Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2010/08/20 ツール

こんにちは、最近体調が優れないグレーリーです。

Androidと言えばマルチタスクですよね!
複数のアプリを同時に起動させておいて好きな時に切り替える、とっても便利なマルチタスク機能ですが、複数のアプリを同時に起動しておくということは、少なからずCPUに負荷がかかります。
そこで、今回ご紹介するのは「Watchdog Task Manager Lite」というCPU監視アプリです!

アプリの特徴

  • アプリのCPU使用率をチェック
  • CPU使用率に応じて警告
  • 警告するアプリとしないアプリを分別可

Watchdog Task Manager Lite
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


「Watchdog Task Manager Lite」を起動すると、ステータスバーに凛々しい犬のアイコンが表示されます。
左上のブルドック(?)の様なシルエットのアイコンです。

それではアプリの中身を見ていきましょう。
「Stats」タブには、現在使用しているCPUの割合やメモリー使用量が表示されます。

「Alerts」タブは、設定した基準以上に1つのアプリ(システム)がCPUを使用している際に表示されます。
今回はアプリが単体で20%以上CPUを使用したら警告するようにしていたので、下記の画像のように警告されました。

警告はホーム画面上のステータスバーにも表示されます。
必要とあらば、この警告をバイブで知らせるように設定する事も可能です!

警告されたアプリに対しては、どのように処理するのか選択できます。
「Ignore」ならそのまま、「Kill」なら警告されたアプリを終了できます。
ここで「WhiteList」を選択すると、そのアプリが今後一定以上CPUを使用しても警告の対象から除外することが出来ます。
何て賢い番犬なんだろう!

「CPU」タブでは、どのアプリがCPUをどの程度使用しているのかを表示してくれます。

「menu>Preference」から各種設定を変更する事ができます。
「CPU threshold」では、1つのアプリがどれくらいCPUを使用したら警告を鳴らすかの基準を決める事ができます。

「CPU polling interval」では、データの更新頻度を設定できます。

その他、「Notification options」ではバイブの設定や警告音の設定、警告を非表示にすることも可能です。

なかなか頼りになる番犬だと思います。
常時、複数のアプリを起動している方は是非使ってみてください。





Watchdog Task Manager Lite
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Watchdog Task Manager Lite
価格 無料
バージョン 3.4.3
デベロッパー名 Zomut
レビュー日 2010/08/08


関連記事




タグ: , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る