験や失敗をした人もいるでしょう。

実際の体験談をいくつか紹介しますので、参考にしてみて下さい。

①パパ活を経験して良かった

一年ぶりぐらいのパパと再開してきた〜。前は金にがめつすぎて切れたけど色々考え方や話す内容も変わってきて気に入られたからこれからちょくちょく会うかも。自然に高額のお手当て貰えるようになったし今日のパパはぴかつ始めたばっかだったらリピして貰えないから色々経験してよかったなーって思う。”

引用元:https://twitter.com/papakatsu_ruby/status/1379811744340578311

 

パパ活を始めたばかりの頃は経験や知識が足りずあまり稼げなかったけれど、現在は高収入を得ているようですね。パパ活で良いパパを獲得するためには、ある程度の知識や教養が必要になってきます。また、一番大切なのはお手当を頂くパパに対して感謝の気持ちを忘れずに、丁寧な対応をすることだと言われています。

②詐欺パパだった

“出会ったその人は50代くらい。広告会社役員、3億くらい貯金があるけど妻子もなく、日々仕事に暮らしている、との事。

週に1回デートしたり、食事に行ったりしてくれれば月に30振込んでくれると言う。

今聞けば本当かな、と思う事でも、当時は全然気にならなかったそう。

口座を教えて、何回も会ったが、いつまでたってもお金は振り込まれないまま、

そのうち連絡がとれなくなった。”

引用元:https://www.instagram.com/p/B26xZUjpsXI/?utm_source=ig_web_copy_link

 

後でまとめて払うと言って逃げるパパもいるのが現実。おいしい話はそう滅多にないものです。基本的にお手当は先払いしてもらうように徹底したほうがよいでしょう。

③返金を要求された

“今までパパが自分に使ったお金全部を

返せと言われる。

返さないと親、家族にバラすぞと

脅される。”

引用元:https://www.instagram.com/p/CMJyY76sMF6/?utm_source=ig_web_copy_link

 

気に食わないことがあったり、パパ活の関係を解消したりする時に「金を返せ」と言ってくるパパもいます。今まで一緒に過ごした対価としてお手当を頂いているのですから、もちろん返す義務はありません。周りに内緒でパパ活をしている女性が多く、身バレを恐れているのをいいことに脅してくるパパもいるようです。

パパ活の具体的な利用方法 

パパ活ができる場は高級デートクラブやキャバクラ、場合によってはSNSなどもありますが、初心者には断然、パパ活専用サービスをおすすめします。

【パパ活専用アプリ・サイトのメリット】

  • 手軽に始められる
  • システム化されていて相手を探しやすい
  • 身分証提示のうえで登録されている
  • 相手を選ぶことができる(どんな人か前もって情報を見て決められる)
  • 男性側もパパ活に理解がある
  • 女性は無料

登録時にはいくつか手順がありますので、簡単に説明します。

【パパ活専用アプリ・サイトの登録手順】

  1. 電話番号認証
  2. 身分証提示による年齢認証
  3. 写真のアップロード
  4. プロフィールを記入

登録が終わったら検索して、条件が合う相手を探します。

マッチング後はメッセージでやり取りをして、自己紹介や具体的な条件提示をして会う約束をしましょう。

パパ活専用サービスは、システム化されていて手軽で安全にパパ活ができるためおすすめです。

他のパパ活手段をおすすめしない理由は次の通りです。

安全性 手軽さ デメリット
高級

デートクラブ

一流男性に見合った容姿や教養が必要。

店舗に行かなくてはいけない。

キャバクラ そもそもキャバクラで働いていないといけない。
SNS 相手の素性が不明な場合が多い。

価格が安い場合が多い。

詐欺や犯罪に遭うリスクが高い。

パパ活Q&A

男性とデートをしてお金を稼げるパパ活は、魅力的ですよね。

しかし高収入だからこそ、不安は多いものです。

パパ活のよくある質問をまとめましたので、参考にしてみて下さい。

Q1.パパ活では”大人の関係”は必須なの?

A.必須ではありません。

 

確かに、パパ活で高収入を得ている人の内で6割〜7割ほどの女性が体の関係ありのパパ活をしていますが、必須ではありません。実際、体の関係を一切もたずに月に何十万円も稼いでいる人がいるくらいです。

もちろん、大人の関係を求める男性は多いですが、自分が嫌だと思ったら無理に合わせる必要はありません。

食事などのデートのみでパパ活をしてくれる男性はたくさんいますので、きちんと条件を提示して、自分の条件に合ったパパを見つけましょう。

Q2.パパ活ではどんな行為がマナー違反にあたる?

A.社会人としての常識が大切です。

 

  • 時間にルーズ、遅刻をする
  • いきなりタメ口で話す
  • スマホばかり見る
  • TPOに合わない服装
  • お礼を言わない

などの行動は日常ではもちろん、パパ活でもマナー違反となります。

常識をわきまえ、相手に失礼のないよう敬意を払いましょう。

Q3.パパ活ではどのタイミングでお金がもらえる?

A.特に決まりはありませんが、先払いでお願いしましょう。

 

悲しいことに、お金を渡さずに逃げるパパもいます。顔合わせの時以外は、基本的に先払いを徹底するのがおすすめです。

ただし、先払いをお願いする時は相手が嫌な思いをしないよう、丁寧にお願いしましょう。

【先払いの上手なお願いの仕方】

①メッセージの段階でお願いする場合

「基本的に先払いでお願いしているのですが、可能でしょうか?」

→当日、「お約束頂いてるお手当の件ですが・・・」と話を切り出しやすくなります。

 

②事前に話していない場合

「あなたはそんな人ではないと思うけれど、前に嫌な思いをしたことがあって不安だから先払いでお願いしたい」

または

「帰る時にお金のやりとりすると、寂しい気持ちになってしまう」

→きちんとお手当を渡す気があるパパなら、問題なく先払いしてくれるはずです。

 

Q4.パパ活は違法ではないの?

A.パパ活自体は違法ではありません。

 

内容によっては違法になる場合があるので、注意が必要です。不特定多数の男性と体の関係をもって金銭を受け取るのは「売春」になりますし、18歳未満は「児童」ですので体の関係をもつと違法です。

また、相手が既婚者の場合は、発覚すると相手の配偶者に慰謝料を請求される可能性があります。

ルールを守って健全なパパ活をしていれば、違法にはなりません。

 

Q5.パパ活で稼いだお金は確定申告が必要?

A.年間で110万円を超えたら申告が必要です。

 

パパから貰うお手当やプレゼントは給与ではなく「贈与」になります。現金だけでなくジュエリーやバッグ、化粧品、車、マンション、そのほかのプレゼントもすべて含めて年間で110万円以上となったら贈与税を支払う義務があるのです。

「お手当は手渡しだからバレなければいい」と思っている人は要注意。

税務署はあらゆる手段でお金の動きを調べていますし、パパ活サイトの情報照会をする権利もあるので、隠してもいずれバレます。

すると本来納めるべき税金のほかに「無申告課税」や「延滞税」などの追加徴税を支払う羽目になるので、しっかり税金は納めましょう。

Q6.パパ活では偽名を使うべき?

A.偽名を使ったほうが安心です。

 

名前くらいなら、と本名を教えてしまったことで様々なトラブルの原因となる場合があります。今は名前さえわかればインターネットで簡単に個人情報が漏れてしまう世の中です。

余程信頼できると思うパパでも、お金が絡む関係は何が起きてもおかしくないので、基本的には偽名を使ったほうがよいでしょう。

【本名を教えたことにとるトラブル例】

  • 体の関係を断ったら「家族にバラすぞ」と脅された
  • SNSを辿って学校や会社、彼氏までバレた
  • パパがストーカー化し、引っ越しを余儀なくされた

【まとめ】安全にパパ活を楽しむためには

パパ活は高収入で魅力的ですが、その分リスクはつきものです。

  • 信用できる会社が運営するパパ活専用サービスを利用する
  • 希望条件と合わない場合、無理して合わせない
  • 無理な要求ははっきり断る勇気をもつ
  • 相手に敬意を払い、「お手当を頂いている」という気持ちを忘れない
  • 個人情報の流出に気をつける

安全にパパ活をするためにも、これらのことに注意して利用しましょう。

欲張りすぎず、自分の身の安全を第一に考えることが大切です。

この記事に書かれていることを参考に、素敵なパパ活ライフを楽しんで下さいね!







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者