Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2010/01/28 ツール

【20100822追記】このアプリはAndroidマーケットから削除されたようです。

こんにちは、タマイ・ラマです!今回はキーボードのレビューです!

「ShapeWriter Keyboard」はAndroid上で動作するジェスチャーキーボードです。
これは、画面上の指の動きから単語を判定する特殊な方法で、慣れると本当に早く文字が入力できます。

動画で見ると結構わかりやすいのでYoutubeのデモへリンクを貼っておきます。(何だかちょっとカッコイイですよ)
ジェスチャーキー入力の速さが分かる、TechCrunchのswypeの記事はこちらです。(別のアプリです)

iPhoneなどではジェスチャー入力のアプリが公開されていたのですが、Androidでは「これ!」というのが無いと思っていました。
しかし、先日見つけたので早速レビューしたいと思います!



今回はノートアプリ「Note Me」に入力を行っています。(Note Meの紹介記事

キーボードの見た目はこんな感じです。
普通のキーボードと同じように一文字ずつタイプすることもできます。
1-69-2

ジェスチャー入力で”Hello”と入力します。
指を画面に触れたまま、H>e>l>oの順にキーをなぞっていきます。
同じ文字が二回続く場合も一回なぞるだけでOKです。
1-69-3

認識されました!
1-69-4

同様にやっていきます。
1-69-6

記号を入力する時は、文字を長押しします。(記号は右上に表示されています)
1-69-8

Hello world!
1-69-16

以下の文章にかかった時間は30秒ぐらいです。
この数字が早いか遅いかはともかく、従来の入力法と比べたらずいぶん早くできました!
1-69-12

便利機能をいくつかピックアップ。

他の単語候補

下の画像ではAndroidと入力しようとしたのですがAnixousになってしまいました・・・
しかし、キー上部に表示された候補から「Android」を選択すればOKです!
1-69-13

単語学習

入力形式の特性から登録されていない単語は殆ど検出されません。
しかし一文字ずつ単語を入力し、「Add」を選択すれば単語を追加できます。
1-69-18

コマンド

コピー&ペースト等の機能はスペースの横にある「ShapeWriterキー」から入力を初め「cut」、「paste」と入力することで行えます。
これに慣れると大変便利です!
「ShapeWriterキー」>”game” からは入力に慣れるためのゲームも遊べます。

1-69-19

大文字/小文字切り替え

リターンキーの上のボタンから、
「単語の先頭の文字を大文字に」>「単語全て大文字に」>「単語すべて小文字に」
の順で切り替えが可能です。

テンキー

数字入力はアルファベットの長押しでもできるのですが、テンキー配置も用意されています。
1-69-17

以上、まとめるとこんな感じでしょうか。

利点

  • とにかく早く入力できる
  • スペルミスが減る
  • コピペなどの各種コマンドが便利

欠点

  • 現状では英語のみ(次のバージョンで他言語に対応予定)
  • キーボードの配置を覚えていないと入力し辛い
  • 人を選ぶ(?)

ちなみに私はメチャクチャ気に入っています!
英語でメール/チャットをする時はこちらのキーボードがメインになりそうです!

尚、先述のswypeももうすぐマーケットに登場する模様です!
ジェスチャーキーボードがタッチパネルのスタンダードになる時代が来るかもしれませんね!

おまけ

長い単語として知られる「Antidisestablishmentarianism」を入力してみようと試した結果です。
単語は登録しておいたんですが、やはりというかなんというか長すぎて認識できませんでした・・・。
1-69-15





QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 ShapeWriter Keyboard
価格 無料
バージョン ShapeWriter 2.1.0
デベロッパー名 https://www.shapewriter.com/
レビュー日 2010/01/28


関連記事




タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る