「Android Market」のアプリが10万本に、47日で2万本の増加

 

Googleは10月25日、Android OS上で動くアプリケーション配信サービス「Android Market」に登録されているアプリケーションが10万本に達したと発表した。GoogleのAndroidチームが運用する公式Twitter( @AndroidDev )を通じて明らかにした。8万本に達した2010年9月8日から、わずか47日で2万本増加したことになる。


Android アプリケーションは、Google以外の他者も容易に販売・配布可能であるため、実際にはさらに多くのアプリケーションが流通していると考えられる。また、AmazonがAndroidアプリケーションの販売を計画しているという噂もあり、今後も本数は増え続けることが予想される。

Android Marketは2008年10月22日に開始したため、約2年で10万本のアプリケーションが登録されたことになる。







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者