Go To Url + Search : ページロード時間を短縮!検索対象の作成も出来る!Androidアプリ562

 

こんにちは。タマイ・リャマです。

何かAndroidで検索したい項目があったとき、ブラウザを開きデフォルトページがロードされるまで待って、検索。
Google Imageに移動、ロードされるのを待って、検索。
・・・。

この間の待ち時間、パソコンでは大して気になりませんがAndroidでは結構気になります。
回線が遅い環境だったら尚更です。

今回紹介する「Go To Url + Search」は、そんなフラストレーションを解消してくれるアプリです!
アプリを起動して出てくるフォームにキーワードやURLを入力するだけで、すぐに検索が行えます!

アプリの特徴
  • ブラウザのページロードを待たずに検索が可能
  • 検索対象は各種サービスに対応
  • 自分で検索対象を作成することが可能
Go To Url + Search
価格:無料
開発:Nick Karstedt


アプリを起動する画面がポップアップで表示されます。
フォームに検索したいキーワード/URLを入力、Goを押せば検索結果/ホームページが表示されます。

さて、この操作だけならばクイック検索でも同様の事ができるのですが、本アプリでは検索対象を指定して検索を行う事ができます!
Google Image、WikipediaなどのWebサービスをすぐに検索することができます!

Google Maps、Android Marketなどは、Android用アプリで検索結果を開きます。

menuボタンからOptionの設定が行えます。
自分で検索サービスを作成したり、項目の表示順を変更することができます。

Googleの各種サービスはデフォルトでは英語の結果が表示されますが、これは「hl=en」と書かれている部分を「hl=ja」に置き換える事で日本語に変更可能です。

オクトバ用の検索を作ることも簡単です!

検索したい内容が決まっているのに、ページロードを待つのはちょっとテンポが悪いですよね。
本アプリを使えば快適に検索を行えます!

以前似たような機能を持つアプリとして、クイック検索を拡張する「Searchify」を紹介しましたが、本アプリはGUIでの操作に向いていると思います。ランチャー系のアプリとも相性が良さそうです!




Go To Url + Search
価格:無料
開発:Nick Karstedt





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Go To Url + Search
対応OS
バージョン2.8.3
提供元Nick Karstedt
レビュー日2010/04/20
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者