Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

ビジネス

こんにちは、コリーです。
やっぱりカツにはキャベツが必須だと思うのですよ!
今日のお昼の色彩の残念具合に絶望した!

今日のアプリは「MolPad」。
皆さん、構造式ってご存知ですか?おそらく中高の化学の時間に習った方が多いかと思います。
物質の分子構造を表す化学式の一種で、化学の中では非常に重要な存在です。

本アプリは、その構造式を描くための「構造式エディタ」の一種です。
これが結構書きやすい!構造式を書くには多くの線を引くので、タッチパネルのメリットが生きています!
書きやすさのための細かい点も良く作り込まれていて、必要な方は少ないかもしれませんが良作アプリです!

アプリの特徴

  • タッチパネルのメリットを活かした「構造式エディタ」
  • 化学式、分子量等も確認可能

MolPad
価格:無料

起動すると真っ白いキャンパスが現れます。ここに構造式を書いていきます。
取り敢えず線を一本引いてみました。
引いた線の端から続きの線を書くことが出来ます。
線の端を長押しで位置の移動も行えます。

引いた線の真ん中を長押ししてからドラッグで環を書いたり……

既存の線を軽くタップして線の種類を変えたり!
ベンゼン環がさくっと書けました!

線の端をタップすると、そこに原子を指定することも出来ます。
「…」をタップすると、周期表から原子を選択できます。

また、細かい点も非常に良く作られています。例えばこちらの「NH」。
ここから一本、線を引くと……

「NH」から「N」にしっかりと自動で補正してくれます!
という事で、アプリのダウンロードページのサンプル画像と同じ物を書いてみました。これを書くのに1分かかっていません。
因みに、「戻る」ボタンでUndoも実装されています!

メニューからは「Clear」(消去)や「Send」(メール添付)等が行えます。
書いた構造式はメールして、PCからレポート等に活用しましょう!

「Property」からは化学式や分子量もしっかり確認できます。

いかがでしたか?

化学に携わる方や勉強中の方は構造式をノートに書くことは多いと思いますが、困るのがPCで書くとき。
そんなときに役立つのがこの構造式エディタ!
おすすめするのは「いつでも構造式が書ける!」という残念な理由じゃございませんよw

構造式をアスキーアートで表現するのは非常に骨が折れます!
線を一本一本引いて調節していくのは、構造が複雑な場合、非常に面倒!
タッチパネルを使ってキレイに構造式が書ける本アプリは、下手したらPC用の構造式エディタより使いやすいと思います!





MolPad
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 MolPad
価格 無料
バージョン 1.0.3
デベロッパー名 ynformatics
レビュー日 2010/06/08


関連記事




タグ:

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る