ソフトバンク、2010年冬の新スマートフォン6機種発表、全機種Android 2.2搭載

 

ソフトバンクモバイル株式会社は11月4日、2010年冬-2011年春商戦向けラインアップとして、Android 2.2搭載のスマートフォン6機種を発表した。また、今回は存在のみの発表にとどまったが、DisneyブランドのAndroid端末も発売予定であることが明らかにされた。この端末の詳細が正式発表されれば合計7機種になる予定で、ドコモが11月8日に発表するスマートフォン7機種と同数のスマートフォンを冬から春に向けて提供することになる。

以下、各端末について簡単に説明する。


GALAPAGOS 003SH
シャープ製端末。裸眼3D、ワンセグ、おサイフケータイに対応。2010年12月上旬以降発売予定。

数量限定の「Limited Color」10色も用意。

GALAPAGOS 005SH
003SHと同等の機能に、フルキーボードを搭載した端末。2011年2月中旬以降発売予定。

HTC Desire HD 001HT
HTC Desireの後継機。4.3インチの大型ディスプレー。2010年11月12日発売。

DELL Streak 001DL
大画面5インチのDELL製モバイルタブレット。2010年12月上旬以降発売予定。

004 HW
薄さ11.2mm、コンパクトサイズの端末。Huawei製で10ヶ国語での表示に対応。2011年3月下旬以降発売予定。

Libero 003Z
重さ110gのソフトバンク社最軽量端末。ZTE製。2010年12月中旬以降発売予定。

ディズニーモバイル製端末
下の画像、赤い枠で囲んだ一番右の部分がディズニーモバイル社製の端末。今回、全貌は明らかにされなかった。

報道資料:2010年冬—2011年春商戦向け新機種について







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者