読む! : 本のバーコードを読み取って調べる!つぶやく!管理する!Androidアプリ356

 

こんばんわ、zourusです。
今夜ご紹介するのは、本のバーコードを読み取って、Amazonで調べる、Twitterでつぶやく、メディアマーカーで管理する、という各種サービスを横断して利用できる特徴を持つバーコードリーダーアプリです!
書店で本を買う時にAmazonの口コミを覗いてみたり、スゴク面白かった本をTwitterで紹介したり、持っている本のリストをメディアマーカー(書籍管理webサービス)で作りたい時等に役に立ってくれます!
YouTubeによるデモ動画はこちらからご覧ください

読む!
価格:無料
開発:ao


起動と共にバーコードリーダーカメラが立ち上がります。
0-291-1

今回調べるのは、この本にしてみようと思います!
この時点でこの本のタイトルが分かる方は流石にいらっしゃいませんよね?
0-291-2

それではスキャンしてみます。
中心の赤い線をバーコードの幅に合わせるだけです!
本には2つのバーコードが用意されている場合がありますが、大体は上のバーコードが当たりです。笑。
0-291-3

書籍ヒット~!
0-291-4

画面が自動で切り替わります。
まずは、Amazonで何の本か見てみましょう!
0-291-6

ブラウザが起動して、Amazonのページが開きました!
この本、面白いのでオススメです!
0-291-7

評価も見てみます。
軒並み高い評価のようです☆
0-291-8

アプリに画面を戻して中央のTwitterを押すと、同じくブラウザが起動して、この本に関してツイートできるようになります!
0-291-12

自動で先ほどのAmazonのページのリンクを貼り付けてくれるので、つぶやきが簡単です!
0-291-14

このTwitterのつぶやき欄に表示されるヘッダーとフッターは、設定画面から変更することが出来ます!
0-291-9

以上の機能に加え、メディアマーカーを愛用されている方は、本の登録を行うことが出来るので本棚の整理にも一役買ってくれるアプリです!
是非、お試しください!




読む!
価格:無料
開発:ao





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名読む!
対応OS
バージョン1.7
提供元ao
レビュー日2010/01/24
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者