MENU

安全にパパ活をするには?危険なパパ活の特徴・実例・回避方法

パパ活 安全

パパ活とは、特定の男性とデートや食事をしてお小遣いを稼ぐ活動のことをいいます。「食事だけでお小遣いをもらえた」「アルバイトをするより楽に稼げる」などという意見もあり、お小遣いになるなら始めてみたいと思う方も多いはずです。

しかし、パパの中にはストーカーまがいの行為をされたり、性被害や金銭トラブルに巻き込まれたりなど、様々な危険が伴います。

ここでは危ないパパ活の特徴と、実際に危険な目にあってしまった実例や危険を回避する方法をご紹介。パパ活を始める前に、ぜひ参考にしてみてください。

目次

危ないパパ活は実在する

パパ活 安全 危ない

パパ活は専用のアプリやマッチングサイトを通して相手と出会うことが多いですが、相手を見定めて決めていても、トラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。楽に稼ぎたいからといって、軽い気持ちでパパ活を始めるのはとても危険です。

もちろん、食事やデートをするだけでお小遣いをくれて身体の関係はなしといった、女の子に好条件で付き合いをしてくれる男性もいるでしょう。

しかし、中にはお酒を強要され、ホテルへ連れ込まれてしまったなど様々な危険があることも事実。

では、実際にどんな危険やトラブルがあるのでしょうか。こちらでは、パパ活をしていて実際に起きてしまったトラブルの実例をご紹介しています。安全にパパ活をするために、このような危険があることを知っておきましょう。

悪質な性被害にあってしまう(売春・セクシャルハラスメントなど)

パパ活 安全 売春

パパ活を始める女性の中には、身体の関係はなしで交際をしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。付き合いの中で同意の上、身体の関係になるのは問題がありません。

しかし、男性の中には最初から身体の関係を目的に出会いを求める人も多いです。数回会って慣れてきたらホテルへ誘われたなどの話はよく聞きます。今までよりもお手当(報酬)を多く払うとの持ちかけで、身体の関係になる話も少なくありません。

女性側もお手当(報酬)が貰えるならと合意したものの、結局支払われなかった…というトラブルに発展することもあります。お手当(報酬)が多く貰えるのは魅力的ですが、そういった問題が起こる可能性も。

不特定多数の男性と身体の関係を持ち、報酬をもらう行為は売春とされています。弱みを握られて、悪質な性被害にあわないためにも、パパ活の相手は慎重に選ぶようにしましょう。

手当(報酬)が支払われない

パパ活 安全 手当が支払われない

パパ活では顔合わせの時点で報酬を決め、お互いが同意してからデートや食事をする流れになっています。手当の取り決めは口約束で契約書などなく、男性の気分次第で変わってしまうことを覚えておきましょう。

そのため、女性がパパの好みではなかったり、満足してもらえなかったりすると、顔合わせの手当すら支払われない場合もあります。このような被害を受けても、「義務はない」などと支払いを拒否されてしまえば、女性側は強く要求することができないのです。

また、手当をもらうタイミングはパパ活の最後が多いため、中には提示していた金額とは違うことや、お金を払わずに帰ってしまう男性もいます。デート中知らぬ間に帰ってしまい、女性側が食事代を支払ったということもあるようです。

事前のマッチングで「後払い」で契約した場合は、そういったトラブルが起こる可能性もあります。パパ活初心者の女性は、なかなかお手当のことを言い出しにくく、そうこうしているうちに逃げられたなんてことも。この場合、一日分の報酬ももらえません。

中には悪質な男性の場合『大人の関係になった後、シャワーを浴びている間に財布からお金を抜き取られていた』なんて経験をした女性もあるそうです…。お手当をもらうどころか、マイナスで終わってしまうということもあるので注意が必要です。

過度な飲酒を求められる

パパ活 安全 飲酒

パパ活ではデート後に飲みに行くようなシュチュエーションも多く、男性に過度な飲酒を求められるケースがあります。酔いがまわってしまえば、金額をごまかされていても気がつきません。

中にはまだ報酬をもらっていない場合は、そのまま帰ってしまう場合も。悪質なケースだと身体の関係を約束していないのに、そのままホテルへ連れこまれ、乱暴されてしまう場合もあります。

パパ活アプリを経由して会っている場合は、もしそういったトラブルが起こった場合はアプリを通じて通報することができますが、SNSを通じて出会った場合はそのままアカウントを消して逃亡…。なんてこともあります。

そういった場合、泣き寝入りで終わるしかないのは避けたいところです。「席を立ってからの記憶がない」など、飲み物に睡眠薬を盛られて性被害を受けたという事例も数多く、パパ活ではなく最初から身体目的で近づいてくる男性もいるのは事実です。

そういった被害に合わないためにも、パパ活中の飲酒はたしなむ程度にして、男性のペースに飲まれないように気をつけましょう。

また、自分の身を守るためにも「飲み切ってから席を立つ」「戻ってきたら飲み物を変える」など対策をしておくことをおすすめします。

個人情報がSNSで流出する

パパ活 安全 個人情報

パパ活をしていると、本名や住所、SNSなどを男性に聞かれることがあります。自分のことを聞かれているのに、こちらが隠し事ばかりだとパパも心を開いてくれないかもと思うかもしれません。パパとの関係性ができてくると、つい個人情報を教えてしまいそうになりますよね。

しかし、安易に個人情報を教えるのはおすすめできません。パパ活のようにお金が絡む関係性である以上、ちょっとしたことで関係が壊れ、トラブルに発展する危険性があります。マッチングアプリに登録した写真を、本名と一緒にSNSで拡散されるしまえば、身バレしてしまう可能性もあるのです。

身体の関係になった際に、「ムービーを撮りたい」「写真を撮らせてほしい」などと迫ってくる場合も。追加手当を払うなど、条件を提示してきても受け入れるのは危険です。

何かトラブルになった際にデータを条件に、手当を払わない、逆に金銭をせびられるなどのトラブルになることもあります。「追加手当が出るなら…。」と思ってその場は受け入れても、後々大きなトラブルの原因になる可能性も。

特に、映像で残るものは今後を考えて承諾するかどうか慎重に考えましょう。

また、専用アプリやマッチングサイトを使わずに、手軽なSNSでパパ活募集をする人もいます。SNSは不特定多数の人が閲覧しているので、悪意がある人の目に止まってネットに晒されてしまうケースも多いです。

様々なリスクから自分を守るためにも、個人情報の取り扱いには十分気をつけましょう。

不倫問題に巻き込まれる

パパ活 安全 不倫

パパ活を利用している男性の層は30〜50代です。お金に余裕がある男性は、ある程度年齢がいっている人が多く既婚率も上がります。既婚者と身体の関係を持ってしまい、不倫問題に巻き込まれるケースは少なくありません。

顔合わせをする時に婚姻関係をしっかりと確認しておくことが必要です。

また、既婚者であってもなくても、本人が嘘をついている可能性もあるので、身体の関係は持たない方が無難です。既婚者だと知らなかった場合でも、奥さんにバレて夫婦関係が壊れてしまえば、最悪の場合300万円程度の慰謝料を請求されてしまうこともあります。

男性が「バレたら慰謝料は自分で払う」「奥さんは容認している」などと言っていても信用してはいけません。男性側はそのつもりでも、実際に奥さんがどう出るかは分からないからです。本当に知らなかったとしても、実際は知らなかったでは済まないので慰謝料や裁判などに発展することにもなります。

場合によっては周りの家族や職場を巻き込みかねません。いざとなると男性のほうが「無理やり金銭を要求してきた」「女性のほうから持ちかけてきた」など言い訳をする可能性もあります。そうなると予想以上にこちらが不利になることも。

完全に恋愛感情がなくても、相手が既婚者だと知って身体の関係を持ってしまえば、慰謝料を請求されるということを認識しておかなければなりません。

実例|被害にあった女性の声

パパ活 安全 被害の実例

こちらでは実際にパパ活で起きてしまった被害をご紹介します。

パパ活は危険と隣り合わせです。危険な目に合わないためにも、どんな実例があるのか知っておきましょう。

パパ活でやり逃げされ、お金も盗まれました

身体の関係を持った後、トイレに行った間に手当の入った封筒を持ち逃げされました。気づかないうちに封筒を持って部屋から出て行ったようです。もちろん、ホテル代も自分で払いました。

妊娠してしまいました

身体の関係はなしの約束でしたが、言いくるめられ最後までしてしまいました。さらに妊娠していることが発覚しています。男性とも連絡が取れないですし、誰にも相談できず一人で堕すことになりました。

SNSに拡散されました

数回会った男性が次第にストーカーになっていきました。パパ活をしていることを会社にバラすと脅されました。交際を断ったら一緒に撮影した写真とパパ活をしていることをSNSで拡散されてしまいました。

危険なパパ活には特徴がある

パパ活 安全 危険

上記でも説明したように、パパ活では様々なトラブルや危険な目に合う可能性があります。女性を騙す目的で近づいてくるパパもいるので気をつけなければいけません。

このような男性たちは、パパ活初心者や若い女性を狙って接触してきます。また、危ないパパ自体にも特徴があり、知っておけば事前に見破ることができます。

ここでは、どのようなパパ活が危険なのか、避けた方がいいパパ活などを解説しています。

手当(報酬)が相場を大幅に上回る

パパ活 安全 手当相場

手当の金額は地域によっても変化しますが、1回の相場は食事やデートのみの場合0.5〜3万円程度。身体の関係なしで、この金額を大幅に上回る場合は注意が必要です。この場合、初めて顔合わせをした時点で「好みだから10万円渡すね」などと言い、度を超えた高額な手当を提示して、安易に身体を許してしまうような女性を狙っています。

パパ活で身体の関係を持った途端、隙を見て逃げられてしまったり、提示されていた金額には全く満たないような手当を渡されたりすることは少なくありません。最初は「ラッキー!」と思うかもしれませんが、そんなに甘い話はそうそうありません。

いきなり相場より高額な金額をもらって良パパ認定するのは危険です。「高額なお手当をくれるって言っていたし、身体の関係を許しても…」「写真や動画を撮りたいと言われたけれど、この前は高額なお手当だったから今回もくれるはず」など、口約束で身体の関係を持ってしまうのは避けましょう。

いざ、身体を許した後にこちらが不利になる状況を作ってしまうと今後も利用されていまう可能性があります。このような男性は、女性も被害を訴えにくいことを知っており、パパ活を身体目的で利用しています。

こんな男性に騙されないためには、パパ活の相場を知っておくことです。甘い言葉に騙されず、パパ活の相場程度の金額を受け取るようにしましょう。

どうしても、男性がその金額を払うという場合は「どうして高額なのか」確認します。すると、警戒されていることが分かり身体だけが目的であれば去っていくはずです。

パパの情報が完全に不明瞭

パパ活 安全 不明瞭 

パパ活では2、3通のやり取りですぐに会うことはよくあります。中には、『やり取りなしで会える!』などアピールしているパパ活サービスもありますが、どんな人かよく分からない状態でマッチングするのは危険です。

パパ活女子にとって、すぐにマッチングしてたくさん稼げるのは魅力的ですが、金銭トラブルや性的トラブルに発展して稼ぐどころかマイナスになってしまう可能性もあります。

そのため、パパ活で初めて会う相手を安心させるためにも、自分がどんな人物か相手に情報を伝えることは必要です。写真がなかったり、自分のプロフィールを隠したりするような人は、頻繁にトラブルを起こしている可能性があります。

危ないパパに引っかからないため、最低でも身分証明の提出が必要なパパ活サービスを利用するようにしましょう。

待ち合わせ場所が公共の場ではない・場所の詳細が未記載

パパ活 安全 場所

待ち合わせ場所が公共の場ではなく、「会ってから決めよう」などと言う場合は危険なパパの可能性があります。実際にタワーマンションやバーのVIPルームなど、普段女の子が行き慣れていないようなシュチュエーションに誘い込まれ、乱暴をされてしまったような被害も出ています。

このような場所は、密室で助けてくれる人もいません。最悪の場合、行為の様子を写真や動画に撮られて脅されるなどの危険もあるのです。いざ行ってみたら、パパと1対1でなく複数人の男性がいた…なんてことも考えられます。

そうなると、女性1人の力では逃げられずにそのまま乱暴されて泣き寝入りすることになってしまいます。タワーマンションやバーのVIPルームなどは、危険な目に遭ってもすぐに逃げることができません。

ヤバいと思った頃には既に間に合わずに、被害に遭ってしまったケースもあります。

そういった被害に合わないためにも、デートする場所は先に確認して公共の場を選んでもらいます。パパとの信頼関係ができるまでは密室空間は避けるのが無難です。

SNS等で募集されている

パパ活 安全 SNS

SNS等ではパパ活の募集が頻繁にされていますが、このような募集で相手を探すのは非常に危険です。パパ活専用のマッチングアプリでは、男性側の身分証明や収入証明の提出を求められており、身元がある程度保証されています。純粋にパパ活としての出会いを求めている男性が多いです。

しかし、SNS等で出会いを求めている男性は身元の証明もなく素性が明らかになっていません。SNS等でのパパ活募集は男性側にとって手軽で、いつでもアカウントを消して逃げることができます。

このような男性は、マッチングアプリ代を節約して身体の関係だけを求めている可能性が大きいです。

いずれにせよ、女性側にとってSNS等で相手を探すのにはリスクが伴います。マッチングアプリは基本的に女性は無料ですので、そのようなサービスを利用するようにしましょう。

危険を回避する方法は?

パパ活 安全 危険 回避

パパ活には様々な危険が潜んでいることが分かりました。危ないパパ活を回避する方法をそれぞれを解説していきます。

  • 個人情報をむやみに教えない
  • 身分証明書の提出が必要なマッチングアプリを利用する
  • 危険な雰囲気を感じたらすぐに帰ること

個人情報をむやみに教えない

パパ活 安全 個人情報 教えない

信用できそうな男性だとしても、むやみに自分の個人情報を教えてはいけません。パパ活アプリの利用する時の表示名は本名ではなく偽名にしておきましょう。

また、住んでいる地区や普段どこで遊んでいるかなど、自分の行動範囲を知られるような情報を聞き出してくる男性は警戒してください。中には、どんな仕事をしているのか(どこの学校に行っているのか)家族構成はどうなのかを聞いてくる男性もいます。

悪質な男性は「もっと仲良くなりたいから」「長くお付き合いをしたいから」など聞こえの良いことを言って聞き出そうとしますが、その後ストーカー被害や個人情報をバラすと言って脅すなどトラブルになる可能性が高いです。「話さないとパパに嫌われてしまうかも」「契約を切られてしまうかも」など心配する女性もいるかもしれませんが、執拗に個人情報を聞きたがる男性は大抵良質なパパではないです。

自分の身を守るためにもむやみに教えないようにしましょう。

また、パパと会う際に「家の近くまで迎えにいくよ」「最寄り駅まで送っていくから教えて」など女性の送迎で聞き出そうとする男性もいます。断りにくいと感じる場合は、最寄りから数駅離れた駅を指定するなどで対応しましょう。

その際に、自分の偽名と最寄りの住所、職場などを覚えておきましょう。もしどこかで食い違ったときにトラブルになるからです。

信頼関係ができるまでは、自分の情報はなるべく与えないようにします。

身分証明書の提出が必要なマッチングアプリを利用する

パパ活 安全 マッチングアプリ

パパ活専門のマッチングアプリでは、トラブルを避けるために年齢確認・身分証明が必要です。登録者は運営に身元を提出しているので、危ない行為をするような男性は少なくなります。

身元の確認をする必要がないSNSや無料掲示板での募集では、トラブルが起きたらアカウントを消して逃げてしまうような人もいるので利用は避けましょう。特に、フォローもフォロワーもいないような捨てアカウントやDMでしかやり取りしない場合はトラブルが起こる可能性が高いです。

完全に間に入る業者がいないため男性側の都合の良いようにされてしまいます。そうなってくると、万が一何か起きても女性側泣き寝入りするしかなくなってしまいます。

もし何かトラブルになっても、すぐに運営に通報できるようにマッチングアプリを利用しましょう。

危険な雰囲気を感じたらすぐに帰ること

パパ活 安全 すぐ帰る

「この部屋密室だけど大丈夫かな」「やたらとお酒を勧めてくる」など少しでも危険な雰囲気を感じたら、デート中でもすぐに帰ることをおすすめします。

密室に連れられて暴行をされてしまったり、お酒に酔わせてホテルに連れ込まれてしまう可能性もあります。手当をもらっていない場合でも、自分の身を守ることが最優先に考えてください。

安全なパパ活の特徴

パパ活 安全 特徴

ここまでの説明では、パパ活は危険なことばかりだと思うかもしれません。

しかし、中には食事やデートだけの健全な関係を続ける安全なパパ活もあります。トラブルに合わず、安全にパパ活を行うポイントは以下の通りです。

  • 相手をしっかり見定める
  • 簡単に身体を許さないことをアピールする
  • 相手に流されない

相手をしっかり見定める

パパ活 安全 特徴1

トラブルに巻き込まれないためには、パパ活の相手を見定めることが大切です。身体目的ではなく、食事やデートを楽しみたいという相手にしましょう。顔合わせ時にお互いの希望手当をしっかりと確認して、条件が合わなければ、無理にその相手とパパ活を続ける必要はありません。

また、会って間もないのに身体の関係を持ちかける男性や、深夜にバーに誘おうとする男性も危険です。お手当を相場よりも高く提示されて、条件を聞かずに合意すると実は身体有りだった…ということもあります。

まずはお食事から、昼間のデートからなど健全なお付き合いを提案してみましょう。

簡単に身体を許さないことをアピールする

パパ活 安全 特徴2

SNS等では、安い金額で身体を提供してしまう女性もいます。身体の関係だけを目的にしている男性も少なくありません。

自分を安売りしないためにも、出会ったばかりの相手には簡単に身体の関係にはならないということを、事前にアピールしておきましょう。その場では高額なお手当を提示されますが、実際に身体の関係になったら聞いていたお手当の額とはかけ離れていた…というケースも珍しくありません。

相手のことを知らないうちにそういった関係になった場合、いざというときに裸で逃げられない…ということもあるのでお手当の額に流されず、身体の関係はよく考えてからにしましょう。

相手に流されない

パパ活 安全 特徴3

男性側が手当を支払う以上、男女の立場は平等ではありません。手当は後払いの場合も多く、男性の気分が変わってしまえば報酬をもらえないこともあります。

報酬欲しさに男性の言い分を全て聞き入れるのは危険です。相手に流されず、自分で判断することが大切です。自分の意見をしっかり持っていると思ってもらえるだけでも、嫌なことを強要される可能性もなくなります。

楽しく安全に満喫した女性の声

パパ活 安全 楽しい

パパ活は危険なことばかりではありません。ここでは、パパ活を満喫している女性の声をご紹介します。

パパと買い物に行きました

パパと食事と買い物に行って、欲しいものをたくさん買ってもらいました!報酬はあまり求めていないので、美味しいお店へ頻繁に連れて行ってもらっています。

大人の関係なし

パパ活アプリを使いました。紳士的な男性が多かったし大人の関係はなしで食事だけでも十分稼げます。アプリはお金を払っているだけだって、怪しい人は少ない印象です。

アプリが安心

SNSで騙されてしまった経験があるので、パパ活専用のアプリを使うようになりました。食事から始めてくれる男性が多いのでびっくりしています。身元がしっかりしているので、トラブルなくパパ活を満喫しています!

安全なパパ活サービスの特徴・探し方

安全なパパ活をするためには、SNSや掲示板ではなくパパ活専用のマッチングサービスがおすすめです。信頼できるサービスの特徴や探し方のポイントは以下の4つです。

  • 年齢確認や身分証明の徹底
  • 24時間365日運営が監視
  • インターネット異性紹介事業の届出

年齢確認や身分証明の徹底

パパ活アプリではやり取りをする前に年齢確認が必要です。ステイタスの高い男性が多いサービスでは、身分証明や収入証明の確認もあります。身分が運営に知られている以上、犯罪行為をする可能性も少なくなります。

24時間365日運営が監視

不適切な募集や業者のスカウトなどを排除するために、運営が365日体勢で監視を行います。悪質な会員を通報できるシステムのサービスもあり、そのような会員は強制退会させれます。

インターネット異性紹介事業の届出

マッチングサービスのような、面識のない異性との出会いをネット上で提供するには、「インターネット異性紹介事業」という出会い系サイト事業の届出が必要です。運営元がしっかりとした企業であればこの届を提出しています。
このように、安心できるパパ活サービスは運営がしっかりしています。安全にパパ活を行うには、マッチングサービス選びも重要です。

まとめ|危険を避け、安全な案件に参加するには

パパ活 安全 まとめ

この記事では危ないパパ活の特徴と、実際に危険な目にあってしまった実例や回避方法をご紹介しました。

パパ活の中には、食事やデートをするだけでお小遣いをもらい、楽してお金を稼いでいる人もいます。一方で、「手当をもらえない」「性被害にあった」「SNSで拡散された」などのトラブルや危険も多いのが現実です。

これからパパ活を始める方は、このような危険を理解して自分の身を守る対策をしておくことが重要です。相手をしっかり見定めて、いい出会いを見つけてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる